スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2015 MotoGP
モータースポーツファン感謝デー
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
プレシーズンテスト in カタール
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2015 MotoGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2015年4月19日
MotoGP 第3戦 アルゼンチンGP
場所:アルゼンチン サンティアゴ アウトドローモ・テルマス・テ・リオ・オンド

モトGP第3戦、アレイシ・エスパルガロ7位、マーベリック・ビニャーレスは10位、
前回に続きチームスズキエクスターの両ライダーがトップ10フィニッシュ、ランキングもトップ10入り。
ROUND3
MotoGP第3戦がアルゼンチン サンティアゴ・デル・エステロ州のアウトドローモ・テルマス・テ・リオ・オンドで開催され、4月19日に決勝がおこなわれた。結果はエスパルガロ7位、ビニャーレス10位と、第2戦に続く両者トップ10フィニッシュで、GSX-RRのセッティングが順調に進んでいることを示した。

決勝を迎えるまでのレースウィークでフリープラクティス4回と公式予選に関し、両ライダーは順調に取り組んだ。エスパルガロはフリープラクティスで1番タイムを刻み、公式予選を2位通過、今季初のフロントロースタートを獲得。一方のビニャーレスも、今季初の公式予選2に直接進出で成長をアピール。チーム全体と日本の開発陣の取り組みが、着実な成果となって現れている。

開幕からアジア、北南米での3戦を終え、MotoGPは第4戦よりヨーロッパラウンドへと突入する。次戦の決勝は5月3日、スペインのヘレスサーキットでおこなわれる。

ROUND3 ROUND3
ROUND3 ROUND3

アレイシ・エスパルガロ

「タフなレースでした。フロントローからのスタートにもかかわらず7位フィニッシュは期待に応えられない成績で、残念です。序盤からリアのチャタリングが気になり、やはりこの改善が課題です。上位を狙っていたので7位では納得がいきませんが、エンジニアたちにたくさんのフィードバックを伝えたので、問題を改善してもらって、ヨーロッパラウンドに臨みたいです。今のところ、我々のふさわしい位置から離れすぎていますから。」

マーベリック・ビニャーレス

「今回は公式予選2に直接進出ができたこともあり、これまでよりもさらに上位を目指して走りました。決勝レースの序盤にタイヤのフィーリングが今ひとつだったために思いきり攻めていけず、その後タイヤが消耗するにつれて段々と接地感が良くなっていき、終盤になってトップと変わらないラップタイムを出すことができました。勿論タイヤだけでなく、マシン全体が良くなってペースが上がったことも大きな要因です。公式予選とレースに向けてのセットアップをもっと改善する必要があります。今日は前回のレースから続けてトップ10フィニッシュができて良かったです。」

寺田 覚チームディレクター

「復帰3戦目を終えて、ポジティブな部分とネガティブな部分、両方の要素があります。チャタリングの課題は残っており、前回のオースチンと今回のアルゼンチンでその改善を検討していますが、まだレースに十分な解決には至っていません。日本にいる開発スタッフもすでに我々のデータとフィードバックを把握しており、次のヘレスに向けて更に改善に取り組みます。この週末は、アレイシが公式予選を2位通過し、マーベリックは初めて公式予選2に直接進出するなど、喜ばしいこともありました。これらは、我々の取り組みが徐々に具体的な成果を出しているといえるでしょう。一生懸命走ってくれた両ライダーと今回のチームスタッフ、そして日本にいる開発部門のサポートに感謝します。マシン開発のプロジェクトが順調であることを証明する結果となりました。これからもさらに戦闘的なマシン作りを目指しますが、総合的なマシンポテンシャルには自信を持っています。」

MotoGP
1バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)41'35.644
2アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+5.685
3カル・クラッチロー(ホンダ)+8.298
7アレイシ・エスパルガロ(スズキ)+24.333
10マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+34.808

MotoGP
1バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)66pt
2アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)60pt
3アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)40pt
8アレイシ・エスパルガロ(スズキ)22pt
10マーベリック・ビニャーレス(スズキ)15pt

MotoGP
1ヤマハ66pt
2ドゥカティ60pt
3ホンダ52pt
4スズキ22pt