スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年4月23日
MotoGP 第4戦 スペインGP 公式予選
場所:スペイン サーキット・デ・ヘレス

ビニャーレス、エスパルガロ、共にセカンドローから初表彰台を目指す
ROUND4
開幕から3戦を終え、2016年MotoGPチャンピオンシップは、いよいよ舞台を本場ヨーロッパに移し、これから第14戦アラゴンGPまで、ヨーロッパ大陸の転戦が続く。第4戦スペインGP・ヘレスは、MotoGPで最も人気のあるサーキットのひとつ。そしてチームスズキエクスターライダーのマーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロにとっては、最初の自国グランプリでもあり、ふたり揃って、初日から気合の入った走りを繰り広げた。

土曜の予選Q2では、セッション終盤まで11番手に留まっていたビニャーレスだが、ラストラップにベストラップ1’39.581を記録し、一気に5番手に浮上。同様にアレイシも、自身のQ2ファイナルラップでベストラップ1’39.588と、僅差でビニャーレスには及ばなかったものの、ふたり揃ってセカンドローを獲得した。共にコンスタントなレースペースも掴めており、今年初の自国GPでの表彰台に期待がかかる。

ROUND4 ROUND4
ROUND4 ROUND4

マーベリック・ビニャーレス 予選5番手

「予選結果は決して悪くないとは思うが、まだまだ課題は多い。ウィーク中ずっと良いフィーリングだったが、今回もまた、予選で同じフィーリングが得られず、最後のタイムアタックは賭け同然のものだった。トップ3のタイムは確かに速かったが、リアのグリップとトラクションが上がれば、自分にもフロントロー獲得は可能だったと思う。レースペースは掴めているので、明日のレースではスタートで前に出て、最後までトップグループの中で闘うことが目標だ。」

アレイシ・エスパルガロ 予選6番手

「チームの努力のお陰で、やっと自分らしい走りと、自信を取り戻すことができ、スタッフには本当に感謝している。ただ、ウィークを通して、リアのソフトタイヤでは攻めることができず、その部分ではかなり苦戦を強いられた。が、逆に考えれば、ハードタイヤで6番手であったことはポジティブな要素でもある。レースペースのシミュレーションもできているし、ラップタイムもかなりコンスタントなので、明日のレースではスタートから攻め、トップグループに食いついていくつもりだ。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

「ふたりのライダーが揃ってストレートにQ2進出でき、今日の予選は非常にスムーズで、良い流れだったと思う。特にマーベリックはウィークを通して、常にコンスタントに良いペースで走行しているので、レースにも大きな期待が持てる。Q2セッション前半に良いフィーリングを得ることができず、ヒヤっとした場面もあったが、セッション最後にはきっちり2列目にジャンプアップし、素晴らしい仕事をしてくれた。開幕から良いセッティングが決まらず、葛藤の続いていたアレイシも、チームと自身の努力によって本来の速さと自信を取り戻し、今日はそれを証明する力強い走りを見せてくれた。明日のレースが、ふたりにとって大きなステップになってくれれば嬉しい。」

公式予選結果
1V・ロッシ(ヤマハ)1'38.736
2J・ロレンソ(ヤマハ)1'38.858
3M・マルケス(ホンダ)1'38.891
4A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)1'39.580
5マーベリック・ビニャーレス(スズキ)1'39.581
6アレイシ・エスパルガロ(スズキ)1'39.588