スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年11月17日
MotoGP 第19戦 バレンシアGP 予選
場所:スペイン サーキット・リカルド・トルモ

バレンシアGP予選はリンスがMotoGPキャリアベストリザルトの2番手
• アレックス・リンスはMotoGPキャリア初のフロントロー
• アンドレア・イアンノーネは3列目スタート
• 予選は接戦となり、わずかなマージンがふたりのライダーのスタートポジションを分ける結果に
バレンシアGP2日目の朝は雨が上がり、一時は青空が広がったものの、FP3がスタートして間も無くすると再び雨が落ち始めウエットコンディションに。しかしその後天候は徐々に回復し、午後の予選はドライセッションで行われた。

FP3はトリッキーなコンディションの中、各ライダー達がトップ10入りを賭けてプッシュ。アンドレア・イアンノーネはセッション中盤に転倒を喫し、マシンを変えてコースインするも、タイムアップできずに13番手でセッションを終了し、トップ10入りを逃す。一方、アレックス・リンスはセッション終盤に8番手までポジションを上げるが、チェッカーフラッグが振られる直前に転倒。幸いライダーに怪我はなかった。

Q1でトップ2入りして挽回を狙うイアンノーネはセッション序盤に好タイムをマーク。その後各ライダーがタイムアップを続けるも、イアンノーネのタイムは塗り変えられることなく、2番手に1秒以上の差をつけたままトップでセッションを終え、Q2行きを決める。

イアンノーネは続くQ2でもQ1同様の力強いパフォーマンスを試みるも、トップから0.317秒差、7番手でセッションを終了。明日の決勝は3列目からのスタートとなるも、チームスズキエクスターでの最後となるレースに全身全霊で挑む。一方ストレートQ2行きを決めたリンスは、週末2度目となったFP4での転倒後、軽い脳震盪を訴える。しかし、今年最後の自国GPへの気合いを見せ、激しいタイムアタックを展開してセッションを2番手で終了。ポールポジションのビニャーレス(ヤマハ)からはわずか0.068秒差。自身のMotoGPキャリア予選ベストリザルトとなった。また、Q2進出を果たした6メーカーが全て0.3秒内に収まる激しい予選を終えた。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「非常に難しいコンディションの中、アレックスは予選を2番手で終え、MotoGPキャリアでのベストポジションを獲得しました。FP4で転倒を喫したにも関わらず、Q2では怯むことなくセッション序盤から全開でプッシュし、本当に素晴らしい仕事をしてくれたと思います。我々チームとしても、予選でのパフォーマンスを上げることを目標にしていたので、狙い通りの仕事ができました。アンドレアは天候にも翻弄され、FP3でトップ10入りを逃してしまいましたが、その後きっちりとQ1で挽回し、最終的に3列目グリッドに留まることができ、ふたりのライダーがそれぞれ力を最大限発揮してくれたと思っています。明日は雨予報ですが、チームとしてはともかく万全な準備をして決勝に臨むのみです。」

アレックス・リンス
「できればポールポジションを獲りたかったし、本当にあと少しだったから悔しいけど、今日の結果には満足しているよ。今日は2度転倒してしまい、2度目の転倒はかなり激しかったから、とにかく怪我なく決勝日を迎えることができたことを喜ばなくちゃね。今日は路面のコンディションが変わって難しかったけど、マシンをうまくマネージメントできたと思うんだ。明日は概ね雨の予報だけど、トップグループで走りきる自信はあるし、もちろん表彰台を目指すよ。有終の美を飾れるような最終戦にしたいね。」

アンドレア・イアンノーネ
「雨の量が中途半端だったから、路面はかなり難しいコンディションだったよ。おまけに転倒もしちゃったし、思い通りにはいかなかったね。Q1は良いフィーリングで走れてトップタイムを記録できたんだけど、Q2ではタイヤを変えたらフィーリングが変わってしまって、タイムを上げることができなかった。でも3列目スタートはそれほど悪くないと思っているよ。この週末は天候が安定しなかったせいでマシンのセッティングに手間取ってしまったけど、とにかく決勝ではトップグループで戦い抜けるように全力で頑張るのみさ。」

MotoGP 第19戦 バレンシアGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
125M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGP1'31.312-
242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR1'31.380+0.068
34A・ドビツィオーゾDucati Team1'31.392+0.080
49D・ペトルッチAlma Pramac Racing1'31.414+0.102
593M・マルケスRepsol Honda Team1'31.442+0.130
644P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing1'31.577+0.265
729アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTAR1'31.629+0.317
841A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini1'31.630+0.318
926D・ペドロサRepsol Honda Team1'32.140+0.828
1043J・ミラーAlma Pramac Racing1'32.145+0.833
115J・ザルコMonster Yamaha Tech 31'32.179+0.867
1251M・ピロDucati Team1'32.310+0.998
1399J・ロレンソDucati Team1'31.900(Q1)
1430中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU1'31.928(Q1)
1521F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDS1'32.385(Q1)
1646V・ロッシMovistar Yamaha MotoGP1'32.452(Q1)
1712T・ルティEG 0,0 Marc VDS1'32.545(Q1)
1817K・アブラハムAngel Nieto Team1'32.547(Q1)
1919A・バウティスタAngel Nieto Team1'32.568(Q1)
206S・ブラドルLCR Honda CASTROL1'32.708(Q1)
2155H・シャーリンMonster Yamaha Tech 31'32.749(Q1)
2238B・スミスRed Bull KTM Factory Racing1'33.011(Q1)
2381J・トーレスReale Avintia Racing1'34.427(Q1)
2445S・レディングAprilia Racing Team Gresini1'35.171(Q1)