SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
MotoGP レースレポート
2022年6月19日
MotoGP 第10戦 ドイツGP 決勝
ドイツ ザクセンリンク
ドイツGP決勝はミルが転倒・リタイヤ、リンスは決勝欠場でチームスズキエクスターはポイント獲得ならず。
2022 MotoGP
ROUND12 08.07 イギリスGP
ROUND13 08.21 オーストリアGP
ROUND14 09.04 サンマリノGP
ROUND15 09.18 アラゴンGP
ROUND16 09.25 日本GP
ROUND17 10.02 タイGP
ROUND18 10.16 オーストラリアGP
ROUND19 10.23 マレーシアGP
ROUND20 11.06 バレンシアGP
鈴鹿8耐 応援チケット発売のご案内
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
気温35℃、路面温度は50℃を超え灼熱の暑さにより厳しいコンディションとなったドイツGP決勝はアレックス・リンスの決勝欠場によりチームスズキエクスターはジョアン・ミル1台体制で挑むが、ミルは30周で行われたレースのスタートから4周目に1コーナーで転倒。再スタートはできず、チームは決勝開始からわずか4分41秒でドイツGPを終えることとなった。

猛暑の中、95,000人を超える観客を迎えたザクセンリンクでは、ドイツ国家斉唱が終わると大きな歓声に包まれ、午後2時に観客達に見守られMotoGPの決勝がスタートした。肉体的にも精神的にもタフなレースが予想された決勝だが、レースペースに自信を持つミルは強い闘志を抱き、激しく太陽が照りつけるグリッドにマシンを並べる。

4列目12番手グリッドから決勝をスタートしたミルはクリーンなスタートを切るが、1コーナーに差し掛かる時には周りの多くのライダーとの争いに紛れ数台が同時にコーナーを周り込んでいく。ミルはタイヤのフィーリングを確認しつつ慎重に周回していくが、徐々にリズムを掴みペースアップを図ろうとした矢先、1コーナーで転倒。再スタートは切れずそのままレースをリタイヤ。

ライダーに怪我はなく、チーム、ライダー共に次戦オランダ・アッセンに向けて移動して、すぐに次戦の準備に取り掛かる。

リビオ・スッポ チームマネージャー
「正直、今日はあまりコメントすることすらありません。ジョアンのレースペースはかなり良かったので今日は決勝に大きな期待を抱いていましたが、その展開すら見ることなくスタート前にレースが終わってしまったような思いです。残念としか言いようがありませんが、唯一ポジティブだと思える点としては来週またすぐにレースがあるので、すぐに気持ちを切り替えることができることでしょう。次戦アッセンは我々のライダーがふたり共好きなサーキットでもあり、またGSX-RRとも相性の良いサーキットなので、気を落とさずに、とにかく前を見て立ち向かうのみだと思っています。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「アレックスの怪我による欠場により、今回我々はジョアンひとりでザクセンリンクを戦わなければならなかったのですが、そのジョアンも決勝の早いタイミングで転倒・リタイヤとなってしまい非常に残念な週末となってしまいました。今週ジョアンは決勝のレースディスタンスのペースは悪くない予想だったので、レースでそれを証明することができずとても残念に思います。早くレースを終えてしまったことであまり有効なデータを取れることなく週末を終えてしまいましたが、すぐまた来週には次戦ダッチTTが始まるので、決して諦めることなく、しっかりと準備を整えてオランダに向かいたいと思います。アッセンではジョアンに今週末のリベンジを果たしてほしいですし、またアレックスには少しでも良い状態でサーキットに戻ってきてくれることを願っています。」

ジョアン・ミル
「決勝で履くリヤタイヤをハードにするかミディアムにするか悩んだ末にハードを選択したので、最初の数ラップはフィーリングがないことは覚悟していたし、実際に思った通りだった。周回を重ねてタイヤが温まってきたらフィーリングが良くなっていくだろうと期待していたんだけど、他ライダーとほんの少し接触してオーバーラン気味になり、フロントが切れ込んで転倒してしまった。思いがけないくらい早いステージで決勝が終わってしまって本当に残念だよ。でもこれもレースだから仕方ないと思っている。大切なのは今日犯したミスを無駄にせずそこから学び、さらに強い気持ちを持って戦い続けることだと思っている。次戦アッセンでまた仕切り直すよ。」

MotoGP 第10戦 ドイツGP 決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム/トップ差
120F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA41'12.816
25J・ザルコPrima Pramac RacingDUCATI+4.939
343J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+8.372
441A・エスパルガロAprilia RacingAPRILIA+9.113
510L・マリーニMooney VR46 Racing TeamDUCATI+11.679
689J・マルティンPrima Pramac RacingDUCATI+13.164
733B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+15.405
849F・ディ・ジャンアントニオGresini Racing MotoGPDUCATI+15.851
988M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+19.740
1023E・バスティアニーニGresini Racing MotoGPDUCATI+21.611
1172M・ベツェッキMooney VR46 Racing TeamDUCATI+23.175
1225R・フェルナンデェスTech 3 KTM Factory RacingKTM+26.548
1321F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+29.014
144A・ドビツィオーゾWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA+30.680
1587R・ガードナーTech 3 KTM Factory RacingKTM+30.812
166S・ブラドルRepsol Honda TeamHONDA+52.040
DNF44P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA8 laps
DNF12M・ビニャーレスAprilia RacingAPRILIA11 laps
DNF30中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA24 laps
DNF73A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA24 laps
DNF40D・ビンダーWithU Yamaha RNF MotoGP TeamYAMAHA25 laps
DNF63F・バニャイアDucati Lenovo TeamDUCATI27 laps
DNF36ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI27 laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第10戦 ドイツGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA172
241A・エスパルガロAPRILIA138
35J・ザルコDUCATI111
423E・バスティアニーニDUCATI100
533B・ビンダーKTM82
663F・バニャイアDUCATI81
743J・ミラーDUCATI81
842アレックス・リンスSUZUKI69
936ジョアン・ミルSUZUKI69
1088M・オリベイラKTM64
1135J・マルティンDUCATI61
1293M・マルケスHONDA60
1310L・マリーニDUCATI52
1412M・ビニャーレスAPRILIA46
1544P・エスパルガロHONDA40
1630中上 貴晶HONDA38
1772M・ベツェッキDUCATI35
1873A・マルケスHONDA26
1921F・モルビデリYAMAHA25
2049F・ディ・ジャンアントニオDUCATI16
2140D・ビンダーYAMAHA10
224A・ドビツィオーゾYAMAHA10
2387R・ガードナーKTM9
2425R・フェルナンデェスKTM5
2551M・ピロDUCATI0
266S・ブラドルHONDA0
2732L・サバドーリAPRILIA0
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第10戦 ドイツGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI221
2YAMAHA172
3APRILIA139
4KTM110
5SUZUKI93
6HONDA81
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第10戦 ドイツGP 終了時)
順位チームポイント
1Monster Energy Yamaha MotoGP197
2Aprilia Racing184
3Prima Pramac Racing172
4Ducati Lenovo Team162
5Red Bull KTM Factory Racing146
6Team SUZUKI ECSTAR138
7Gresini Racing MotoGP116
8Repsol Honda Team100
9Mooney VR46 Racing Team87
10LCR Honda64
11WithU Yamaha RNF MotoGP Team20
12Tech 3 KTM Factory Racing14