SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
2021 MotoGP
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP レースレポート
2021年10月24日
MotoGP 第16戦 エミリア・ロマーニャGP 決勝
場所:イタリア ミザノワールドサーキット/マルコ・シモンチェリ

数々のドラマを生んだエミリア・ロマーニャGP決勝はリンスが健闘の6位
MotoGP決勝前のミザノワールドサーキット/マルコ・シモンチェリではエキサイティングなエアーショーが行われ、決勝前のサーキットを盛り上げる。轟音が止むと厳かなイタリア国歌が歌われ、その後27周で行われるエミリア・ロマーニャGPがスタートした。チームスズキエクスターにとっては厳しい展開を強いられた決勝となったが、タイトル争いのふたりのライダーの激しい戦いは、トップを激走するフランチェスコ・バグナイア(ドゥカティ)がレース終盤にまさかの転倒を喫したことにより、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が2021年シリーズチャンピオンを獲得した。

アレックス・リンス、ジョアン・ミルはそれぞれ13番手と18番手のグリッドポジションからスタート。グリッドは後方となるも日曜日は天候が回復し、ドライレースとなったことで決勝に大きな期待を寄せる。ミザノはコース幅が狭く、ストレートが短いためにスタート直後は各ライダー達がポジション取りに苦戦する中、リンスはすぐに11番手にポジションアップし、ミルも15番手となる。しかしレース3周目、ミルにジャンプスタートによるペナルティーが通告される。さらにその直後、ミルはダニーロ・ペトルッチ(KTM)と共に転倒を喫し、ライダーは共に無傷も、再スタートすることなくミルはレースをリタイヤする。

ミルのリタイヤにより唯一のスズキライダーとなったリンスは、上位フィニッシュを目指して徐々にペースを上げ、オーバーテイクを繰り返していく。14周目には7番手までポジションを上げ、さらに翌周には6番手に。トップ4人がハイペースを維持したまま少しずつ後続との差を広げていくが、リンスも諦めることなく5番手グループで走行を続ける。レース終盤には数々のドラマが起こるが、リンスは粘りの走りで6位でチェッカーを受け、チャンピオンシップランキングでは11位に浮上した。

チームスズキエクスター一同より、新たに2021年シリーズチャンピオンとなったファビオ・クアルタラロ選手および関係者全ての皆様に祝福の言葉をお送りします。


佐原伸一 プロジェクトリーダー&チームディレクター
「我々にとって難しいウィークになりました。天気が安定しなかったことや転倒したことも影響し、スターティンググリッドが後方となってしまい、レースのマネージメントがより難しくなりました。ジョアンは転倒して2周でレースを終えてしまった一方で、アレックスは着実な追い上げを見せてくれましたが、終盤はタイムの維持が難しくなり順位を落としてしまいました。後方グリッドからのスタートの場合、アクシデントの可能性が増えたり、追い上げによるタイヤの消耗の原因となりうるので、予選タイム改善という課題に取り組んで、決勝でパフォーマンスを発揮できるようにしたいと思います。今回のレースで年間チャンピオンを決めたクアルタラロ選手およびヤマハ関係者の皆様を心から祝福いたします。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「昨日の予選グリッドを今日の決勝ではもっと挽回できることを期待していたのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。今週のジョアンには全ての不運が集まってしまったかのようにうまくいかないことばかりでしたが、気持ちを切り替えて次のレースではまた新たにチャレンジしたいと思います。アレックスはいつも通り、後方からのスタートながら決勝ではしっかり挽回してくれたのですが、今日は表彰台争いをするペースがありませんでした。非常に残念に思います。全ての面で今後も進歩を続け、成績を向上させていかなくてはいけないと思っています。ラスト2戦しっかりと戦い、また表彰台に戻れるよう努力を続けます。最後になりましたが、今日2021年シーズンのチャンピオンを獲得したクラルタラロ選手とヤマハ関係者の皆様には心より祝福の言葉を送りたいと思います。」

アレックス・リンス
「まずは今日タイトルを決めたファビオにおめでとうと伝えたい。今シーズンの彼は本当に強かったし、チャンピオン獲得にふさわしい素晴らしいパフォーマンスだったからね。自分のレースに関しては、100%の力を出し切って走った結果が6位だったから後悔はないよ。グリッドが後方だったことももちろんレースを難しくした大きな要因ではあったけど、タイヤが新しいうちはなかなかペースを上げることができなくて、思うようにトップグループに近付くことができなかったんだ。ペースを上げることができるようになった時にはトップグループとかなり差が開いてしまったから、とにかく集中してひとりずつオーバーテイクしていった。望んでいた結果ではないけど、6位まで順位をリカバリーすることができたし、前回のミザノは完走できなかったからきっちり結果を残せたことは嬉しい。次戦ポルティマオではもっと上位を狙うよ。」

ジョアン・ミル
「正直この週末は金曜日からずっとうまくいかないことばかりだったけど、今日の決勝はさらに不運の集大成みたいになってしまって本当に残念としか言いようがないよ。スタートではローンチコントロールのスイッチを入れたかどうか不安になってそれを確認した時にマシンがスタートラインからちょっと前に出てしまったみたいでジャンプスタートペナルティーを課せられ、そのペナルティー表示が出た直後に自分のミスで転倒してしまった。そもそもグリッドが後方だったし、厳しいレースになることは予想していたけど、もっとちゃんとレースをマネージメントするべきだったと反省しているし、チームの皆に本当に申し訳ない思いだよ。今シーズン、タイトルを守ることができなかったことは残念だけど、ファビオには素直におめでとうと言いたい。今年の彼のパフォーマンスは本当に素晴らしかったし、彼と彼のチーム皆にチャンピオン獲得の偉業に対して心から祝福するよ。」

MotoGP 第16戦 エミリア・ロマーニャGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'52.830
244P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+4.859
323E・バスティアニーニAvintia EsponsoramaDUCATI+12.013
420F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+12.775
55J・ザルコPramac RacingDUCATI+16.458
642アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+17.669
741A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+18.468
812M・ビニャーレスAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+18.607
910L・マリーニSKY VR46 AvintiaDUCATI+25.417
1046V・ロッシPetronas Yamaha SRTYAMAHA+27.735
1133B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+27.879
1251M・ピロDucati Lenovo TeamDUCATI+28.137
134A・ドビツィオーゾPetronas Yamaha SRTYAMAHA+41.413
1421F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+42.830
1530中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+1'22.462
DNF63F・バグナイアDucati Lenovo TeamDUCATI+5 Laps
DNF88M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+5 Laps
DNF89J・マルティンPramac RacingDUCATI+15 Laps
DNF27I・レクオナTech 3 KTM Factory RacingKTM+17 Laps
DNF73A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+18 Laps
DNF43J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+24 Laps
DNF9D・ペトルッチTech 3 KTM Factory RacingKTM+25 Laps
DNF36ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+25 Laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第16戦 エミリア・ロマーニャGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA267
263F・バグナイアDUCATI202
336ジョアン・ミルSUZUKI175
45J・ザルコDUCATI152
543J・ミラーDUCATI149
693M・マルケスHONDA142
733B・ビンダーKTM136
841A・エスパルガロAPRILIA113
912M・ビニャーレスAPRILIA106
1088M・オリベイラKTM92
1142アレックス・リンスSUZUKI91
1244P・エスパルガロHONDA90
1323E・バスティアニーニDUCATI87
1435J・マルティンDUCATI82
1530中上 貴晶HONDA71
1673A・マルケスHONDA54
1721F・モルビデリYAMAHA42
1827I・レクオナKTM38
199D・ペトルッチDUCATI37
2010L・マリーニDUCATI37
2146V・ロッシYAMAHA35
226S・ブラドルHONDA13
2351M・ピロDUCATI12
2426D・ペドロサKTM6
254A・ドビツィオーゾYAMAHA6
2632L・サバドーリAPRILIA4
2753T・ラバットDUCATI1
2835C・クラッチローYAMAHA 
2931G・ガーロフYAMAHA 
3096J・ディクソンYAMAHA 
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第16戦 エミリア・ロマーニャGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI307
2YAMAHA295
3SUZUKI207
4HONDA198
5KTM190
6APRILIA114
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第16戦 エミリア・ロマーニャGP 終了時)
順位チームポイント
1Monster Energy Yamaha MotoGP364
2Ducati Lenovo Team351
3Team SUZUKI ECSTAR266
4Repsol Honda Team239
5Pramac Racing238
6Red Bull KTM Factory Racing228
7Aprilia Racing Team Gresini128
8LCR Honda125
9Esponsorama Racing124
10Petronas Yamaha SRT81
11Tech 3 KTM Factory Racing75