SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
MotoGP レースレポート
2022年4月24日
MotoGP 第5戦 ポルトガルGP 決勝
ポルトガル アルガルヴェ・インターナショナル・サーキット
ポルトガルGPはリンスが驚異の追い上げで最後列から4位に、ミルは転倒リタイヤ。
2022 MotoGP
ROUND12 08.07 イギリスGP
ROUND13 08.21 オーストリアGP
ROUND14 09.04 サンマリノGP
ROUND15 09.18 アラゴンGP
ROUND16 09.25 日本GP
ROUND17 10.02 タイGP
ROUND18 10.16 オーストラリアGP
ROUND19 10.23 マレーシアGP
ROUND20 11.06 バレンシアGP
鈴鹿8耐 応援チケット発売のご案内
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
ポルトガルGP決勝はアレックス・リンスが23番手グリッドから驚異の追い上げで4位を獲得して歓喜を起こすも、一方のジョアン・ミルは表彰台争いをしながら残り7周で他車の転倒に巻き込まれて転倒・リタイヤとなり、チームスズキエクスターにとっては明と暗を分ける結果となった。

25周で行われた決勝は上空に暗い雲が立ち込める中でスタート。今季初のフロントロースタートとなったミルは2番手グリッドから好スタートを切りホールショットを決める。最後列23番手グリッドからスタートしたチームメイトのリンスも同様に好スタートを決め1周目に次々に前のマシンをオーバーテイクして11番手へと一気にポジションを上げる。4周目、トップを走行していたミルをファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)がオーバーテイクし、トップと2番手が入れ替わる。ミルがクアルタラロを追い掛ける形となってレースが進んでいくが、マシンのフィーリングに苦戦するミルは徐々にクアルタラロとの距離を広げていく。

ミルはその後もペースアップに苦しみ、後方から追い上げてきたジャック・ミラー(ドゥカティ)とのバトルとなり、一方のリンスは後方から徐々にトップグループに近付き、残り8周目にクリーンなオーバーテイクで6番手にポジションを上げる。しかしその翌周、1コーナーへのブレーキングでミラーがミスを犯し転倒。ミラーとのバトルをしていたミルはミラーの転倒に巻き込まれる形となり2台一緒にグラベルに放り出される。ふたりのライダーに怪我はなかったものの、2台はその場でリタイヤとなった。この転倒により4番手に浮上したリンスは3番手を走行するアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)を追い2位争いに挑むが、終盤は思うようにペースを上げることができずそのまま4位でチェッカーを受けた。

リンスはチャンピオンシップランキング2位を維持。現在69ポイントでトップのクアルタラロと同ポイントに並び、チームチャンピオンシップランキングでもトップをキープしたまま来週末のスペインGPに挑む。

リビオ・スッポ チームマネージャー
「昨日と同様に今日も嬉しい気持ちと残念な気持ちが入り混じり複雑な心境です。ジョアンの転倒はレースアクシデントなので仕方なかったとは言え、表彰台争いをしていただけに本当に悔やまれます。アレックスの4位はジョアンとジャック・ミラーのトップグループの転倒によるところもありましたが、いずれにしても今日の彼のパフォーマンスは本当に素晴らしいものでしたし、強いレースを見せてくれたライダーを心から誇りに思います。悔しさも残るとは言え、ふたりのライダーの決勝でのパフォーマンスは今後への期待に大いに繋がりましたし、来週末のヘレスがさらに楽しみになりました。この週末は天候に翻弄されたので、ヘレスではウィークを通して良い天候に恵まれることを願っています。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「ふたりのライダーで表彰台争いを行うことはできましたが、結果は思っていたものとは違いました。ジョアンは今日優勝争いができると思っていたのですが決勝のペースはそこまで良いものではなく、最終的にはレースアクシデントによりリタイヤとなってしまい残念ではありますが、これもレースなので仕方ないことです。アレックスは昨日までは苦戦していたのですが、今日は素晴らしいリカバリーを見せてくれました。表彰台には届きませんでしたが、4位でフィニッシュできたことはシーズン全体を考えると非常にポジティブだったと思います。全体的に思ったようにはいかなかったポルトガルGPでしたが、またすぐに来週のスペインGPが待っているので、気持ちを切り替えてさらに上を目指していきたいと思います。」

アレックス・リンス
「最後列からスタートして決勝を4位で終えることができたことには満足しているよ。チャンピオンシップを考えると今日のポイントは本当に貴重なものだと思うし、ランキングでもトップのファビオ・クアルタラロと同ポイントで2位をキープできたからね。今日はとにかく自分のポテンシャルを出し切って走ることだけを考えていたし、そしたらきっと上位で終えることができる自信があったんだ。予選で最後列になってしまった昨日はかなり気分が沈んだけど、今日はすっかり気持ちが晴れて次戦のヘレスが待ちきれない気分さ。」

ジョアン・ミル
「スタートがうまく決まってホールショットを獲ることはできたけど、マシンのフィーリングが思ったものとは違っていて攻めの走りができず、とにかくポジションをできるだけキープできるようにどちらかと言えば守りの走りしかできなかった。ジャック・ミラーとのアクシデントは本当に残念としか言いようがないけどミスは誰にでもあることだし、自分自身も同じようなミスをしたことがあるからジャックを責める気持ちは一切ないよ。この週末調子が良かったから1ポイントも獲得できなかったことは本当に残念だけど、気持ちを切り替えて次のヘレスに臨むよ。」

MotoGP 第5戦 ポルトガルGP 決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム/トップ差
120F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA41'39.611
25J・ザルコPramac RacingDUCATI+5.409
341A・エスパルガロAprilia RacingAPRILIA+6.068
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+9.633
588M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+13.573
693M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+16.163
773A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+16.183
863F・バニャイアDucati Lenovo TeamDUCATI+16.511
944P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+16.769
1012M・ビニャーレスAprilia RacingAPRILIA+18.063
114A・ドビツィオーゾWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+29.029
1210L・マリーニMooney VR46 Racing TeamDUCATI+29.249
1321F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+33.354
1487R・ガードナーTech 3 KTM Factory RacingKTM+40.205
1572M・ベツェッキMooney VR46 Racing TeamDUCATI+46.052
1630中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+49.569
1740D・ビンダーWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+50.303
DNF32L・サバドーリAprilia RacingAPRILIA1 lap
DNF49F・ディ・ジャンアントニオGresini Racing MotoGPDUCATI4 laps
DNF36ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI7 laps
DNF43J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI7 laps
DNF33B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM8 laps
DNF23E・バスティアニーニGresini Racing MotoGPDUCATI16 laps
DNF89J・マルティンPramac RacingDUCATI21 laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第5戦 ポルトガルGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA69
242アレックス・リンスSUZUKI69
341A・エスパルガロAPRILIA66
423E・バスティアニーニDUCATI61
55J・ザルコDUCATI51
636ジョアン・ミルSUZUKI46
733B・ビンダーKTM42
888M・オリベイラKTM39
943J・ミラーDUCATI31
1063F・バニャイアDUCATI31
1193M・マルケスHONDA31
1244P・エスパルガロHONDA30
1335J・マルティンDUCATI28
1412M・ビニャーレスAPRILIA25
1521F・モルビデリYAMAHA17
1610L・マリーニDUCATI14
1773A・マルケスHONDA13
1830中上 貴晶HONDA12
1972M・ベツェッキDUCATI8
204A・ドビツィオーゾYAMAHA8
2140D・ビンダーYAMAHA6
2287R・ガードナーKTM3
2325R・フェルナンデェスKTM0
2449F・ディ・ジャンアントニオDUCATI0
2532L・サバドーリAPRILIA0
266S・ブラドルHONDA0
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第5戦 ポルトガルGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI106
2KTM70
3SUZUKI70
4YAMAHA69
5APRILIA67
6HONDA44
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第5戦 ポルトガルGP 終了時)
順位チームポイント
1Team SUZUKI ECSTAR115
2Aprilia Racing91
3Monster Energy Yamaha MotoGP86
4Red Bull KTM Factory Racing81
5Pramac Racing79
6Ducati Lenovo Team62
7Gresini Racing MotoGP61
8Repsol Honda Team61
9LCR Honda25
10Mooney VR46 Racing Team22
11WithU Yamaha RNF MotoGP Team14
12Tech 3 KTM Factory Racing3