スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年6月17日
MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝
場所:スペイン バルセロナ・カタルニアサーキット

カタルニアGP、チームスズキエクスターライダーは揃って苦戦
• アンドレア・イアンノーネはトップ10フィニッシュでポイント獲得
• アレックス・リンスはマシントラブルのためにリタイヤ
• シルバン・ギントーリはレース序盤に転倒、リタイヤ
カタルニアGP決勝日のカタルニアサーキットは朝から気温が上昇し、午前のウォームアップセッションでは路面温度が31℃まで達した。アンドレア・イアンノーネは週末の好調を維持し、トップタイムから0.385秒遅れでセッションを終了。またアレックス・リンスとシルバン・ギントーリは、それぞれ決勝に向け、マシンセットアップの最終調整を行った。

決勝はスタート直後から多くのドラマがあり、24周のレースは波乱の展開になった。レース序盤には数人のライダーが転倒。カタルニアGPにチームスズキエクスターからワイルドカード参戦したシルバン・ギントーリもその犠牲者のひとりとなり、怪我こそ免れたものの、長いレースを早々に脱落。またアレックス・リンスはスタート直後にポジションアップし、その後の展開を期待されるも、マシントラブルにより自らピットインし、そのままリタイヤとなった。 アンドレア・イアンノーネは好スタートを決め、アグレッシブなライディングで序盤に激しいトップ争いを見せるも、タイヤの消耗に伴い、ペースを保つことができず、徐々にポジションダウン。しかし苦戦を乗り切り、トップ10でフィニッシュして、貴重なポイントを獲得した。


河内 健 テクニカルマネージャー
「今年一番残念なレースとなってしまいました。アンドレアについては今週スピードはあったのですが、決勝のコンディションではそのスピードを発揮することができませんでした。アレックスはマシントラブルがあり、大変申し訳なく思っています。トラブルの詳細に関しては現在調査中です。今回はシルバンがワイルドカード参戦で、3台目のGSX-RRを走らせたのですが、早々に転倒してリタイヤとなってしまい、チーム全体としても結果を残すことができませんでした。明日は一日テストがありますので、そこで色々と試し、少しでもバイクを進化させて次のアッセンで再スタートしたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今日は我々チームにとって、とても厳しい一日でしたね。アンドレアは好スタートを決め、序盤にかなり攻めの走りを見せてくれたのですが、そのせいでタイヤに負担を掛けてしまったのかも知れません。ここのようにグリップの低いサーキットでは起こり得ることだと思います。一方アレックスはマシントラブルが起こり、母国レースを自らリタイヤすることになってしまい、本当に残念で仕方ありません。そしてまたシルバンも、このレースをとても楽しみにしていたのに、早々に転倒・リタイヤという結果となってしまい、悔やまれます。この週末はツキから見放されてしまう形となりましたが、それもレース。次戦に向けて気持ちを入れ替え、またしっかり結果を残していけるように準備して臨みます。」

アンドレア・イアンノーネ
「決勝では全てを出し切って頑張ったから、結果に繋げられなかったことが悔しいよ。マシンは確実に良くなっているのを実感しているけど、まだ問題が全て解決されているわけじゃない。特に加速時のスライドコントロールが課題だね。でもタイヤの状態が良いレース序盤では、全力でトップに食らいついていけたし、良いパフォーマンスを見せることができたと思っているよ。早く問題解決をして、今後のレースでもっと活躍できるようにしていくよ。」

アレックス・リンス
「今日は気温が上がったせいで、決勝は序盤からかなり苦しかったよ。5周目を過ぎたころからバイクの問題を感じて、周回を重ねるごとに状態がさらに悪化したので、自らピットインすることにしたんだ。電気系の問題だと思ったからね。今週は色々なことがうまく回らなかったね。金曜、土曜の走行で、レースペース自体は悪くなかったのに、一発タイムをうまく出すことができなかった。とにかく今週のことは忘れて、次のアッセンに向けて仕切り直すよ。アッセンではまたトップグループでレースできるようにしたいね。」

シルバン・ギントーリ
「決勝は楽しみつつ、完走することが最低限の目標だったから、とても残念な気持ちだよ。楽しめた時間はほんとにわずかな時間だった。7コーナーで突然フロントが切れ込んでしまい、どうすることもできなかったんだ。今日は転倒者が多かったから、最後まで走っていたらポイントを獲得できたかもしれないと思うと、ますます悔しさが増すよ。幸いにも怪我はないので、また明日のテストでしっかり走り込むよ。」

MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
199J・ロレンソDucati TeamDUCATI40'13.566
293M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+4.479
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+6.098
435C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+9.805
526D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+10.640
625M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+10.798
75J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+13.432
89D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+15.055
919A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+22.057
1029アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+24.141
1144P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+36.560
1245S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+38.229
1317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI+1'21.526
1421F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA3Laps
DNF55H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA4Laps
DNF53T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI6Laps
DNF43J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI7Laps
DNF38B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM11Laps
DNF30中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA11Laps
DNF42アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI13Laps
DNF4A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI16Laps
DNF10X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI17Laps
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA20Laps
DNF12T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA21Laps
DNF50シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI22Laps
DNF36M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM-
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA115
246V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA88
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA77
45J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA73
59D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI71
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA69
799J・ロレンソDucati TeamDUCATI66
84A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI66
929アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI66
1043J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI49
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA40
1242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI33
1344P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM28
1453T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI27
1519A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI26
1621F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA19
1755H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA17
1841A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA13
1930中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA10
2045S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA9
2138B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM7
2236M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI4
2412T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
2510X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0
2650シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0