SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
MotoGP レースレポート
2022年5月15日
MotoGP 第7戦 フランスGP 決勝
フランス ル・マン/ブガッティサーキット
チームスズキエクスター、フランスGP決勝はダブルリタイヤで終える。
2022 MotoGP
ROUND12 08.07 イギリスGP
ROUND13 08.21 オーストリアGP
ROUND14 09.04 サンマリノGP
ROUND15 09.18 アラゴンGP
ROUND16 09.25 日本GP
ROUND17 10.02 タイGP
ROUND18 10.16 オーストラリアGP
ROUND19 10.23 マレーシアGP
ROUND20 11.06 バレンシアGP
鈴鹿8耐 応援チケット発売のご案内
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
週末を通して強い走りを見せ、アレックス・リンス、ジョアン・ミル共に大きな期待をもって臨んだフランスGPの決勝だったが、共にトップグループで華麗なバトルを披露したものの、リンスは3周目2コーナーの高速コーナーでグラベルに飛び出しコース上に戻ったところで転倒。リンスの転倒後、1台きりとなったGSX-RRをトップグループで走らせ続けたミルもまた14周目の13コ―ナーで痛恨の転倒を喫し、2台揃ってリタイヤとなった。

フランスの伝統的サーキットであるル・マンには、決勝日の日曜日に11万人の観客が集結し、MotoGPスタート前は多くの観客達がフランス国旗を掲げながら国歌「ラ・マルセイエーズ」を斉唱、サーキットは独特の雰囲気に包まれた。

前日の予選で7番手、8番手グリッドを獲得していたミルとリンスだが、ヨハン・ザルコ選手(ドゥカティ)のペナルティーによるグリッド降格により、それぞれ1ポジショングリッドが昇格し、2列目6番手、3列目7番手からのスタートとなった。

チ―ムスズキエクスターのふたりは揃って好スタートを決め、共にトップ5につける。リンスは序盤にアグレッシブな走りでさらに前をオーバーテイクして3番手まですぐにポジションを上げるがその後転倒を喫し、一度はコースに復帰したもののピットインしレースから離脱した。リンスの転倒後、6人で形成されたトップグループでバトルを続けるミルは、徐々にペースを上げ表彰台争いにチャージを賭けるも14周目に転倒。再スタートを切ることができずリンス同様リタイヤとなった。

ライダーに怪我はなく、チームとライダーは2週間後、次戦ムジェロサーキット(イタリア)に向かう。

リビオ・スッポ チームマネージャー
「今週末をまさかこんな最悪な形で終わるとは誰も想像していませんでしたが、少なくともふたりのライダーは強さとポテンシャルを見せてくれましたし、ミスを犯した代償は大きかったとは言え、後方でバトルしていたわけではなく表彰台争いができるところで勝負していたので我々としてはポジティブに捉えています。この週末、金曜のスタートからウィークを通してずっと強いパフォーマンスを維持することができたことは、ふたりのライダーと全てのチームスタッフが本当に集中して全力を発揮してくれたお陰だと思っており、素晴らしい仕事をしてくれたチームに心から感謝しています。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「今週我々は表彰台を戦うだけの十分なポテンシャルがありながら、ふたりのライダーが揃って転倒・リタイヤという残念な結果となってしまいました。ただ、この数年我々はここル・マンでは非常に苦戦していたのですが、今週は強い戦いができたので、そこは唯一前向きな要素であったと思っています。次戦ムジェロは我々にとって相性の良いサーキットなので、気持ちを切り替えて再び表彰台争い、優勝を目指して頑張っていきたいと思います。」

ジョアン・ミル
「こんな結果で週末を終えることになってしまって本当に残念な思いだよ。今日はスタートもうまくいってトップグループで走ることができたから、タイヤを温存するためにできるだけスムーズに走るように心掛けていたんだ。それでもフロントは限界ギリギリだった感じがあって、前のライダーを追いかけている時にマシンをうまく止めることができず、フロントから切れ込んで転倒してしまった。今のMotoGPクラスではよくあることで完全に自分のミスだし、今後もっとタイヤの使い方を学ぶ必要があると感じているよ。ただ、いつも苦戦するル・マンでトップグループを走るレースができたことはとてもポジティブなことだったし、今後へのさらなる自信に繋がったよ。」

アレックス・リンス
「転倒はしてしまったけど怪我はなかったし、他のライダーを転倒に巻き込んでしまうリスクの高いコーナーだったから、皆がうまく回避してくれて誰かを怪我させることがなくて本当によかったと思っている。今日はスタートで一気に前に出ることができ、かなり良い感じで走れていたんだけど、ペッコ(バニャイア)の後ろについたらスリップストリームが効きすぎたのか思った以上にスピードが乗ってしまいグラベルに飛び出してしまったんだ。グラベルの上を走っている間はとにかく転倒しないようにマシンを真っ直ぐに立てて走ったんだけど、コースに戻った瞬間反動でマシンがちょっと傾いてしまい、そのまま転倒してしまった。この週末調子が良かっただけに結果に繋げることができなかったことが悔やまれるけど、自分とマシンのポテンシャルを証明することはできたと思っているし、これから先のレースがますます楽しみになったよ。」

MotoGP 第7戦 フランスGP 決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム/トップ差
123E・バスティアニーニGresini Racing MotoGPDUCATI41'34.613
243J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+2.718
341A・エスパルガロAprilia RacingAPRILIA+4.182
420F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+4.288
55J・ザルコPramac RacingDUCATI+11.139
693M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+15.155
730中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+16.680
833B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+18.459
910L・マリーニMooney VR46 Racing TeamDUCATI+20.541
1012M・ビニャーレスAprilia RacingAPRILIA+21.486
1144P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+22.707
1272M・ベツェッキMooney VR46 Racing TeamDUCATI+23.408
1349F・ディ・ジャンアントニオGresini Racing MotoGPDUCATI+26.432
1473A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+28.710
1521F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+29.433
164A・ドビツィオーゾWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+38.149
1740D・ビンダーWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+59.748
DNF88M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM3 laps
DNF63F・バニャイアDucati Lenovo TeamDUCATI7 laps
DNF89J・マルティンPramac RacingDUCATI11 laps
DNF36ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI14 laps
DNF25R・フェルナンデェスTech 3 KTM Factory RacingKTM21 laps
DNF42アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI22 laps
DNF87R・ガードナーTech 3 KTM Factory RacingKTM24 laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第7戦 フランスGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA102
241A・エスパルガロAPRILIA98
323E・バスティアニーニDUCATI94
442アレックス・リンスSUZUKI69
543J・ミラーDUCATI62
65J・ザルコDUCATI62
763F・バニャイアDUCATI56
833B・ビンダーKTM56
936ジョアン・ミルSUZUKI56
1093M・マルケスHONDA54
1188M・オリベイラKTM43
1244P・エスパルガロHONDA40
1312M・ビニャーレスAPRILIA33
1430中上 貴晶HONDA30
1535J・マルティンDUCATI28
1610L・マリーニDUCATI21
1721F・モルビデリYAMAHA19
1872M・ベツェッキDUCATI19
1973A・マルケスHONDA18
204A・ドビツィオーゾYAMAHA8
2140D・ビンダーYAMAHA6
2249F・ディ・ジャンアントニオDUCATI3
2387R・ガードナーKTM3
2425R・フェルナンデェスKTM0
256S・ブラドルHONDA0
2632L・サバドーリAPRILIA0
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第7戦 フランスGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI156
2YAMAHA102
3APRILIA99
4KTM84
5SUZUKI80
6HONDA67
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第7戦 フランスGP 終了時)
順位チームポイント
1Aprilia Racing131
2Team SUZUKI ECSTAR125
3Monster Energy Yamaha MotoGP121
4Ducati Lenovo Team118
5Red Bull KTM Factory Racing99
6Gresini Racing MotoGP97
7Repsol Honda Team94
8Pramac Racing90
9LCR Honda48
10Mooney VR46 Racing Team40
11WithU Yamaha RNF MotoGP Team14
12Tech 3 KTM Factory Racing3