スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2017年9月9日
MotoGP 第13戦 サンマリノGP 予選
場所:サンマリノ ミサノワールドサーキット/マルコ・シモンチェリ

サンマリノGP予選は、リンス20番手、イアンノーネ21番手と苦戦
r13
晴天に恵まれ、澄んだ青空のもとで行われたサンマリノGP予選は、アレックス・リンス20番手、アンドレア・イアンノーネ21番手と、どちらも予想外の苦戦を強いられる結果となった。

午前のFP3ではリンスが昨日のタイムを更新したものの、フロントのフィーリングに問題を抱え、18番手にポジションアップしたところで終了。同じ問題を抱えていたイアンノーネは、FP3でタイムアップができず、セッション終了間際にポジションダウンし、僅差でQ2圏外となり、どちらもQ1でのアタックチャンスに賭けることとなった。今回チームは剛性の高いシャーシを新たに投入したが、優位点を生かしきれず、タイムアップには繋げられず、悔しい敗退となった。

r13 r13
   
r13 r13

アレックス・リンス
「いつも通りにチームの皆も自分自身もベストを尽くして頑張っているんだけど、今週はなんだかぜんぜん思い通りにいかないんだ。どうしたらタイムアップできるのかが分からず、ただただ苦戦しているよ。もちろん最後まで諦めずに、明日の朝のウォームアップで出来る限りのことをやって、少しでも良い状態で決勝に臨めるようにするけど、どうやら天気予報では明日は雨っぽいね。」

アンドレア・イアンノーネ
「正直、自分でもどうしてこんな状況なのかさっぱり分からないんだ。まったく思うように乗れないし、本来の走りが出来ていない。今年はずっとこんな状態が続いているよ。すぐそこまで見えている感じはあるんだけど、結果に繋げることができない。もう一度エンジニア達とよく話し合って、少しでも先に進まなくちゃいけないね。どこかに決定的な大きな問題を抱えているわけじゃなくて、多分あちこちにちょっとずつ問題があるんじゃないかと思うんだ。今回新しいシャーシを試し、多少進歩はあったんだけど、まだまだ求めているところに行きついていない。でもとにかく今は辛抱して、できることを全力でやっていくよ。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今日は我々チームにとって、かなり厳しい予選となりましたね。このサーキットと我々のマシンの相性があまり良くないのはある程度覚悟していましたが、思った以上に苦戦を強いられました。アレックスはライダーとして着実に進歩していると思いますが、まだ安定して結果を残すことが難しいようです。アンドレアは、本来レース後のテストで試すことを予定していた新しいシャーシを前倒しで試し、貴重なフィードバックを得ることができたものの、残念ながらタイムに繋げることはできませんでした。明日の決勝はアレックス20番手、アンドレア21番手と、かなり後方からのスタートとなるので、とにかくひとつでも前のポジションに行けるよう、追い上げレースに期待します。決勝で彼らが少しでも良い状態で走れるよう、今晩中に明日に向けての対策を施さなくてはなりません。」

予選結果
順位ライダー予選タイム
1M・ビニャーレス(ヤマハ)1'32.439
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)1'32.601
3M・マルケス(ホンダ)1'32.636
4C・クラッチロー(ホンダ)1'32.768
5J・ロレンソ(ドゥカティ)1'32.792
6J・ザルコ(ヤマハ)1'32.885
7D・ペドロサ(ホンダ)1'32.992
8D・ペトルッチ(ドゥカティ)1'32.997
9A・エスパルガロ(アプリリア)1'33.149
10A・バウティスタ(ドゥカティ)1'33.417
20アレックス・リンス(スズキ)1'34.138 (Q1)
21アンドレア・イアンノーネ(スズキ)1'34.148 (Q1)