スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2020 MotoGP
ROUND01 03.08 カタールGP [中止]
ROUND10 10.11 フランスGP
ROUND11 10.18 アラゴンGP
ROUND12 10.25 テルエルGP
ROUND13 11.08 ヨーロッパGP
ROUND14 11.15 バレンシアGP
ROUND15 11.22 ポルトガルGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2020年8月16日
MotoGP 第5戦 オーストリアGP 決勝
場所:オーストリア レッドブルリンク

オーストリアGPでジョアン・ミルがMotoGPキャリア初表彰台を獲得
雨予報を覆し、晴天のもとスタートを切ったオーストリアGPは、レース序盤に2台のマシンが接触転倒し、転倒したマシンが宙を舞いながらコース上を横切る大波乱が起き赤旗中断に。しかしその後コースの安全が確認された後に再スタートしたレースでジョアン・ミルが大健闘の2位を獲得。自身のMotoGPキャリア初表彰台であり、またチームスズキエクスターにとっても今季初の表彰台となった。

朝のウォームアップではミルがトップタイムをマーク。一方のアレックス・リンスは肩の怪我の温存のためセッション終盤になってピットアウトするが、ふたりのライダーは共に好感触で決勝に向けての士気を高める。

スターティンググリッド2列目、3列目からそれぞれスタートを決めたミル、リンスは1コーナーに5番手、6番手で揃って飛び込む。その後ミルはすぐに4番手、そして3番手へと確実にポジションを上げ、アクシデントでレースが赤旗中断となるまで4番手をキープ。

大アクシデントにも関わらず幸い負傷者はなく、周回数20周でレースが再スタート。チームスズキエクスターライダーのふたりは再びロケットスタートを決め、揃ってトップグループにつける。リンスはファステストラップをマークしながらじりじりとトップとの差を詰め3番手にポジションを上げ、そのすぐ後方にはミルがぴったりとマーク。11周目、リンスがミラー(ドゥカティ)をオーバーテイクして2番手に浮上し、さらにトップを走行するドビツィオーゾ(ドゥカティ)に並びかけた瞬間スリップダウン。スペインGPで負傷した右肩への影響はなかったもののマシンは再スタートを切ることができず、痛恨のリタイヤを強いられた。一方のミルはレース終盤までペースを落とすことなくトップグループに食らいつき、最終ラップ最終コーナーでオーバーテイクを仕掛けて2位でチェッカーを受け、MotoGPクラス初表彰台を獲得した。


河内 健 テクニカルマネージャー
「またしても半分ハッピー、半分アンハッピーという結果となってしまいましたが、今週末は決勝も含め、我々は非常にコンペティティブであったと思います。アレックスに関しては優勝のチャンスがありながらも転倒という結果に終わってしまい非常に残念でしたが、今日は代わりにジョアンが素晴らしい仕事をしてくれ、最後まで諦めずにしっかりと2位をもぎ取ってくれました。幸いにも来週再びこのサーキットでレースがあるので、次はふたりのライダーのダブル表彰台を狙っていきます。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「このサーキットでは苦戦を強いられると覚悟していたのですが、マシンもライダーも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。表彰台のチャンスがありながらもなかなか実現に至らなかったジョアンの初表彰台獲得は本当に喜ばしいことですし、アレックスも転倒がなければ間違いなく表彰台を獲得できていたでしょう。アレックスの結果は悔やまれますが、これがレースなので仕方ないと思っています。幸い怪我もないので、気持ちを切り替え、また来週末に期待したいと思います。」

ジョアン・ミル
「素晴らしい日になったよ。表彰台に上がるチャンスはこれまでにも何度かあったのに、いつも何らかの理由に遮られて結果に繋げることができなかったから今日は最高の気分さ。レッドブルリンクはMoto3で初優勝をしたサーキットだから自分にとって良い思い出のある場所でもあるし、今日の2位は優勝に等しいくらいに嬉しいよ。素晴らしい仕事で僕を支えてくれたチームの皆と、パドックの入場規制によって自宅待機を強いられている全ての仲間達に心からお礼を言いたいね。ここに来るまで順風満帆とは言い難かっただけに、こうやって結果を出せたのは間違いなく僕を支えてくれた全ての人のお陰だね。」

アレックス・リンス
「最初のレースではスタートは良かったんだけど、ブレーキングがうまくいかない感じがあってペースを上げることができなかった。それでペースアップに格闘しながら走っている最中に目の前で大クラッシュが起きたんだ。本当に恐ろしい光景だったよ。とにかく大事に至らなくてよかった。赤旗中断後に再スタートしたレースではマシンのフィーリングもリアタイヤの感触もかなり良くて、無理せずトップグループを走ることができたんだ。ドビツィオーゾに追いついた時も余裕があったから、一番自信があった6コーナーでオーバーテイクしたんだけど、急にフロントが切れ込んで転倒してしまった。本当に悔しい転倒としか言いようがないね。でもチャンピオンシップはかなり接近戦になっているし、今日はフィーリングも良かったから、気持ちを切り替えて来週のレースでまた全力を尽くすことにするよ。」

MotoGP 第5戦 オーストリアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
14A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI28'20.853
236ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+1.377
343J・ミラーPramac RacingDUCATI+1.549
433B・ビンダーRed Bull KTM Factory RacingKTM+5.526
546V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+5.837
630中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+6.403
79D・ペトルッチDucati TeamDUCATI+12.498
820F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+12.534
927I・レクオナRed Bull KTM Tech 3KTM+14.117
1012M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+15.276
1141A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+17.772
1251M・ピロPramac RacingDUCATI+23.271
1338B・スミスAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+24.868
1473A・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+24.943
1535C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+27.435
1653T・ラバットEsponsorama RacingDUCATI+28.502
176S・ブラドルRepsol Honda TeamHONDA+28.609
DNF42アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI10 Laps
DNF44P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM12 Laps
DNF88M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM12 Laps
DNF21F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA0 Lap
DNF5J・ザルコEsponsorama RacingDUCATI0 Lap
MotoGP ポイントランキング(第5戦 オーストリアGP終了時)
順位ゼッケンライダーマシンポイント
120F・クアルタラロYAMAHA67
24A・ドビツィオーゾDUCATI56
312M・ビニャーレスYAMAHA48
433B・ビンダーKTM41
546V・ロッシYAMAHA38
630中上 貴晶HONDA37
743J・ミラーDUCATI36
821F・モルビデリYAMAHA31
936ジョアン・ミルSUZUKI31
105J・ザルコDUCATI28
119D・ペトルッチDUCATI20
1242アレックス・リンスSUZUKI19
1344P・エスパルガロKTM19
1488M・オリベイラKTM18
1573A・マルケスHONDA16
1641A・エスパルガロAPRILIA11
1763F・バグナイアDUCATI9
1827I・レクオナKTM7
1953T・ラバットDUCATI7
2038B・スミスAPRILIA7
2135C・クラッチローHONDA7
2251M・ピロDUCATI4
236S・ブラドルHONDA 
2493M・マルケスHONDA