スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年10月7日
MotoGP 第15戦 タイGP 決勝
場所:タイ チャン・インターナショナルサーキット

初開催のタイGPでリンスが6位
• リンスはトップグループから僅差の6位でゴール
• イアンノーネはセカンドグループ、11位でチェッカー
• 初レースとなったタイGPはチームに貴重な経験とデータをもたらす
初開催となったブリラム、チャン・インターナショナルサーキットで行われたタイGP決勝は、激しい気温の上昇により、ライダーは暑さとの戦いを強いられ、またタイヤ選択が大きな鍵を握ることとなった。

10万人を超える熱狂的ファンに見守られる中、午後2時に決勝がスタート。26周の熱く、厳しいレースが幕を開けた。2列目グリッドからスタートしたアンドレア・イアンノーネは、一斉に1コーナーに飛び込もうとする集団の中で行き場を失ってコースアウトし、後方4列目からスタートしたチームメイトのアレックス・リンスの前に入って、チームスズキエクスターライダーは9番手、10番手に。

イアンノーネは必死でトップグループについていこうと粘るも、タイヤが消耗するに従いペースを維持できず、セカンドグループでバトルを続け、11番手でゴール。リンスは徐々に前をオーバーテイクしながら、レース中盤にトップグループに追いつき、グループの最後尾を走行。虎視眈々とポジションアップを狙い、残り10 周で5番手に。しかし、最終ラップにオーバーテイクを許し、6位でレースを終えた。


河内 健 テクニカルマネージャー
「前戦のアラゴンのレースが非常に良い結果だっただけに、今日のレースは残念な結果に終わったと言わざるを得ません。アレックスは最後までトップの見える位置でレースができたので、その点ではポジティブだったのですが、スタートポジションが悪かったこと、そしてレース序盤で良いポジションにいれなかったことが、この接戦ではハンデとなってしまったと思います。あとは最後にポジションをひとつ落としてしまったことも残念でした。アンドレアはこの週末ずっと良いペースだったのですが、スタートを失敗して序盤にポジションを下げてしまったので、そこからリカバリーするのが難しかったようです。全体には厳しいレースでしたが、次は私達スズキのホームレースとなる日本GPもてぎなので、今日の結果をしっかり反省し、また表彰台争いに戻れるよう全力を尽くしたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「予想通りかなり厳しいレースになりましたが、アレックスはうまくレースをマネージメントしたと思います。しかし後方のグリッドからスタートしたために、序盤に他のライダー達よりプッシュしなくてはならず、そのためにタイヤを消耗させてしまいました。しかしそれでも彼は積極的にオーバーテイクし、トップ6でゴールすることができたので、予選ポジションを考えれば上出来だったと言えるでしょう。アンドレアはスタートを失敗してしまったせいで、それを取り戻そうと、序盤にタイヤに負担を掛けすぎてしまいました。トップグループから大きく離されることはなかったものの、追いつくことは不可能で、11位という悔しい結果となってしまいました。今日のレースは難しいレースになることを覚悟していたので、この結果を踏まえつつ、気持ちを切り替えて次戦の日本GPに挑みたいと思います。」

アレックス・リンス
「後方からのスタートだったから、とにかくトップからのギャップが広がらないように、最初から全開でプッシュしたんだ。でも前のライダー達と激しくバトルしたせいで、タイムもロスしちゃったし、タイヤも消耗しちゃったね。結果トップグループには追いつくことができなかったけど、後ろも離れていたので、少なくても5位か6位ではフィニッシュできると分かり、落ち着いて走ったよ。最後にひとつポジションを落としてしまったことは残念だったけど、今日のコンディションではこの結果はそんなに悪くないと思うんだ。ここ数レースは比較的順調に行っているし、次戦は僕にとってもチームにとってもとても大切な日本GPだから、この良い流れで、ぜひとも良いウィークにしたいね。」

アンドレア・イアンノーネ
「今日は本当にスタートが悪くて、最初の数周でかなりポジションダウンしちゃったんだ。週末良いペースで走れていただけに本当に残念だけど、とにかくスタートの失敗で全てを台無しにしてしまったよ。なんとか最後までセカンドグループに留まることはできたけど、ブレーキングでオーバーテイクするのは不可能だった。次の日本GPに行くのを心から楽しみにしているよ。どんなレース展開になるかは全く想像もつかないけど、少なくとも僕らのマシンとは相性の良いサーキットだし、僕らも今かなり良い状態だと思うから、きっと良いパフォーマンスを見せることができると思うよ。」

MotoGP 第15戦 タイGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA39'55.722
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+0.115
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+0.270
446V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+1.564
55J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+2.747
642アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+3.023
735C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+6.520
819A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+6.691
99D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+9.944
1043J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+11.077
1129アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+15.488
1255H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+17.691
1341A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+21.413
1421F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA+22.802
1538B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+23.628
1645S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+23.804
1717K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI+32.507
1810X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI+37.216
1981J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI+39.204
2012T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA+39.421
2144P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+53.388
2230中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+2Laps
DNF26D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA+8Laps
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA271
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI194
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA172
425M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA146
599J・ロレンソDucati TeamDUCATI130
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA128
79D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI126
85J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA123
929アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI113
1042アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI102
1126D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA87
1243J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI74
1319A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI72
1453T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI35
1521F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA33
1641A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA32
1744P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM32
1855H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA28
1938B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM19
2030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA18
2145S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA12
2236M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI5
2451M・ピロDucati TeamDUCATI1
2512T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
266S・ブラドルHRC Honda TeamHONDA0
2710X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0
2881J・トーレスReale Avintia RacingDUCATI0
2950シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI0
3023C・ポンソンReale Avintia RacingDUCATI0