スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 MotoGP
Qatar MotoGP Official Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
ROUND19
2018 MotoGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2018年6月3日
MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝
場所:イタリア ムジェロサーキット

チームスズキエクスター、激戦のイタリアGPで揃ってトップ5フィニッシュ
• アンドレア・イアンノーネは最終ラップまで激しい表彰台争い
• アレックス・リンスは土曜の転倒による痛みと闘いながら、決勝ではトップグループを追い上げるハイペースで走行
• チームスズキエクスターは、揃ってトップ5フィニッシュの快走
青空が広がった日曜朝のムジェロサーキットは、例年通り早朝から観客たちの興奮に囲まれ、20分間のウォームアップ走行で再びセッショントップタイムを記録した母国ライダーのアンドレア・イアンノーネは、観客からの熱い声援に包まれる。チームメイトのアレックス・リンスは、土曜の転倒で痛めた肩の状態を確かめつつ、ウォームアップセッションを決勝に向けての最後の調整に費やし、どちらも午後2時にスタートする激戦に備える。

決勝はふたりのライダーが揃ってフロントミディアム、リヤハードのコンビネーションを選択。気温29℃、9万人を超える観客に包まれた決勝前のグリッドは観客の興奮でさらに暑さを増し、シグナルが消えてグリッドから一斉に飛び出したライダー達に観客の視線が釘付けになる中、チームスズキエクスターライダーのふたりはどちらも好スタートを決め、オープニングラップではイアンノーネ4番手、リンスが6番手につける。

数台の転倒があったレース序盤、イアンノーネ、リンス共に高い集中力で走行し、上位グループに滑り込む。マルケス(ホンダ)の転倒後、イアンノーネは3番手をキープして走行を続けるも、その後、後方から追い上げてきたロッシ(ヤマハ)とペトルッチ(ドゥカティ)との激しいバトルに。

レース中盤、イアンノーネはタイヤの摩耗を意識し、自らペースダウン。その間にイアンノーネをオーバーテイクし、リンスが4番手にポジションを上げる。チームスズキエクスターのペアはその後もランデブー走行を続け、終盤に順位を入れ替えて、イアンノーネ4位、リンス5位でチェッカーを受ける。表彰台獲得のチャンスは逃したものの、ふたり揃ってトップ5入りというポジティブな結果でイタリアGPを締めくくった。


河内 健 テクニカルマネージャー
「良いレース、良いファイトでした。アンドレアについては今週非常に安定して速かったので、我々としてはもう少し上を期待していたのは否めませんが、決勝での走りはとても良かったと思います。アレックスについては、今朝のウォームアップでは肩の痛みからまともに走れない状態だったので、そこから決勝で見せたあのパフォーマンスには、正直驚いています。非常に良い仕事をしてくれました。表彰台に届かなかったのは残念ですが、次のカタルニアでも引き続き表彰台へのチャレンジを続け、早く復帰2勝目を挙げたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今日は最初から最後までずっと上位での激しいバトルができましたし、表彰台にもあと一歩だったので、まずまずの結果だったと言うべきでしょう。今日のように常に上位でバトルができれば、チャンスは必ず巡ってきますからね。ふたりの決勝での素晴らしいパフォーマンスに本当に感謝しています。アンドレアはこのサーキットには自信があるはずなので、絶対に表彰台に上がろうという強い意思で最後まで攻めの走りをしていましたし、アレックスは昨日の転倒による体の痛みに苦戦しながらも、持っている力を全て出し切り、とにかく全力で走ってくれました。今日のようなバトルは我々をさらに強くしてくれると思いますし、次戦はアレックスの母国GPとなるカタルニアで、我々のマシンとも相性が良いサーキットなので、この好調を維持し、さらに上を目指していきたいと思います。」

アンドレア・イアンノーネ
「表彰台に乗れるように全ての力を出し切って頑張ったけど、一歩及ばなかったね。路面温度が相当上がっていたから、リアタイヤがグリップしなくて、ストレートの加速がうまくできずにタイムロスし、それをコーナーでリカバリーしようと思うから、かなりハードだったよ。でも今日のレースには満足しているよ。スタート直後はトップグループでレースするために全開で飛ばしたけど、終盤にタイヤがきつくなることは予想していたから、中盤はタイヤを温存するためにちょっとペースを調整したストラトジーもうまくいったと思うし、4位という結果には満足しているよ。まだいくつか小さな問題があるので、さらにセットアップを詰め、常に上位でレースできるようにしたいね。」

アレックス・リンス
「昨日の転倒で肩を強打し、痛みもあったし、あまり力が入らなかったから、まさかこんな結果を残せるなんて思っていなかったよ。レース中は肩のことは一切考えず、とにかくレースに集中するようにしていたんだ。5位という結果も嬉しいけど、高い路面温度でフロントがあまりグリップしない状態でどうやって走ればいいのかも理解できたし、学んだことがとても多かった。チームが今週も素晴らしい仕事をしてくれて、ほんとに感謝しているよ。肩の状態がまだ心配なので、明日バルセロナで再度検査をし、母国GPに向けて万全な体制を整えるようにするよ。」

MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
199J・ロレンソDucati TeamDUCATI41'43.230
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+6.370
346V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+6.629
429アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+7.885
542アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+7.907
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+9.120
79D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI+10.898
825M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA+11.060
919A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI+11.154
105J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+17.644
1144P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+20.256
1255H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA+22.435
1353T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI+22.464
1438B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM+22.495
1521F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA+26.644
1693M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+39.311
1710X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI+1'01.211
1830中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA5Laps
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA4Laps
DNF43J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI22Laps
DNF12T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA22Laps
DNF26D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA-
DNF17K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI-
DNF45S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA-
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA95
246V・ロッシMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA72
325M・ビニャーレスMovistar Yamaha MotoGPYAMAHA67
44A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI66
55J・ザルコMonster Yamaha Tech 3YAMAHA64
69D・ペトルッチAlma Pramac RacingDUCATI63
729アンドレア・イアンノーネTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI60
835C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA56
943J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI49
1099J・ロレンソDucati TeamDUCATI41
1142アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI33
1226D・ペドロサRepsol Honda TeamHONDA29
1353T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI27
1444P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM23
1519A・バウティスタAngel Nieto TeamDUCATI19
1655H・シャーリンMonster Yamaha Tech 3YAMAHA17
1721F・モルビデッリEG 0,0 Marc VDSHONDA17
1841A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA13
1930中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA10
2038B・スミスRed Bull KTM Factory RacingKTM7
2136M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM6
2245S・レディングAprilia Racing Team GresiniAPRILIA5
2317K・アブラハムAngel Nieto TeamDUCATI1
2412T・ルティEG 0,0 Marc VDSHONDA0
2510X・シメオンReale Avintia RacingDUCATI0