スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年4月22日
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 決勝
場所:アメリカ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

アンドレア・イアンノーネがスズキで初の表彰台に
• アンドレア・イアンノーネ、輝かしいパフォーマンスで3位表彰台を獲得
• アレックス・リンスは好ペースで追い上げをみせるも、痛恨の転倒リタイヤ
• チームスズキエクスターはアルゼンチンGPに続き、2戦連続の表彰台
金曜、土曜と不安定な天候が続いたアメリカズGPだったが、決勝日は快晴となり、アンドレア・イアンノーネ、アレックス・リンスは、共に朝のウォームアップで決勝に向けた最後のセッティングを詰め、午後2時、20周で行われる決勝がスタートした。

決勝用のタイヤはイアンノーネ、リンス共にフロントにミディアム、リアにハードを選択。フロントローからスタートしたイアンノーネはスタートを決め、1コーナーにトップで飛び込む。その後マルケス(ホンダ)にオーバーテイクを許すも、3周目には再びトップを奪い返し、マルケスとの激しい争いの末、2番手で走行を続ける。しかし後方からビニャーレス(ヤマハ)がペースを上げ、イアンノーネをオーバーテイク。ビニャーレスに先行を許してからは、最後までペースを落とすことなく、3位を死守したままチェッカーを受け、スズキ移籍後初の表彰台を獲得した。ポイントランキングでは4ポジションアップし、トップから僅か15ポイント差で、戦いの地をヨーロッパに移す。

一方前戦アルゼンチンGPで輝かしい走りを見せたリンスは、同じく11番手から好スタートを決め、9番手にポジションアップ。しかしトップグループを追い上げるべくペースアップを図った残り19周で、コースアウトして12番手までポジションダウン。その後も果敢に攻め、ふたたびトップグループとの差を詰めるも、痛恨の転倒を喫し、そのままリタイヤを強いられる悔しい結果となった。

開幕戦から3戦続いたオーバーシーズラウンドが終わり、2週間後の次戦からはいよいよヨーロッパラウンドが開始する。


河内 健 テクニカルマネージャー
「アルゼンチンに引き続き、良いレースができたと思います。アレックスにとっては少し残念な週末でしたが、今週はアレックスのかわりにアンドレアがやってくれました。彼がスズキに来て初めての表彰台ということで、非常に良い仕事をしてくれたと思います。ふたりのライダーが競い合って良い成績を出していくというのは、チームにとって理想だと思うので、これからヨーロッパラウンドが始まりますが、この調子で表彰台のさらに上を目指して、プッシュし続けていきたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「先週に引き続き、今週も表彰台を獲得することができて本当に嬉しいです。特に今日はアンドレアが表彰台に立ってくれましたからね。彼は開幕戦から2戦、良い状態にありながら結果に繋げることができなかったので、今週それを克服でき、再び強いアンドレアを見ることができました。今日のこのレースをきっかけに、これからアンドレアがマシンと彼自身のポテンシャルを全開で発揮してくれることを願っています。アルゼンチン、アメリカで、ふたりのライダーがそれぞれ表彰台を獲得してくれたことは、チームにとっても喜ばしいことです。残念ながらアレックスは転倒リタイヤとなってしまいましたが、次戦からのヨーロッパラウンドで、さらに活躍を続けていけるよう引き続き頑張っていきます。」

アンドレア・イアンノーネ
「やっと表彰台に立つことができて本当に嬉しいよ。スズキに来てからなかなか結果が出せず、苦しい思いをしてきたけど、やっと全てが良い方向に回りだしてきた感じなんだ。今シーズンは開幕戦からマシンのフィーリングが良かったのに、予選で一発タイムが出せなくて、グリッドが後ろの方だったために、なかなか前に出ることができなかった。今週はセッティングもうまく決まったし、今までずっと悩んでいたブレーキング時のフロントエンドの問題も解決されて。思い通りの走りができた。僕らはまだまださらに上を狙っていけると思っているし、これからもさらに頑張り続けていくけど、とにかく今はスズキのエンジニア達とチームの皆に心から感謝の気持ちを伝えたいよ。色々と理解できていることも増えているから、これからは常にトップを走れるようにしたいね。」

アレックス・リンス
「今週末はちょっとターゲットを見失ってしまった感じで、思うように進まなかった。決勝中はとにかく集中してレースを楽しもうと思い、フィーリング自体も悪くなかったんだけど、転倒してしまったために結果が残せなくて残念だったね。レース中はちょっとミスもあったけど、ウィークを通してマシンのフィーリングは徐々に良くなってきたし、大切な情報もたくさん得ることができて、充実した週末だったと思っているよ。アンドレアは今日素晴らしいレースをしてくれて、僕らのマシンのポテンシャルをきっちり証明してくれた。とにかく今日の結果のことは忘れて、気持ちを切り替えて2週間後のへレスに備えるよ。今シーズンはマシンのポテンシャルにかなり手応えを感じているし、まだまだそのポテンシャルを出しきれてないと思っている。去年はここで怪我をしてしまい、へレスのGPを欠場しているから、今年より経験を積んでへレスを走れるのが今から楽しみでならないよ。」

MotoGP 第3戦 アメリカズGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'52.002
225M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+3.560
329アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+6.704
446V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+9.587
54A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+13.570
65J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+14.231
726D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+18.201
853T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI+28.537
943J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+28.671
1041A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+28.875
1199J・ロレンソDucati TeamDUCATI+31.355
129D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+34.993
1344P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+37.264
1430中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+39.335
1519A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+40.887
1638B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+48.475
1745S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+49.995
1812T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA+51.115
1935C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+59.055
2010X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI+59.747
2121F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA+1'00.513
DNF42アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI10Laps
DNF55H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA12Laps
DNF17K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI12Laps
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
14A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI46
293M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA45
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA41
435C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA38
55J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA38
629アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI31
746V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA29
843J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI26
953T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI22
109D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI21
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA18
1242アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI16
1355H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA9
1444P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM8
1541A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA6
1699J・ロレンソDucati TeamDUCATI6
1721F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA6
1830中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA5
1945S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA4
2019A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI4
2117K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI1
2212T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
2338B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM0
2410X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0