スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年8月20日
MotoGP第11戦チェコGP 公式予選
場所:ブルノサーキット

スズキ・エクスター、エスパルガロが渾身の走りでセカンドロースタート
ROUND11
オーストリアGPフリー走行転倒による左手中指骨折からわずか1週間にも関わらず、チェコGP予選ではエスパルガロが力強い走りを見せ、4番手、セカンドローを獲得。セッション終了間際に、惜しくもフロントロー獲得のチャンスを獲り逃すも、今シーズンベストの走りを披露。午前のフリー走行では共に好調な走りで、ビニャーレス4位、エスパルガロ6位と、揃ってQ2にストレート入り。午後のフリー走行ではそれぞれのライダーが様々なセットアップを試し、決勝グリッドを決定する、最後の15分の予選に向け、万全な調整を行った。Q2残り7分では、ビニャーレスが6番手でエスパルガロを上回っていたものの、残り1分でエスパルガロが3位にジャンプイン。しかしその後、僅か0.097差で、惜しくもフロントローを他車に譲り渡すこととなった。一方ビニャーレスは、タイヤを交換して挑んだ2度目のタイムアタック中に、マシンにテクニカルな問題が生じたため、タイムアップができず、8番手に留まることとなる。

ROUND11 ROUND11
ROUND11 ROUND11

アレイシ・エスパルガロ

セッションを重ねる毎にフィーリングがどんどん良くなり、僕たちの仕事にとても満足しているよ。午前の走行では手の痛みが酷くて、午後の走行が心配だったんだけど、なぜか午後は痛みを全く感じなかった。自分でも驚いているんだ。まだ痛み止めは飲んでいるけど、気温が上がると、痛みが少し和らぐみたいだね。午後のフリー走行では、レース終盤を考慮し、スピンを減らすための解決策を見つけようと、いろいろなセットアップを試したんだ。全ライダーが、レース終盤は多かれ少なかれ同じ状況になるはずだから、少しでもそこにアドバンテージを持っていることが勝負の鍵になると思っている。今シーズン、あまりツキに味方されていないので、明日こそ良い結果で終わりたいね。僕のチームは本当に素晴らしい仕事をしてくれているので、彼らと、そしてスズキのためにも、シーズン最後まで全力で頑張り、残りのレースを常にトップ6でゴールしたいと思っているよ。

マーベリック・ビニャーレス

予選の結果は残念だったものの、今週末全体の流れはとてもポジティブなものだと思っているよ。今朝のセットアップではマシンのフィーリングがかなり良くなったし、FP4で試したレースペースも安定していた。予選2度目のタイムアタックの際、新品タイヤでコースアウトしたんだけど、フロントブレーキがうまく機能せず、タイムアップのチャンスを逃してしまった。好調だっただけに、とても残念だけど、起きてしまったことは仕方ない。決勝はタフなレースになると思うけど、まだまだリカバリーのチャンスはあるはずなので、諦めず、全力で頑張るのみだよ。

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

手の怪我の回復が100%の状態でないアレイシは、そんな状況下にも関わらず、昨日、今日と、本当に頑張ってくれたと思う。セッション毎に良くなっていくので、明日の決勝にも期待がかかるけれど、レースは長丁場となるので、手の状態が気になるところだ。マーベリックも相変わらず好調を維持している。今日も、予選でのトラブルさえなければ、間違いなくもっと上位に行くことができただろう。決勝に向けてのセットアップはかなりまとまっているので、明日に期待したい。一番心配なのは天候だよ。明日雨が降ったら、すべてリセットとなるだろう。

公式予選結果
1M・マルケス(ホンダ)1'54.596
2J・ロレンソ(ヤマハ)1'54.849
3A・イアンノーネ(ドゥカティ)1'55.227
4アレイシ・エスパルガロ(スズキ)1'55.324
5H・バーベラ(ドゥカティ)1'55.437
8マーベリック・ビニャーレス(スズキ)1'55.787