SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
2021 MotoGP
ROUND17 11.07 アルガルヴェGP
ROUND18 11.14 バレンシアGP
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP レースレポート
2021年6月6日
MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝
場所:スペイン バルセロナ・カタルニアサーキット

ジョアン・ミルがホームレースのカタルニアGP決勝の激戦を4位で終える
MotoGP世界選手権の第7戦カタルニアGP決勝は気温と路面温度の上昇により、予想通りタイヤ選択が勝負の鍵を握ることとなった。

アレックス・リンスの負傷欠場によりグリッド上で唯一のスズキライダーとなったミルは10番手から好スタートを決めて8番手に順位を上げ、その後次々にオーバーテイクを繰り返し、オープニングラップで一気に4番手までポジションアップする。ミルは翌周さらにひとりをオーバーテイクしてレース2周目で3番手に。さらに激走は止むことなく2番手まで順位を上げるが、7周目に再び3番手にポジションダウン。

しかし周回が進むにつれタイヤ選択が勝敗を分けはじめ、ミルはミディアムリアタイヤのパフォーマンス低下に苦戦。思い通りにペースアップできず、後方から徐々に追い上げてくるヨハン・ザルコとジャック・ミラーのドゥカティペアから激しいプレッシャーを受け、16周目に5番手にポジションダウン。その後さらにマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)に後方から迫られるが、最終ラップまで守りきり5位でチェッカーを受けた。尚、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)の6秒ペナルティ加算によりレース後に順位が変更され、ミルは4位完走となりチャンピオンシップランキングは5位に留まる。


佐原伸一 プロジェクトリーダー&チームディレクター
「グリッドポジションは4列目と理想的ではありませんでしたが、いつものように良いスタートを決めてレース序盤のうちに良いポジションにもっていくことができ、その後の展開に期待をしていたのですが残念ながら表彰台圏内を維持することができませんでした。次のレース以降でまた表彰台、優勝を狙えるようなパフォーマンスを発揮するためにしっかりと開発、改善を続けていきます。今回アレックスが怪我のため出場できなかったのですが、ふたりのライダーでデータを共有しながらマシンセッティングを進めることの重要さを改めて認識しました。次のレースでは、またふたりのライダーで協力し合い、揃ってトップグループを走れるよう頑張りたいと思います。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「昨年はここカタルニアでタイヤマネージメントにおいて他車よりアドバンテージがあり、ダブル表彰台という好結果を残すことができたのですが、今年は逆のレースになってしまいました。しかしジョアンは最後まで粘ってくれ、5位のポジションをキープしてくれたことは良かったと思います。正直、ライダーがひとりというのは我々にとって難しい週末でしたが、次のザクセンリンクではアレックスも帰ってくるのでパーフェクトな体制でまた表彰台にチャレンジしたいと思います。」
※ 決勝レース終了直後のコメントです。ミルのリザルトは、このあと上位ライダーのペナルティのため、一つ繰り上げ4位となりました。

ジョアン・ミル
「今日はタイヤの選択ミスだったね。グリッドでリアをミディアムに変えたんだけどスピンしてしまって思うように走れず、それがレース後半にさらに酷くなったために終盤ペースを上げることができなかったんだ。今日は表彰台のチャンスが十分にあったし、ペースもトップと変わらなかっただけに悔やまれるけど、ベストを尽くした結果が5位だったから順位には納得しているよ。トップから4位までのライダー達は全員リアにハードを選択していたから、今日はハードの方が良い選択だったと思うけど、チームと自分自身で決定したことだから仕方ないし、これもまた勉強のひとつだと思っている。明日のテストでいくつか試すことがあるから、今後に向けてさらにマシンのポテンシャルを上げていけるようしっかり走り込むよ。」
※ 決勝レース終了直後のコメントです。ミルのリザルトは、このあと上位ライダーのペナルティのため、一つ繰り上げ4位となりました。

MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
188M・オリベイラRed Bull KTM Factory RacingKTM40'21.749
25J・ザルコPramac RacingDUCATI+0.175
343J・ミラーDucati Lenovo TeamDUCATI+1.990
436ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+5.325
512M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+6.281
620F・クアルタラロMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+7.815
763F・バグナイアDucati Lenovo TeamDUCATI+8.175
833B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+8.378
921F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA+15.652
1023E・バスティアニーニEsponsorama RacingDUCATI+19.297
1173A・マルケスLCR Honda CASTROLHONDA+21.650
1210L・マリーニSKY VR46 EsponsoramaDUCATI+22.533
1330中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+27.833
1489J・マルティンPramac RacingDUCATI+29.075
1532L・サバドーリAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+40.291
DNF27I・レクオナTech 3 KTM Factory RacingKTM+8 Laps
DNF46V・ロッシPetronas Yamaha SRTYAMAHA+9 Laps
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+14 Laps
DNF93M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+17 Laps
DNF9D・ペトルッチTech 3 KTM Factory RacingKTM+19 Laps
DNF44P・エスパルガロRepsol Honda TeamHONDA+20 Laps
MotoGP ライダーチャンピオンシップランキング(第7戦 カタルニアGP 終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA115
25J・ザルコDUCATI101
343J・ミラーDUCATI90
463F・バグナイアDUCATI88
536ジョアン・ミルSUZUKI78
612M・ビニャーレスYAMAHA75
788M・オリベイラKTM54
841A・エスパルガロAPRILIA44
933B・ビンダーKTM43
1021F・モルビデリYAMAHA40
1130中上 貴晶HONDA31
1244P・エスパルガロHONDA29
1323E・バスティアニーニDUCATI26
1473A・マルケスHONDA25
1542アレックス・リンスSUZUKI23
169D・ペトルッチDUCATI23
1735J・マルティンDUCATI19
1893M・マルケスHONDA16
1946V・ロッシYAMAHA15
2027I・レクオナKTM13
2110L・マリーニDUCATI13
226S・ブラドルHONDA11
2332L・サバドーリAPRILIA4
2451M・ピロDUCATI3
2553T・ラバットDUCATI1
MotoGP コンストラクターチャンピオンシップランキング(第7戦 カタルニアGP 終了時)
順位コンストラクターポイント
1YAMAHA143
2DUCATI143
3KTM83
4SUZUKI82
5HONDA52
6APRILIA45
MotoGP チームチャンピオンシップランキング(第7戦 カタルニアGP 終了時)
順位チームポイント
1Monster Energy Yamaha MotoGP190
2Ducati Lenovo Team178
3Pramac Racing124
4Team SUZUKI ECSTAR101
5Red Bull KTM Factory Racing97
6LCR Honda56
7Petronas Yamaha SRT55
8Repsol Honda Team52
9Aprilia Racing Team Gresini48
10Esponsorama Racing39
11Tech 3 KTM Factory Racing36