スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年7月1日
MotoGP 第8戦 オランダGP 決勝
場所:オランダ TTサーキット・アッセン

リンス、アッセンで快走。MotoGPクラス自己ベストリザルトの2位を獲得。
• アレックス・リンスはMotoGPクラスでのベストリザルト
• アンドレア・イアンノーネはトップグループのラストでゴール
• チームスズキエクスター、ここまで8レースで4度の表彰台を獲得
「キャセドラル・オブ・スピード」とも呼ばれるTTサーキット・アッセンで行われたオランダGPは、週末を通して晴天が続き、日曜日の決勝も暑い1日となった。

グリッド2列目5番手からスタートしたアレックス・リンスは好スタートを切り、また3列目9番手からスタートしたアンドレア・イアンノーネもスタート直後に数人を一気にオーバーテイクしてリンスのすぐ後方につけ、ふたり揃ってトップグループに滑り込む。

レースはトップグループのライダー達が何度となく順位を入れ替える激しい展開が続くが、リンスは得意な5コーナーをアドバンテージに、数度のオーバーテイクを繰り返しながらトップ3圏内に。残り15周ではマルケス(ホンダ)をオーバーテイクして2番手に浮上し、アグレッシブに攻め続ける。

表彰台争いはレース終盤まで続き、リンスは最終ラップ、最終シケイン手前で2番手を走るビニャーレス(ヤマハ)をオーバーテイク。そのまま2位でチェッカーを受け、アルゼンチンGPに続く今季2度目の表彰台、自身のMotoGPクラスでのベストリザルトを記録した。

アンドレア・イアンノーネはリアのグリップに苦しみながらも、終始トップ10圏内で走行。しかし、15コーナーから18コーナーにかけてのショートカットによってレース後2秒のペナルティーを課され、11位に降格となった。


河内 健 テクニカルマネージャー
「素晴らしいレースでした。今朝のウォームアップ走行ではアレックスのフィーリングがあまり良くなかったので、良いレースをしてくれるとは思っていましたが、2位表彰台までは予想していませんでした。非常に良いレースをしてくれて感謝しています。アンドレアに関しては、予選までの速さを決勝に繋げることができませんでした。これがここ数戦の課題となっているのですが、そこをしっかり改善し、次のレースに挑みたいと思います。今年はここまでで3位を3回獲り、今回は2位を獲りました。あと残っているのは優勝のみなので、早く優勝を達成できるようにしていきたいと思っています。引き続き応援よろしくお願いします。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「我々チームも今日のレースには皆興奮しましたね。アレックスがトップライダー達の中で最後まで怯むことなく激しいバトルを繰り返し、最後の最後にさらに順位をひとつ上げてゴールしたことは、本当に素晴らしかったと思います。決勝を見ていてわかるように、アッセンはミスを犯しやすく、とても難しいサーキットなのですが、今日のアレックスは決勝中常に冷静で、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。今後もアレックスが常にこんな走りを見せてくれればと願うばかりです。アンドレアはリアタイヤの挙動によって思うような走りができず、結果に繋げることができませんでした。レース序盤にはトップグループの中で頑張っていたのですが、徐々にペースダウンし、少しずつグループから離されてしまう形となり、残念な結果となってしまいました。次戦ではふたりのライダーに揃ってトップグループでバトルしてほしいですね。いずれにしても今季4度目の表彰台を獲得できたことはとても喜ばしいことです。」

アレックス・リンス
「実は今朝原因不明の胃痛に苦しんで、すごく具合が悪かったんだ。でもクリニカ・モービルの医師に薬を処方してもらって、痛みがなくなり、そのお陰でレースに集中することができたから、クリニカの皆に感謝しているよ。今日はトップグループでたくさんのバトルができたし、タイトなオーバーテイクも多かったから、とにかくプッシュし続けて、失敗しないように集中して走っていたんだ。僕のペースがかなり良かったので、楽しくバトルできたよ。決勝中に学んだことも多かったし、マシンのフィーリングもチームワークも全てうまくいっているから、もっともっと頑張って、早く優勝したいね。今シーズンは開幕戦からマシンの状態はずっと良かったし、レース毎にさらに改良されていっているから、この先のレースもトップ争いができる自信があるよ。次のザクセンリンクも今から楽しみで仕方ないよ。」

アンドレア・イアンノーネ
「今日は苦戦のレースだったね。スタート直後からマシンの挙動が大きくて、うまく走ることができなかったんだ。問題解決のために色々試しているんだけど、なかなか解決策が見つからず、エンジニアに問題を解析してもらっているところなんだ。1周のアタックでは問題ないんだけど、レースペースを安定して速く走れるようにならないとね。今日は限界ギリギリで走っていたから、何度かミスも犯してしまった。でもこれもレースだから仕方ないよ。アレックスの結果が僕らのマシンのポテンシャルを証明してくれているし、今日の彼は本当に素晴らしいパフォーマンスを見せたと思っているよ。僕も早く自分のポテンシャルを出し切るようなレースをしたいね。何度かのミスのせいで今日はトップグループから離されてしまったけど、ペース自体は悪いわけじゃなかったので、問題を少しでも改善して、ザクセンリンクではトップグループで戦えるようにしたいね。」

MotoGP 第8戦 オランダGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'13.863
242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+2.269
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+2.308
44A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+2.422
546V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+2.963
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+3.876
799J・ロレンソDucati TeamDUCATI+4.462
85J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+7.001
919A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+7.541
1043J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+13.056
1129アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+14.255
1244P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+15.876
1341A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+15.986
1445S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+16.019
1526D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+16.043
1653T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI+16.416
1738B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+29.073
1855H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+33.824
1930中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+34.037
2012T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA+47.853
DNF9D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI9Laps
DNF10X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI9Laps
DNF17K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI15Laps
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA140
246V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA99
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA93
45J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA81
54A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI79
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA79
799J・ロレンソDucati TeamDUCATI75
89D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI71
929アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI71
1043J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI55
1142アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI53
1226D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA41
1319A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI33
1444P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM32
1553T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI27
1621F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA19
1755H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA17
1841A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA16
1945S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA11
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA10
2138B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM7
2236M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI4
2412T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
2510X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0
2650シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0