スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年9月23日
MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝
場所:スペイン モーターランド・アラゴン

アラゴンGPはイアンノーネ3位、リンスが4位と健闘
• イアンノーネは最後までトップ争いを続け、3位表彰台を獲得
• リンスもチームメイトの後ろで終盤までトップグループで走行し、4位獲得
• チームスズキエクスターにとってポジティブな1日
アラゴンGPはチームスズキエクスターライダーのふたりが、終始エキサイティングかつコンスタントな走りで、アンドレア・イアンノーネが3位に、そしてアレックス・リンスもチームメイトから僅かな遅れで4位と大健闘を見せた。

テクニカルなサーキットながら、オープニングの金曜日から快調な滑り出しで速いタイムを刻んできたイアンノーネとリンスは、日曜日も変わらずその強いパフォーマンスを維持。朝のウォームアップでは、セッション最後に転倒を喫するも、イアンノーネがトップタイムを記録。

決勝は気温も路面温度も上昇し、さらに63,000人のファンの熱気が加わり、最高潮の雰囲気の中でスタート。23周の長いレースのひとつの鍵となるタイヤはそれぞれ違ったコンビネーションの選択をするも、週末のデータに基づいた選択はどちらにも正しい戦略をもたらし、さらにふたりのライダーはスタートをうまく決め、5番手、9番手ポジションから3番手、4番手にジャンプアップしてフロントグループになだれ込む。M・マルケス(ホンダ)とA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)のふたりが数度のトップ争いを繰り広げる激しいレースで、終盤にイアンノーネもふたりのトップ争いに果敢に加わり、残り数周では一時トップを奪うも、すぐにオーバーテイクを許し3位でチェッカーを受けた。地元レースとなったリンスも最後までトップグループに食らいつき、チームメイトから僅かな差で、前戦サンマリノGPから2戦連続の4位を獲得した。


河内 健 テクニカルマネージャー
「非常に良いレースでした。今年の後半戦、我々は少し苦戦していたので、この表彰台はとても大きな意味があります。もうひとつポジティブな要素は、ふたりのライダーが揃って最後までトップから離れることなく、表彰台を目指して良いレースができたことです。この結果は、ライダー、チーム、日本で開発をしてくれているスタッフ、そしてこのプロジェクトに参加してくれている全ての皆の努力の成果だと思うので、その全員に感謝の気持ちを伝えたいです。これから先は我々の得意なサーキットが続きますので、この調子でさらなる表彰台と、そのまた上の結果を残していけるよう頑張っていきます。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今日はふたりのライダーが揃ってトップグループで戦い、さらに最後までトップから離されることなく優勝争いに加わることができ、本当に素晴らしいレースでした。今日のアンドレアはとても強かったですし、アレックスのパフォーマンスも素晴らしかったです。タイヤの選択も正解でしたし、タイヤマネージメントもうまくでき、全てがポジティブだったと思います。今日の結果により、我々のチームはコンセッションの権利を失ってしまいましたが、それはイコール、チームの戦闘力が増したことを意味しているので、喜ぶべきでしょう。チームスタッフと日本で頑張ってくれている全ての皆の努力に心から感謝しています。残りのレースではさらに目標を高く持ち、良い形でシーズンを終えることができるようさらに努力を続けていきます。」

アンドレア・イアンノーネ
「今日は本当に良いレースができたよ。スタートはうまく決まったけど、直後に目の前でホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)が転倒したのを見た時はちょっとショックだったね。中盤まではスロットルの開け方や乗り方を工夫して、できるだけタイヤをセーブするための走りをしていたから、100%全開で走ったのは終盤になってからだったけど、後半にタイヤがきつくなることを予想していたから、その戦略が上手く行ったんだ。ストレートで離されちゃうところは今後まだ対策が必要だけど、ここ数戦なかなか思うような結果を残すことができてなかったから、久しぶりにまた表彰台を獲得できたことがとにかく嬉しいよ。」

アレックス・リンス
「この週末は色々なことを試し、理解することができて、チームにとってもとても実りがあったし、レースの結果にも満足しているよ。決勝中のバトルは本当に面白かったし、マルケス、ドビツィオーゾ、アンドレアのバトルをすぐ後ろで見ることができて、学んだことも沢山あった。とにかく素晴らしかったね。今日のパフォーマンスは自分のモチベーションをさらに上げたし、次戦のタイは大好きなサーキットだから、すぐにでもレースしたい気分だよ。」

MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'55.949
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+0.648
329アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+1.259
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+2.638
526D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+5.274
641A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+9.396
79D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+14.285
846V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+15.199
943J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+16.375
1025M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+22.457
1121F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA+27.025
1230中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+27.957
1338B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+28.821
145J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+32.345
1517K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI+37.639
1645S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+39.585
1712T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA+40.763
1855H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+56.296
1910X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI+58.981
2081J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI+59.513
DNF35C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+19Laps
DNF19A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+22Laps
DNF99J・ロレンソDucati TeamDUCATI+23Laps
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA246
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI174
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA159
499J・ロレンソDucati TeamDUCATI130
525M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA130
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA119
79D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI119
85J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA112
929アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI108
1042アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI92
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA87
1243J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI68
1319A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI64
1453T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI35
1544P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM32
1621F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA31
1741A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA29
1855H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA24
1938B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM18
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA18
2145S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA12
2236M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI5
2451M・ピロDucati TeamDUCATI1
2512T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
266S・ブラドルHRC Honda TeamHONDA0
2710X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0
2850シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0
2981J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI0
3023C・ポンソンReale Avintia RacingDUCATI0