スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2017年3月10日~3月12日
MotoGP カタール オフィシャルテスト
場所:カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット

チームスズキエクスター、カタール オフィシャルテスト終了。
ポジティブな成果を挙げ2週間後の開幕戦に臨む。
Qatar Test
開幕を2週間後に控えた3月10日~12日、MotoGPの最終オフィシャルテストが開幕戦カタールGPの開催地ロサイル・インターナショナル・サーキットでおこなわれた。

チームスズキエクスターのアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスは、3日間のテストにポジティブな取り組みで順調にGSX-RRのセッティングを進めた。イアンノーネは総合13番タイム、ルーキーのリンスは15番タイムを記録、共に開幕戦に向け闘志を燃やしている。

Qatar Test Qatar Test
Qatar Test Qatar Test

アンドレア・イアンノーネ

「今日(最終日)は全体的にはまあまあといった感じで、昨日までに比べると良くなりました。大切なのは毎日少しずつでも新しいことを学び、理解することです。今日は昨日よりも重要な事を理解できた最良の日でした。特に最終の3ラップで多くの点を改善でき、1分55秒台を出しながら今後のための方向性も見えました。それまでは55秒台のペースを保つのは難しかったので、嬉しかったです。まだ少し振動が気になるのと、第6コーナーの進入減速が思ったようにいかないのですが、重要な点は改善でき、ブレーキングについてもベターな感触を掴みました。」

アレックス・リンス

「この3日間で改善点を見つけ、解決に向けて取り組むというとても有意義なテストができました。初日と2日目はマシン性能を引き出してレースペースの向上を目指しましたが、最終日になってラップタイムだけでなくレースペースも良い感じになり、マシンパフォーマンスに満足しています。開幕に向けてさらに頑張らなくてはいけませんが、ここまでやるだけのことはやってきたし、バレンシアでの転倒を除いては順調なプレシーズンでした。マシンにも慣れてきて良いペースもつかんでいるし、チームのみんなの協力のおかげです。へレスでもっとテストができていれば、さらに収穫も大きかったのではと思います。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「毎年のようにカタールテストは、走行時間が短いことや開幕前の最後のテストであることから、やるべきことが非常に多く大変な状況を余儀なくされます。アレックスは、テストスケジュールを確実にこなして最後は大きく成長しました。デビューレースが楽しみです。アンドレアについてはテスト2日目まで苦戦していて、最終日も本来のペースをつかみきれずにいたようですが、最後にそれも解決しました。新しいセッティングでタイムアタックをする時間がなくベストラップにトライできなかったのは残念でしたが、改善の方向性が定まったので良いテストとなりました。開幕戦での両ライダーに期待しています。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

「セットアップに集中し、懸命に取り組んだカタールテストの3日間を、笑顔で終わることができました。アレックスもアンドレアもテストの最後は好調に走りました。アンドレアはリラックスした本来の走りも戻ってきて、アレックスも非常によく頑張り、良いペースでタイムを上げていました。タフな3日間でしたが収穫も大きかったと思います。開幕戦へ向けた取り組みはもちろん続きますが、現時点での態勢は整いました。プレシーズンに得たデータをより深く研究して、来たる開幕戦に臨みます。2週間後は再びこのサーキットで、今回のテスト結果を反映してフリープラクティスから良いタイムを出していきたいですね。いよいよモトGPの勝負のシーズンが始まります。」

カタール オフィシャルテスト結果(3日間総合)
1M・ビニャーレス(ヤマハ)1:54.330
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)1:54.401
3D・ペドロサ(ホンダ)1:54.469
4J・ロレンソ(ドゥカティ)1:54.519
5A・バウティスタ(ドゥカティ)1:54.714
6V・ロッシ(ヤマハ)1:54.732
7S・レディング(ドゥカティ)1:54.750
8J・フォルガー(ヤマハ)1:54.807
9C・クラッチロー(ホンダ)1:54.821
10J・ザルコ(ヤマハ)1:54.900
13アンドレア・イアンノーネ(スズキ)1:55.284
15アレックス・リンス(スズキ)1:55.362