スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年11月18日
MotoGP 第19戦 バレンシアGP 決勝
場所:スペイン サーキット・リカルド・トルモ

リンスがスズキにシーズン9度目の表彰台をもたらし、自身もチャンピオンシップを5位で終える
• アレックス・リンスは最終戦母国GPを2位で終え、有終の美を飾る
• アンドレア・イアンノーネは危険な路面コンディションの犠牲者のひとりに
• チームスズキエクスターは2018年シーズンに9度の表彰台を記録
2018年MotoGP最終戦のバレンシアGPは天候に翻弄されて数々のドラマを生むこととなったが、チームスズキエクスターは第16戦日本GPからの連続表彰台記録を切らすことなく、アレックス・リンスが再び表彰台を獲得して有終の美を飾った。

この週末のバレンシアは例年とは違い、寒くて雨に祟られるトリッキーなコンディションとなり、決勝もウエットレースでスタート。リンスは2番手グリッドから素晴らしいスタートを決め、ファステストラップを更新しながら徐々に後続を引き離してトップを独走。チームスズキエクスターでの最後のレースとなったアンドレア・イアンノーネも、3列目グリッドから良いスタートを切ってセカンドグループにつけ、徐々にペースを上げながらトップブループに近づく。しかしその後、雨が降り始め、ライダー達が次々と転倒。イアンノーネもその犠牲者のひとりとなり、5番手走行中の9周目に転倒し、そのまま痛恨のリタイヤとなった。雨はその後さらに強くなり、走行継続が危険と判断されて15周目に赤旗中断となった。

しかしレース成立周回数を満たしていなかったため、コースコンディションの回復を待って14周のレースが再スタートした。赤旗中断された時点でのグリッドオーダーで、リンスはポールポジションからスタート。路面は変わらず濡れていたものの、リンスは再びホールショットを決める。しかし、その後再び雨が降り始め、ドビツィオーゾ(ドゥカティ)とロッシ(ヤマハ)にオーバーテイクを許して3番手までポジションを落とす。路面コンディションは変わらずトリッキーな状態で、リンスがポジションを維持しつつプッシュを続けている最中、2番手走行中のロッシが転倒。最後まで予想がつかない厳しいコンディションのレースを、若手リンスが見事なレースマネージメントを見せて2位でチェッカー。自身のシーズン5度目の表彰台、そしてチームスズキエクスターにとってはシーズン9度目の表彰台を獲得した。


河内 健 テクニカルマネージャー
「日本GPから4連続表彰台、オーストラリアGPからは3戦連続2位と、この好結果に非常に満足しています。このプロジェクトに関わって頂いている全ての方々に今年1年間のお礼を改めて伝えたいです。アンドレアは今日がスズキでの最後のレースだったのですが、残念ながら転倒・リタイヤとなってしまいました。しかし転倒までのパフォーマンスは決して悪いものではありませんでしたし、ポジティブな部分もあったと思っています。彼と一緒に働いた2年間を私は決して忘れませんし、彼には心からお礼を言いたいです。我々チームとしてはオーストラリアGPから2位表彰台が3回続き、今シーズン中にどうしても優勝したいと願っていたのですが、残念ながら叶うことなくシーズンが終わってしまいました。まずはこれを来年の目標に置き換え、しっかりシーズンオフにマシンを作り込み、来シーズンは開幕戦から良い戦いができるよう準備していきたいと思います。シーズン中多くのサポートを頂き、本当にありがとうございました。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「シーズン最終戦で表彰台を獲得でき、とても良い形で1年を終えることができました。トータル9度の表彰台はスズキがMotoGPに参戦して以来のベストリザルトなので、このチームとライダー達をとても誇りに思います。9度のうち4度の表彰台はアンドレアが獲得したもので、今日は彼にも5度目の表彰台を獲得できる可能性が十分にあったと思うので、転倒・リタイヤという結果に終わってしまったことが残念でなりません。彼のこの2年間の功績に改めてお礼を言うと共に、彼の今後の活躍にエールを送りたいと思います。アレックスに関しては決勝の難しいコンディションの中、冷静に、そしてリスクヘッジをきっちりしながら2位でフィニッシュしたことにむしろ我々自身が驚いているくらいです。赤旗中断となってレースが2回行われたわけですが、そのどちらのレースも完璧にコントロールし、今日の彼のパフォーマンスには本当に満足しています。後半戦はポジティブな内容が多かったので、この状態を維持しつつ、充実したシーズンオフを迎えて、来年また新しいチャレンジができることを願っています。」

アレックス・リンス
「最高のウィークエンドになって本当に嬉しいよ。赤旗中断前の最初のパートでは、スタートから12、13周後ろを引き離してトップを独走できたんだけど、雨が降り出してからペースが維持できなくて、ドビツィオーゾとロッシに追い上げられてしまった。今日は表彰台を獲得してチャンピオンシップを5位で終えることが最大の目標だったから、赤旗後の再スタートした後半のレースも同じように、とにかく良いスタートをして、できるだけ後ろとのギャップを広げようと思って全開でプッシュしたよ。シーズン最後のレースで目標通り表彰台を獲得できて満足しているよ。今シーズンは色々なことを学び、経験もたくさん積むことができたから、来シーズンが今から楽しみで仕方ないんだ。」

アンドレア・イアンノーネ
「チームのためにも自分自身のためにも良い形でシーズンを終えたかったのに、それが叶わなくて本当に残念な思いだよ。序盤ちょっと順位を落としちゃったんだけど、順調にペースを上げてトップグループの後方に追いついたところで雨が降り出し、リアタイヤが滑って転倒してしまった。でもベストを尽くしたから悔いはないよ。今シーズンの結果は自分が望んだものには遠かったけど、この2年間、素晴らしい仲間と素晴らしいチームで仕事ができたことに本当に感謝しているんだ。明日からはまた新しいチャレンジが始まるけど、アレックスとスズキの新しいライダーとなるジョアン・ミール、そしてチームの今後の活躍を願っているよ。」

MotoGP 第19戦 バレンシアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
14A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI24'03.408
242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+2.750
344P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+7.406
451M・ピロDucati TeamDUCATI+8.647
526D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+13.351
630中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+32.288
75J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+32.806
838B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+33.111
96S・ブラドルLCR Honda CASTROLHONDA+36.376
1055H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+37.198
1145S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+44.326
1299J・ロレンソDucati TeamDUCATI+46.146
1346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+52.809
1417K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI+1'10.628
1581J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI+1'16.739
DNF19A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+7Laps
DNF25M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA-
DNF9D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI-
DNF93M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA-
DNF29アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI-
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA-
DNF43J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI-
DNF21F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA-
DNF12T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA-
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA321
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI245
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA198
425M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA193
542アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI169
65J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA158
735C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA148
89D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI144
999J・ロレンソDucati TeamDUCATI134
1029アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI133
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA117
1219A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI105
1343J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI91
1444P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM51
1521F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA50
1655H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA46
1741A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA44
1838B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM38
1953T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI35
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA33
2145S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA20
2251M・ピロDucati TeamDUCATI14
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI12
246S・ブラドルHRC Honda TeamHONDA10
2536M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2689中須賀 克行Yamalube Yamaha Factory RacingYAMAHA2
2710X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI1
2881J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI1
2912T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
307M・ジョーンズAngel Nieto TeamDUCATI0
3150シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0
3223C・ポンソンReale Avintia RacingDUCATI0