スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2017年3月26日
MotoGP 第1戦 カタールGP 決勝
場所:カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット

リンスがMotoGPデビューレースで9位フィニッシュ。イアンノーネは転倒リタイヤ。
ROUND1
新しいライダーふたりを迎えての初レースとなった開幕戦カタールGPは、チームスズキエクスターにとって、陽陰入り混じる結果となった。MotoGPルーキーのリンスは、最高峰クラスでのデビューレースで9位フィニッシュと大健闘。しかし、チームメイトのイアンノーネは、トップグループで快走を見せるも、転倒を喫し、痛恨のリタイヤとなった。

決勝直前に降り出した雨の影響により、決勝スタートは45分のディレイ。2周のウォームアップラップでコースの安全を確認した後、レーススタート。18 番手グリッドからスタートしたリンスは、スタートを決め、1コーナーで12番手までポジションアップ。終始安定した走りを見せ、最終ラップ最終コーナーでさらにひとりをオーバーテイクし、シングルフィニッシュとなり、同時にルーキー・オブ・ザ・イヤーのトップランカーとなった。リンス同様、素晴らしいスタートで2番手グリッドからホールショットを決めたイアンノーネは、攻めの走りでトップグループを死守。レース中盤に転倒を喫し、結果はリタイヤとなるも、GSX-RRの進化を証明すると共に、今後のレースへの大きな期待をもたらせた。

ROUND1 ROUND1
ROUND1 ROUND1

アレックス・リンス <決勝9位>

「今日のレースで学んだことは本当に多く、素晴らしい経験になったと思う。テストやフリー走行の時以上に、レースでは学ぶことが多かったね。スタートはうまく決まったんだけど、MotoGPのレース経験がない分、速いライダー達をオーバーテイクするのは容易じゃなかった。バイクは間違いなくトップ10をコンスタントに狙える戦闘力を持っていると思うから、次戦では予選のポジションを上げ、少しでも前からスタートできるよう頑張るよ。」

アンドレア・イアンノーネ <決勝DNF>

「ポジティブなレースだったのに、転倒してしまったせいで結果を残すことができず、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいだよ。テストからレースウィークにかけ、マシンはかなり進化したけど、まだフィーリングは完璧とは言えない。でもまだまだ改善の余地はたくさんあるから、引き続き色々とトライしていくよ。今日の転倒は他車と接触したせいで、これは完全に自分のミスだった。まだ余力があったから、大きなチャンスを逃してしまったことが本当に悔やまれるよ。今日みたいなミスは、今シーズン、これが最初で最後にしなくちゃね。スズキが僕を信頼してくれ、素晴らしいマシンを作ってくれているのだから、早く結果を出して皆にお返ししたいんだ。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「良いことと悪いことが半々の結果でした。アンドレアの転倒は本当に残念でしたが、一方、テストで苦戦していたのが、この週末で大きく進化することができ、決勝でも転倒するまではポジティブなパフォーマンスを見せてくれたので、ライダーの頑張りに感謝しています。アレックスに関しては、MotoGPデビューレースにも関わらず、非常に安定した走りで、トップ10入りを果たしてくれました。とても良い仕事をしてくれたと思っています。この週末はふたりのライダーから色々なことを学べたと思うので、このデータを活かして、さらに上を目指していきます。次戦ではアンドレア、アレックスが共に上位フィニッシュできるよう、我々も全力で開発を続けていきます。」

決勝結果
順位ライダーTime/Gap
1M・ビニャーレス(ヤマハ)38'59.999
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+0.461
3V・ロッシ(ヤマハ)+1.928
4M・マルケス(ホンダ)+6.745
5D・ペドロサ(ホンダ)+7.128
6A・エスパルガロ(アプリリア)+7.661
7S・レディング(ドゥカティ)+9.782
8J・ミラー(ホンダ)+14.486
9アレックス・リンス(スズキ)+14.788
10J・フォルガー(ヤマハ)+15.069
DNFアンドレア・イアンノーネ(スズキ)10Laps
ポイントランキング
順位ライダーポイント
1M・ビニャーレス(ヤマハ)25
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)20
3V・ロッシ(ヤマハ)16
4M・マルケス(ホンダ)13
5D・ペドロサ(ホンダ)11
6A・エスパルガロ(アプリリア)10
7S・レディング(ドゥカティ)9
8J・ミラー(ホンダ)8
9アレックス・リンス(スズキ)7
10J・フォルガー(ヤマハ)6