SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
2021 MotoGP
ROUND17 11.07 アルガルヴェGP
ROUND18 11.14 バレンシアGP
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP レースレポート
2021年6月20日
MotoGP 第8戦 ドイツGP 決勝
場所:ドイツ ザクセンリンク

チームスズキエクスター、ドイツGP決勝はミル9位、リンス11位と苦戦
2年ぶりにドイツ・ザクセンリンクで開催されたMotoGP第8戦ドイツGPは珍しく暑いウィークとなり、決勝日も気温、湿度共に高く、またMotoGP決勝前には暗い雲が上空を覆った。ウィーク中様々な要因により後方グリッドからのスタートとなったチームスズキエクスターのふたりのライダーは決勝での巻き返しを賭けグリッドに並ぶ。

アレックス・リンスは11番手グリッドから、ジョアン・ミルは17番手グリッドからエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ)の予選時のペナルティーによるグリッド降格を受けて16番手グリッドに繰り上げとなり、それぞれ4列目、6列目からのスタートとなった。コース幅が狭くオーバーテイクが難しいサーキットながら、スタートから2周目にはリンス8番手、ミル12番手にポジションアップする。3周目にはミルがファストテストラップを記録し、一気に9番手まで順位を上げる。

レース9周目には、空を覆っていた雲から雨粒が落ち始め、ピットインしてマシン交換が許可されることを示す白旗がマーシャルポストで振られる。各ライダーがそれぞれの意思でこのコンディションをどのようにマネージメントするかの神経戦となり、一線に並んでいたトップグループにギャップができる。

しかしその後レースが進むにつれ雨は上がり、コース上のライダーは誰もマシン交換することなくレースはそのまま進行。ミルは3番手争いのグループへの追い上げを続けるが、リンスは徐々にペースを落とし12番手までポジションダウンする。しかしリンスはその後も諦める事なく再びプッシュを続け、終盤に10番手争いをした後、11位でチェッカー。カタルニアで負った右手首の怪我からわずか2週間後の復帰戦で貴重なポイントを獲得した。ミルは8番手走行中の25周目にフランチェスコ・バグナイヤ(ドゥカティ)にオーバーテイクを許し9位でレースを終え、チャンピオンシップランキングは5位に留まる。


佐原伸一 プロジェクトリーダー&チームディレクター
「ドイツGPは我々にとって非常に難しいレースウィークとなってしまいました。特に予選では他のライダーの転倒によって出た黄旗やスローダウン走行によるコース上のトラフィックによってタイムアタックのチャンスを失ってしまったため、決勝で後方からの追い上げを強いられることとなってしまいました。しかしジョアンとアレックスのふたりはポジションをリカバーするために決勝中100%、120%の努力を続け、現状のベストなポジションでフィニッシュできたと思っています。バイクのフィーリングも良く、また課題も見えているので、次は予選から良いポジションを取って表彰台、優勝を狙えるところを走りたいと思います。アッセンは我々にとって非常に相性の良いサーキットであり、またそこで用意されているタイヤも我々が好んで使っているものなので、次戦こそ良い成績を獲れるよう頑張ります。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「昨日からは進歩することはできたのですが、まだ十分ではなかったようです。グリッドポジションも挽回するには少し厳しいものがありましたし、他メーカーと比べてもっともっと進歩しなくてはいけないという事を痛感致しました。今日唯一良かった点としてはふたりのライダーが無事レースを完走したことで、怪我から復帰したアレックスも無事にレースを走りきれたことに安堵しています。我々はこの先も、とにかく戦い続けていくのみなので、次のアッセンでは良いレースができるようさらに努力を続けていきます。」

ジョアン・ミル
「今週は全体的に厳しいレースウィークだったよ。今日はマシンの状態も自分のフィーリングも昨日より少し良くなったから、とにかく決勝ではひとりでも多くオーバーテイクして、ひとつでも上のポジションを狙っていく計画だったけど、このサーキットはコース幅が狭くてオーバーテイクが大変だから、なかなか思ったようにいかなかった。トップグループにはなんとか追いつくことができて、その後もプッシュし続けたけど、どんなに頑張ってもあれ以上は上に上がることができなかったよ。今日は僕らよりも彼らのマシンの方が速かったし、そんなレースがあっても仕方ないと思う。大切なのはその結果をしっかり受け入れて、今後に生かしていくことだね。今週はウィークを通して苦戦してしまったけど、そんな中でもチームが少しでも良くなるようにと最後まで努力を続けてくれ、チームの皆には本当に感謝しているよ。だから自分も現状のベストを尽くして戦ったし、9位でゴールすることができてチャンピオンシップでも5位をキープすることができた。自分ももっともっと努力を続けていくし、チームもさらにマシンを進化させてくれると思っているから、来週のレースが楽しみだよ。」

アレックス・リンス
「まだ手首の怪我の回復が100%ではないから決勝は身体的にも厳しかったけど、このサーキットは右コーナーより左コーナーの方が多いからその分助けられたと思うよ。途中で雨が降り始めた時にちょっとペースを落としてしまったけど、雨が上がってまたペースを戻そうと思ったらリアのグリップが落ちてちょっと苦戦してしまった。ウィーク中に試した時よりグリップの低下が早くて予想外だったけど、とにかくぎりぎりまでプッシュし続けて終盤にはポル・エスパルガロとホルヘ・マルティンに追いつくことができたし、ホルヘの前でチェッカーを受けることができたからよかったよ。ドイツとアッセンは連戦だから来週末も肉体的にかなりきついレースになると思うけど、しっかり休んで少しでも100%に近い状態で挑めるように準備するよ。」

MotoGP 第8戦 ドイツGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'07.243
288M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+1.610
320F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+6.772
433B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+7.922
563F・バグナイアDucati Lenovo TeamDUCATI+8.591
643J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+9.086
741A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+9.371
85J・ザルコPramac RacingDUCATI+11.439
936ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+11.625
1044P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+14.769
1142アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+16.803
1289J・マルティンPramac RacingDUCATI+16.915
1330中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+19.217
1446V・ロッシPetronas Yamaha SRTYAMAHA+22.300
1510L・マリーニSKY VR46 EsponsoramaDUCATI+23.615
1623E・バスティアニーニEsponsorama RacingDUCATI+23.738
1727I・レクオナTech 3 KTM Factory RacingKTM+23.946
1821F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA+24.414
1912M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+24.715
DNF32L・サバドーリAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+25 Laps
DNF9D・ペトルッチTech 3 KTM Factory RacingKTM+26 Laps
DNF73A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+26 Laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第8戦 ドイツGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA131
25J・ザルコDUCATI109
343J・ミラーDUCATI100
463F・バグナイアDUCATI99
536ジョアン・ミルSUZUKI85
612M・ビニャーレスYAMAHA75
788M・オリベイラKTM74
833B・ビンダーKTM56
941A・エスパルガロAPRILIA53
1093M・マルケスHONDA41
1121F・モルビデリYAMAHA40
1244P・エスパルガロHONDA35
1330中上 貴晶HONDA34
1442アレックス・リンスSUZUKI28
1523E・バスティアニーニDUCATI26
1673A・マルケスHONDA25
1735J・マルティンDUCATI23
189D・ペトルッチDUCATI23
1946V・ロッシYAMAHA17
2010L・マリーニDUCATI14
2127I・レクオナKTM13
226S・ブラドルHONDA11
2332L・サバドーリAPRILIA4
2451M・ピロDUCATI3
2553T・ラバットDUCATI1
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第8戦 ドイツGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1YAMAHA159
2DUCATI154
3KTM103
4SUZUKI89
5HONDA77
6APRILIA54
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第8戦 ドイツGP 終了時)
順位チームポイント
1Monster Energy Yamaha MotoGP206
2Ducati Lenovo Team199
3Pramac Racing136
4Red Bull KTM Factory Racing130
5Team SUZUKI ECSTAR113
6Repsol Honda Team83
7LCR Honda59
8Petronas Yamaha SRT57
9Aprilia Racing Team Gresini57
10Esponsorama Racing40
11Tech 3 KTM Factory Racing36