スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年11月4日
MotoGP 第18戦 マレーシアGP 決勝
場所:マレーシア セパンインターナショナルサーキット

マレーシアGPはアレックス・リンスが渾身の走りで2位獲得
• スズキは3戦連続の表彰台獲得となり、アレックス・リンスはチャンピオンシップランキングが一気に浮上
• アンドレア・イアンノーネは1周目に痛恨の転倒・リタイヤ
• チームスズキエクスターは3連戦を好リザルトで締めくくる
2018年MotoGPチャンピオンシップ第18戦の決勝日を迎えたマレーシア・セパンサーキットは、厳しい暑さにも関わらず、10万人を超えるファンに埋め尽くされ、サーキットはさらに熱い熱気に包まれた。決勝の路面温度は50度を超え、20周の暑く厳しい戦いが午後1時に幕を開ける。

フロントロースタートのアンドレア・イアンノーネは好スタートを切り、狙い通り早々にトップグループにつける。ところが1周目最終コーナーで前を走るM・マルケス(ホンダ)がミスを犯し、それを回避しようとしてフロントが切れ込み、まさかの転倒。イアンノーネに怪我はなかったものの再スタートはできず、そのまま痛恨のリタイヤを強いられた。一方アレックス・リンスは、序盤激しい争いに押し出される形で7番手まで順位を落とすが、トップグループに標的を定めたまま、徐々にペースを上げながら追従。5周目にはファーステストラップをマークし、その後4番手までポジションアップする。終盤にV・ロッシ(ヤマハ)が転倒を喫し、リンスは3番手にポジションを上げるも、それでも猛追は終わらず、ラスト2周でJ・ザルコ(ヤマハ)をオーバーテイクして2位に上がり、そのままチェッカーを受けた。

リンスはチャンピオンシップランキングが一気に5位までアップ。チームスズキエクスターにとっては3戦連続の表彰台となり、またチームスズキエクスターはオーバーシーズ3連戦連続表彰台を記録した唯一のチームとなった。


河内 健 テクニカルマネージャー
「今日はオーストラリアGPに続いて2位表彰台を獲得でき、非常にポジティブな1日でした。雨でも晴れでも両ライダーが良いペースでレースができると思っていたので、アンドレアの転倒・リタイヤはとても残念です。アレックスのスタートポジションは良くなかったのですが、追い上げのレースを展開し、最終的に2位まで順位を上げて表彰台を獲得でき、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。前戦に続いてこの結果を獲得することができ、改めてこのプロジェクトに関わってくれている全ての皆にお礼を言いたいです。シーズンもいよいよ残り1戦となってしまいましたが、何としてでも、まだ達成していないあとひとつのポジションを獲りに行きたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「3戦連続表彰台、そして今期8回目の表彰台を獲得でき、とても嬉しいですね。さらにふたりのライダーがそれぞれ4回ずつ表彰台を獲得できていることが、スズキにとっても、チームにとってもとても重要なことだと思っています。最後まで諦めず、猛進を続けて2位を手にしたアレックスの走りは、本当に素晴らしいものでした。アンドレアも転倒がなければ同じように表彰台争いのチャンスがあったはずなので、とても残念です。常に努力を続け、チームのレベルを上げていってくれている全てのチームスタッフと、日本で支えてくれているファクトリーの皆に、改めて心から感謝の気持ちを伝えたいです。シーズン終盤、チームが確実に強くなっているのを実感しているので、最終戦もとても楽しみです。ぜひ最高の締めくくりにしたいですね。」

アレックス・リンス
「今日僕らのレースペースはかなり強かったと思うよ。オーバーテイクしながら前とのギャップも少しずつ詰めていくことができたし、レース終盤になってもペースを落とさずに走ることができた。タイヤのマネージメントをうまくできたからだろうね。残念なのは序盤にかなりタイムをロスしてしまったせいで、追い上げに時間がかかってしまったことだよ。チーム皆が本当に一生懸命仕事をしてくれていて、いくつか大切なポイントを見つけ出すことができたから、来シーズンが今から楽しみさ。バイクも僕自身も好調だから、最終戦のバレンシアが今から待ちきれない思いだよ。皆で最高のシーズンエンドにしたいね。」

アンドレア・イアンノーネ
「連戦で表彰台に乗れる可能性があっただけに、今日は本当に残念だったけど、起こってしまったことを掘り下げても仕方ないからそれはやめることにするよ。僕はどちらかっていうと前向きな性格だから、ポジティブな部分だけを考えるようにしているんだ。ここ数戦僕らのレベルはかなり上がっていて、今週末もペースは良かったし、バイクのフィーリングもかなり良かった。次がスズキでの最後のレースになってしまうけど、皆の頑張りを形に残せるように、最後まで精一杯頑張るよ。」

MotoGP 第18戦 マレーシアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA40'32.372
242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+1.898
35J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+2.474
425M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+4.667
526D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+6.190
64A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+11.248
719A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+15.611
843J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+19.009
99D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+22.921
1055H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+26.919
1141A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+29.503
1221F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA+30.933
136S・ブラドルLCR Honda CASTROLHONDA+35.322
1430中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+37.912
1538B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+39.675
1612T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA+41.820
1710X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI+43.978
1846V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+58.288
1945S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+1'00.191
DNF44P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+4Laps
DNF51M・ピロDucati TeamDUCATI+15Laps
DNF17K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI+17Laps
DNF29アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0Lap
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA321
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI220
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA195
425M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA193
542アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI149
65J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA149
735C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA148
89D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI144
929アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI133
1099J・ロレンソDucati TeamDUCATI130
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA106
1219A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI105
1343J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI91
1421F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA50
1541A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA44
1655H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA40
1753T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI35
1844P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM35
1938B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM30
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA23
2145S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA15
2217K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI10
2336M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
246S・ブラドルHRC Honda TeamHONDA3
2589中須賀 克行Yamalube Yamaha Factory RacingYAMAHA2
2610X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI1
2751M・ピロDucati TeamDUCATI1
2812T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
2981J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI0
307M・ジョーンズAngel Nieto TeamDUCATI0
3150シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0
3223C・ポンソンReale Avintia RacingDUCATI0