スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2017年4月23日
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 決勝
場所:アメリカ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

アメリカズGPでイアンノーネが7位、シーズン初ポイント
ROUND3
2017年シーズン開幕3戦目のアメリカズGPは、11番手グリッドから決勝をスタートしたイアンノーネが、中盤から激しい追い上げを見せ、7位でゴール。チームスズキエクスターに、待ちに待った初ポイントをもたらせた。

1日中低い雲に覆われ、気温が上がらなかった昨日からは打って変わり、決勝日は朝から快晴。セットアップの変更により、朝のウォームアップの感触は良く、決勝への期待を繋ぐ。決勝序盤はレースペースをうまくキープできず、予選グリッドポジション近辺で数台とバトルを続けたイアンノーネだったが、中盤以降からは大きくペースアップし、トップ5に並ぶラップタイムを安定して刻みながら、果敢な走りを見せた。

ROUND3 ROUND3

アンドレア・イアンノーネ <決勝7位>

「決勝序盤にペースを上げられなかったことは、今後に向けての改善すべき問題点だったけど、とにかく今日は、やっと自分らしい走りができたことを喜ぶべきだろうね。スタートから5周目くらいまでペースを上げることができず、そこで6—7秒ロスしてしまったために、7位までポジションアップするのが精一杯だったよ。でも久しぶりに攻めの走りができた。次のスペインGP後にはテストも予定していて、いくつか新しいパーツも試すことになっている。レースウィークにできることは限られているので、このテストをうまく活用して、次のステップに進みたいね。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「私たちにとっては、非常にバッドラックな週末でした。アレックスはフリー走行での転倒により怪我を負ってしまい、決勝を欠場せざるを得なくなってしまいましたし、アンドレアも今週末は数回転倒を喫してしまったせいで、なかなかマシンのセッティングをまとめることができませんでした。しかしそんな不完全な中でも、アンドレアは決勝で我慢しながら、パーフェクトな仕事をしてくれました。これが私たちチームにとってのアンドレアからの初めてのポイントなので、やっとシーズンが始まったという感じです。これからレース毎にさらにマシンを良くしていって、早くパーフェクトな状態でアンドレアにレースをしてもらい、一戦でも早く、また表彰台に戻りたいと思っています。今後とも応援よろしくお願いします。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

「今日はポジティブな結果だったと言っていいでしょう。決勝序盤は、アンドレアがうまくペースを掴めず、苦戦していたようだったのですが、中盤からは大きくペースアップし、素晴らしい追い上げを見せてくれました。カタール、アルゼンチンと、開幕から2戦はどちらも転倒によってノーポイントで終わっていたので、ライダーもチームも、とにかく今回は必ず完走することを絶対目標にしていましたし、今日の結果により、今後の流れが大きく変わっていくと信じています。今週が我々にとっての本当のスタートだと思い、これから始まるヨーロッパラウンドに向け、このオーバーシーズの3戦の経験をしっかり繋げていくようにしたいと思っています。」

決勝結果
順位ライダーTime/Gap
1M・マルケス(ホンダ)43'58.770
2V・ロッシ(ヤマハ)+3.069
3D・ペドロサ(ホンダ)+5.112
4C・クラッチロー(ホンダ)+7.638
5J・ザルコ(ヤマハ)+7.957
6A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+14.058
7アンドレア・イアンノーネ(スズキ)+15.491
8D・ペトルッチ(ドゥカティ)+16.772
9J・ロレンソ(ドゥカティ)+17.979
10J・ミラー(ホンダ)+18.494
ポイントランキング
順位ライダーポイント
1V・ロッシ(ヤマハ)56
2M・ビニャーレス(ヤマハ)50
3M・マルケス(ホンダ)38
4A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)30
5C・クラッチロー(ホンダ)29
6D・ペドロサ(ホンダ)27
7J・ザルコ(ヤマハ)22
8J・フォルガー(ヤマハ)21
9S・レディング(ドゥカティ)21
10J・ミラー(ホンダ)21
15アンドレア・イアンノーネ(スズキ)9
20アレックス・リンス(スズキ)7