SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
2021 MotoGP
ROUND17 11.07 アルガルヴェGP
ROUND18 11.14 バレンシアGP
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP レースレポート
2021年10月3日
MotoGP 第15戦 アメリカズGP 決勝
場所:アメリカ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

アメリカズGP決勝はリンスが4位獲得
昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止となったアメリカズGPが2年ぶりに開催された。各チームにとっては開幕戦、第2戦のカタール開催以来のオーバーシーズレースとなり、ヨーロッパとは異なる独特な雰囲気の中で開催されたAmericas GPを皆が満喫した。青い空が広がり気温が上昇、さらに熱狂的ファンの応援に囲まれる中、MotoGPの決勝スタート前にはアメリカ国歌が歌われ、サーキットが静寂に包まれる。

セレモニーが終わると再び観客に興奮の渦が巻き起こり、20周の決勝がスタートを切る。アレックス・リンス、ジョアン・ミルは共に好スタートを切り、1コーナーにリンス4番手、ミル6番手で勢いよく飛び込む。共にフロントハード、リアソフトのタイヤコンビネーションを選択したチームスズキエクスターペアは序盤にポジションアップを図るために猛チャージを掛け、リンスはさらに一つポジションを上げて1周目で3番手まで浮上する。

リンス、ミルを含む6人のライダーで形成されたトップグループはレース7~8周目まで離れることなく淡々と周回を重ねていくが、さらに周回が進むにつれチームスズキエクスターペアは共にトップからわずかに離れ始める。レース10周目にはリンス6番手、ミル7番手までポジションを落とすが、トップグループは引き続きポジション争いが続き、リンス、ミルも懸命にそれを追う。

レース残り4周で前に追いついたリンスは、ジャック・ミラー(ドゥカティ)をかわして5番手に浮上する。リンスに続きミルも6番手に順位を上げるが、その後ミラー、さらに追い上げてきたエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ)との激しいバトルとなり7位でチェッカーを受けるが、最終ラップでライディングマナーに対してペナルティーを課せられ、8位にポジションダウンとなった。最終ラップまで5番手を走行していたリンスは、ホルヘ・マルティン(ドゥカティ)のロングラップペナルティーで最終ラップにマルティンをオーバーテイクし4位でレースを終えた。


佐原伸一 プロジェクトリーダー&チームディレクター
「まずは今日のレースで最後まで全力を尽くしてくれたアレックスとジョアンにお疲れさまと言いたいです。二人ともスタートを決めて序盤から好位置につけていたので、正直なところ、もっと良い結果を期待していましたが、バトルの中で競り勝てなかったことを真摯に受け止めて、次回以降のレースに活かしていきたいと思っています。次は先日テストをしたミザノでのレースになります。そこでまた強いスズキをお見せできるように頑張ります。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「二人のライダーが揃ってレースを完走できたということについては良かったですが、この結果は我々が望んでいたものとは違っていました。今日は表彰台を賭けて争うことができなかったことが非常に残念で、二人のライダーには申し訳なく思っています。他メーカーもコンスタントに進化を続けてさらに強くなっているので、我々もこれまで以上に努力してさらなる進化遂げ、チャレンジを続けたいと思います。」

アレックス・リンス
「今日は気温が上昇したせいで肉体的にかなり厳しいレースだった。もちろん自分だけじゃなくて他のライダーも同じ思いだったと思うけど、とにかく長くてきついレースだったよ。リアタイヤのグリップが低かったのかマシンセッティングなのか分からないけど、低速コーナーからの立ち上がりでスピンして、うまくスピードを乗せることができなくてタイムをロスしてしまい、逆に高速コーナーや切り返しではうまくスピードを乗せることができたからそこで取り戻すという感じだった。ほとんどのライダーがリアにソフトを選択していたから自分も同じタイヤを選択したけど、正直どのタイヤを選択するのが正解だったのかは分からないね。この週末はかなり良い感じで進んでいたから表彰台を狙えると思っていたけど、全て出し切って走ったから4位には満足しているよ。」

ジョアン・ミル
「スタートからゴールまでとにかくひとりでも多くのライダーをオーバーテイクして、一つでも上のポジションでチェッカーを受けることだけ考えて走っていたけど、加速とトラクションに問題を抱えていたためにかなり無理して走らなくてはならなかったんだ。ラストラップでジャック(ミラー)と接触してしまったことは彼に申し訳なかったけど、決して意図的ではなかったし、そのためにペナルティーを課せられてポジションを一つ落としてしまったことは残念だった。自分は常にフェアでクリーンなバトルを心掛けているから、今後はもっと無理なくオーバーテイクができて、トップグループで堂々と争えるようさらに強くならなくてはならないと思っている。今日の結果を受け止め、今後の改善点をよく解析して残り3戦気を引き締めてしっかり戦えるよう準備するよ。」

MotoGP 第15戦 アメリカズGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'41.435
220F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+4.679
363F・バグナイアDucati Lenovo TeamDUCATI+8.547
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+11.098
589J・マルティンPramac RacingDUCATI+11.752
623E・バスティアニーニAvintia EsponsoramaDUCATI+13.269
743J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+14.722
836ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+13.406
933B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+15.832
1044P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+20.265
1188M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM+23.055
1273A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+24.743
134A・ドビツィオーゾPetronas Yamaha SRTYAMAHA+25.307
1410L・マリーニSKY VR46 AvintiaDUCATI+26.853
1546V・ロッシPetronas Yamaha SRTYAMAHA+28.055
1627I・レクオナTech 3 KTM Factory RacingKTM+30.989
1730中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+35.251
189D・ペトルッチTech 3 KTM Factory RacingKTM+42.239
1921F・モルビデリMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+49.854
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+12 Laps
DNF5J・ザルコPramac RacingDUCATI+15 Laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第15戦 アメリカズGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA254
263F・バグナイアDUCATI202
336ジョアン・ミルSUZUKI175
443J・ミラーDUCATI149
55J・ザルコDUCATI141
633B・ビンダーKTM131
793M・マルケスHONDA117
841A・エスパルガロAPRILIA104
912M・ビニャーレスAPRILIA98
1088M・オリベイラKTM92
1135J・マルティンDUCATI82
1242アレックス・リンスSUZUKI81
1323E・バスティアニーニDUCATI71
1430中上 貴晶HONDA70
1544P・エスパルガロHONDA70
1673A・マルケスHONDA54
1721F・モルビデリYAMAHA40
1827I・レクオナKTM38
199D・ペトルッチDUCATI37
2010L・マリーニDUCATI30
2146V・ロッシYAMAHA29
226S・ブラドルHONDA13
2351M・ピロDUCATI8
2426D・ペドロサKTM6
2532L・サバドーリAPRILIA4
264A・ドビツィオーゾYAMAHA3
2753T・ラバットDUCATI1
2835C・クラッチローYAMAHA 
2931G・ガーロフYAMAHA 
3096J・ディクソンYAMAHA 
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第15戦 アメリカズGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1DUCATI291
2YAMAHA282
3SUZUKI197
4KTM185
5HONDA173
6APRILIA105
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第15戦 アメリカズGP 終了時)
順位チームポイント
1Ducati Lenovo Team351
2Monster Energy Yamaha MotoGP349
3Team SUZUKI ECSTAR256
4Pramac Racing227
5Red Bull KTM Factory Racing223
6Repsol Honda Team194
7LCR Honda124
8Aprilia Racing Team Gresini111
9Esponsorama Racing101
10Tech 3 KTM Factory Racing75
11Petronas Yamaha SRT72