SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
MotoGP レースレポート
2022年6月5日
MotoGP 第9戦 カタルニアGP 決勝
スペイン バルセロナ・カタルニアサーキット
カタルニアGP決勝でミルが健闘の4位、リンスはアクシデントに巻き込まれ転倒・リタイヤ。
2022 MotoGP
ROUND12 08.07 イギリスGP
ROUND13 08.21 オーストリアGP
ROUND14 09.04 サンマリノGP
ROUND15 09.18 アラゴンGP
ROUND16 09.25 日本GP
ROUND17 10.02 タイGP
ROUND18 10.16 オーストラリアGP
ROUND19 10.23 マレーシアGP
ROUND20 11.06 バレンシアGP
鈴鹿8耐 応援チケット発売のご案内
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
カタルニアGP決勝はミルがオーバーテイクを重ねて最後まで粘りの走りで4位を獲得するも、好調なスタートを切ったリンスは1コーナーで他車の転倒に巻き込まれて転倒・リタイヤとなり、チームスズキエクスターの週末は明暗が分かれることになった。

決勝日を迎えたカタルニアサーキットは気温が上昇し、路面温度が55度を超える厳しいコンディションの中で24周の決勝がスタートした。アレックス・リンスはホームGPとなるサーキットで多くのファンの歓声に応えるかのごとく、7番手グリッドから勢いよくスタートを切る。しかし1コーナーに進入しようというところで中上 貴晶(ホンダ)が転倒する。中上のマシンがフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)とリンスのマシンにぶつかり、3台がグラベルに放り出される。中上のアウト側を走行していたリンスはなす術がなく、高く宙を舞った後にグラベルに叩きつけられマシンは大きく破損、そのままリタイヤを強いられた。転倒後すぐに左手首に痛みを訴えたリンスはバルセロナ市内の病院で検査を受けており、結果が判明次第に診断の詳細報告が予定されている。

一方、後方17番手グリッドからのスタートとなったジョアン・ミルはリンス同様に好スタートを決め、2周目には11台をオーバーテイクして6番手に大きくポジションを上げる。その後、黄旗無視のペナルティーを課せられ、ひとつポジションを下げるが、すぐにまたチャージをかけ5番手へとさらにポジションアップする。ミルはその後も終始安定したペースで周回を重ね、前後に距離を置きながらポジションを維持。最終ラップでさらにひとつポジションを上げ、ここまでのシーズンベストリザルトであるアルゼンチンGP、アメリカズGPに並ぶ4位を獲得した。

リビオ・スッポ チームマネージャー
「ジョアンは今日素晴らしい仕事をしてくれました。レースペースが安定して速かったので、予選順位がもっと上位であったならば表彰台獲得も可能だったと思います。アレックスに関しては残念すぎて言葉もありません。今週記録してきたタイムやリズムを考えれば、彼が決勝で表彰台争いに絡むことは当然だと思っていましたし、スタートも完璧だったのであんなに早くレースを終えてしまうことになったことが本当に悔やまれます。レースなので誰にも運、不運はありますが、この悔しさを糧にさらに強くなってサーキットに戻ってきてくれると信じています。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「アレックスに関しては非常に残念なレースであったとしか言いようがありません。彼がアクシデントに巻き込まれることなく、最後までレースを完走していたら確実に表彰台争いができたと思うので本当に無念な思いです。しかし今週はウィークを通して彼のパフォーマンスは悪くなかったので、そこをポジティブに捉え、次戦ではさらに高いパフォーマンスを出せるよう、努力していきたいと思います。一方のジョアンですが、予選順位を考えれば今日は素晴らしい仕事をしてくれたと言うべきでしょう。しかし、まだまだ彼のパフォーマンスを100%引き出せているとは思っていませんので、しっかりデータを解析して次戦に挑みたいと思っています。今日は久しぶりにポイントを獲得できたのでこれをポジティブに捉え、引き続き全力で頑張っていきたいと思います。」

ジョアン・ミル
「レース序盤はフィーリングも良くて順調に走れたと思う。メインストレートで前のライダーのスリップストリームに入ってオーバーテイクしたから、スタート直後のアクシデントで出された黄旗が目に入らず、1ポジションダウンのペナルティーを受けてしまったけどね。周回を重ねるにつれてちょっと苦戦し始めたけど、それでも最後まで冷静にマネージメントすることができた。この数戦、自分のミスもあってレースを完走できていなかったから、今日はとにかく最後まで走り切ってポイントを獲得することが、自分にとってとても大事なことだったんだ。だから今日の結果には満足しているし、このポジティブな状態で明日のテストに臨めることが嬉しいよ。」

アレックス・リンス
「まずは中上が大きな怪我をしていないことを願っている。一緒にメディカルセンターに運ばれたけど彼の状況は分からず、後から転倒の映像を見たらかなり酷い転倒の仕方だったから心配だよ。ライダー達が怪我する姿を見るのは痛々しくて本当に嫌だし、それが同じカテゴリーの仲間だったらさらに気になるのは当然のことさ。とはいえ彼の転倒に巻き込まれて自分も転倒し、大きなチャンスを逃してしまったことは本当に残念で受け入れ難いのも事実だよ。今週はパフォーマンスも良かったし、レースペースが安定して速かったから決勝にはかなり自信があったからね。いずれにしても終わったことだから何を言っても仕方ないし、今は自分の怪我に対する医師の診断を待つしかない。」

MotoGP 第9戦 カタルニアGP 決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム/トップ差
120F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA40'29.360
289J・マルティンPrima Pramac RacingDUCATI+6.473
35J・ザルコPrima Pramac RacingDUCATI+8.385
436ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+11.481
541A・エスパルガロAprilia RacingAPRILIA+14.395
610L・マリーニMooney VR46 Racing TeamDUCATI+15.430
712M・ビニャーレスAprilia RacingAPRILIA+15.975
833B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+21.436
988M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+26.800
1073A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+30.460
1187R・ガードナーTech 3 KTM Factory RacingKTM+32.443
1240D・ビンダーWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+32.881
1321F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+33.168
1443J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+34.693
1525R・フェルナンデェスTech 3 KTM Factory RacingKTM+37.844
1651M・ピロAruba.it RacingDUCATI+44.533
1744P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+46.199
DNF4A・ドビツィオーゾWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA7 laps
DNF49F・ディ・ジャンアントニオGresini Racing MotoGPDUCATI16 laps
DNF23E・バスティアニーニGresini Racing MotoGPDUCATI17 laps
DNF72M・ベツェッキMooney VR46 Racing TeamDUCATI19 laps
DNF63F・バニャイアDucati Lenovo TeamDUCATI23 laps
DNF42アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0 Lap
DNF30中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA0 Lap
DNF6S・ブラドルRepsol Honda TeamHONDA0 Lap
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第9戦 カタルニアGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA147
241A・エスパルガロAPRILIA125
323E・バスティアニーニDUCATI94
45J・ザルコDUCATI91
563F・バニャイアDUCATI81
633B・ビンダーKTM73
742アレックス・リンスSUZUKI69
836ジョアン・ミルSUZUKI69
943J・ミラーDUCATI65
1093M・マルケスHONDA60
1188M・オリベイラKTM57
1235J・マルティンDUCATI51
1312M・ビニャーレスAPRILIA46
1410L・マリーニDUCATI41
1544P・エスパルガロHONDA40
1630中上 貴晶HONDA38
1772M・ベツェッキDUCATI30
1873A・マルケスHONDA26
1921F・モルビデリYAMAHA22
2040D・ビンダーYAMAHA10
2149F・ディ・ジャンアントニオDUCATI8
224A・ドビツィオーゾYAMAHA8
2387R・ガードナーKTM8
2425R・フェルナンデェスKTM1
2551M・ピロDUCATI0
266S・ブラドルHONDA0
2732L・サバドーリAPRILIA0
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第9戦 カタルニアGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI201
2YAMAHA147
3APRILIA126
4KTM101
5SUZUKI93
6HONDA81
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第9戦 カタルニアGP 終了時)
順位チームポイント
1Aprilia Racing171
2Monster Energy Yamaha MotoGP169
3Ducati Lenovo Team146
4Prima Pramac Racing142
5Team SUZUKI ECSTAR138
6Red Bull KTM Factory Racing130
7Gresini Racing MotoGP102
8Repsol Honda Team100
9Mooney VR46 Racing Team71
10LCR Honda64
11WithU Yamaha RNF MotoGP Team18
12Tech 3 KTM Factory Racing9