スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2017年8月13日
MotoGP 第11戦 オーストリアGP 決勝
場所:オーストリア レッドブルリンク

オーストリアGP決勝はイアンノーネ11位、リンス16位
r11
先週のチェコGPから連戦開催となったオーストリアGPは、イアンノーネがフリー走行、予選でポジティブなパフォーマンスを見せ、決勝に期待が掛かったが、決勝は予想以上のタフなレースとなり、11位でゴール。序盤はトップグループに食い込むアグレッシブな走りを見せるも、中盤からペースをキープできず、ポジションを落とし、我慢の走行に。チームメイトのリンスは、序盤のコースアウトにより一旦最後尾までポジションを落とすも、その後数台をオーバーテイクし、16位でチェッカー。イアンノーネ、リンス共に、悔しさの残る週末となった。

r11 r11
   
r11 r11

アンドレア・イアンノーネ <決勝11位>
「決勝の結果自体は良くなかったけど、この週末は前向きな要素も多かったし、トップとのギャップも縮めることができたから、全体的にはポジティブなウィークだったよ。決勝はタイヤが消耗してからは、また苦戦するだろうと予測がついていたけど、予選やフリー走行ではトップタイムと僅差だったし、今週はGSX-RRのポジティブなパフォーマンスを見せることができたと思うんだ。まだまだ改善されるべきことはたくさんあるし、必ず改善されるだろうとは思っているけど、そのためには努力を続ける必要がある。でもスズキのエンジニアやチームスタッフが一緒に頑張ってくれているから、僕もベストを尽くすのみさ。この2戦で色々確認できたことも多かったから、このフィードバックが必ず今後のレースに役に立つはずだし、決勝でのタイヤマネージメントも、制御系やシャーシのセットアップで、まだまだ良くしていくことができると思っている。少なくともブレーキングに関しては以前よりかなり良くなったし、レース毎に進歩していることは確かだからね。」

アレックス・リンス <決勝16位>
「決勝はあまりうまくいかなかったよ。スタートは悪くなかったんだけど、大勢のライダーの中に埋もれてしまって、順位を落としてしまった。その後、他車にぶつけられてコースアウトしたために、その遅れを取り戻すためにプッシュしすぎて、タイヤをうまく温存できなかったんだ。数台オーバーテイクするのが精一杯だったけど、とにかく決勝をきっちり完走することができたことで、色々なデータを得ることができた。このサーキットは思った以上に苦労し、期待した結果を残せなかったけど、この週末に得た成果は大きかったので、これをまた次に繋げていけるようにするよ。」

河内 健 テクニカルマネージャー
「チェコGP後に1日テストを行い、そこで試したアイテムがアンドレア、アレックス共に好結果だったので、正直、ここレッドブルリンクではもう少し上を期待していました。アンドレアは出だしも良く、レースタイヤでも良いペースで周回できていたので、決勝に期待していたのですが、残念ながら期待より低い結果で終わってしまいました。まだ色々と問題があることが明らかになったので、引き続き改善を続けていきます。アレックスは今週ずっと苦戦気味で、徐々にペースは上がってきてはいたのですが、もう一歩上まで上げることができませんでした。これも勉強だと思い、このデータを次に繋げていくようにします。次戦イギリスGPは、私たちが昨年初優勝を遂げたシルバーストーンなので、開発を継続し、少しでも良い結果を出せるように頑張りたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今週末は、タフなレースになるであろうことは予想しましたが、金曜のスタートがさほど悪くなかったので、正直もう少し上の結果を期待していました。決勝はトップグループでレースが出来るかも知れないと期待を持ちましたが、逆に、まだまだ足りない部分が明白になりました、しかしながら、アンドレアはこれまでのレースと比較すると、かなりマシンのフィーリングが良くなっていましたし、決勝ではトップ10には入れなかったものの、方向性がかなり見えたので、今後さらに改善を続けていきたいと思っています。アレックスはスタート直後の1コーナーで他車と接触があり、コースアウトしてしまったために、我慢を強いられる追い上げレースとなってしまいましたが、彼にとっては学ぶべきことが多かったレースだったのではないかと思います。レースは決勝の結果が全てですが、彼にとってはまだ成長の過程なので、ひとつひとつのレースが次のステージへのステップになるでしょう。次戦シルバーストーンは、昨年我々が強いレースを見せることができたサーキットなので、今年もポジティブなレースにしたいですね。」

決勝結果
順位ライダーTime/Gap
1A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)39'43.323
2M・マルケス(ホンダ)+0.176
3D・ペドロサ(ホンダ)+2.661
4J・ロレンソ(ドゥカティ)+6.663
5J・ザルコ(ヤマハ)+7.262
6M・ビニャーレス(ヤマハ)+7.447
7V・ロッシ(ヤマハ)+8.995
8A・バウティスタ(ドゥカティ)+14.515
9L・バス(ドゥカティ)+19.620
10M・カリオ(KTM)+19.766
11アンドレア・イアンノーネ(スズキ)+20.101
16アレックス・リンス(スズキ)+32.912
ポイントランキング
順位ライダーポイント
1M・マルケス(ホンダ)174
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)158
3M・ビニャーレス(ヤマハ)150
4V・ロッシ(ヤマハ)141
5D・ペドロサ(ホンダ)139
6J・ザルコ(ヤマハ)99
7J・ロレンソ(ドゥカティ)79
8J・フォルガー(ヤマハ)77
9C・クラッチロー(ホンダ)76
10D・ペトルッチ(ドゥカティ)75
16アンドレア・イアンノーネ(スズキ)33
21アレックス・リンス(スズキ)12
26シルバン・ギントーリ(スズキ)1