スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年10月23日
MotoGP 第16戦 オーストラリアGP 決勝
場所:オーストラリア フィリップアイランドサーキット

ビニャーレス、オーストラリアGPでセンセーショナルなポディウム!
ROUND16
2日間降り続いた雨が上がり、青空の下で迎えたオーストラリアGP決勝は、ビニャーレスが激走を見せ、日本GPに続く3位表彰台を獲得。レース終盤はチームメイトのエスパルガロとスリリングな3番手争いを繰り広げたものの、エスパルガロは残り5周で痛恨のスリップダウンを喫し、悔しいリタイヤとなった。

この週末初めてドライの路面で走ることになった決勝日ウォームアップは、通常より10分間延長され、スズキエクスターライダーのふたりは、どちらもポジティブなフィーリングで好タイムをマーク。決勝スタート後は、エスパルガロが4番手から3番手に順位を上げ、そのまま快走を続け、ポジションを維持。ビニャーレスは後列13番手からのスタートだったため、他車のオーバーテイクに時間を要したものの、残り9周で3番手争いのチームメイトのエスパルガロ、ドゥカティのドビツィオーゾに追いつき、しばらく3人の激しい3番手争いが続く。エスパルガロの転倒により4番手にポジションアップしたビニャーレスは、その後ドビツィオーゾをオーバーテイクし、さらに差を広げ、この争いを制した。ビニャーレスは、先週末の日本GPもてぎに続く2戦連続の3位表彰台獲得となった。

ROUND16 ROUND16
ROUND16 ROUND16

マーベリック・ビニャーレス <予選13番手、決勝3位>

「今日の表彰台は本当に嬉しかった。この週末は天候が安定しなくてハードな週末だったけど、今朝起きて、外が晴れているのを確認した時、気持ちがすっかり切り替わったよ。ドライコンディションでセットアップする時間はわずかしかなかったけど、その短時間で良いセッティングが決まり、タイヤの選択も上手くいった。タイヤのフィーリングをテストする機会がなかったから、スタート直後は特にフロントタイヤのパフォーマンスを確かめるために、ペースを上げすぎず、慎重に行ったんだけど、2-3周走ってみて、大丈夫だと確信できたから、その後は自信を持って攻めることができたよ。アレイシの転倒は本当に残念だった。僕らは今日ふたりとも良いペースで走れていたから、共にチャンスがあったはずなんだ。もう少し3位グループに追いつくのが早かったら、今日は2位も狙えたと思うよ。タフな週末だったけど、チームが本当に素晴らしい仕事をしてくれ、感謝の気持ちでいっぱいさ。」

アレイシ・エスパルガロ <予選4番手、決勝リタイヤ>

「本当に残念で、チームの皆に申し訳ない気持ちでいっぱいだよ。もてぎ同様、今日はふたり共表彰台のチャンスが十分あったからね。ペース的には2位争いも可能だったと思うんだけど、ストレートで毎周オーバーテイクされるので、うまく自分のリズムで走れず、チャンスを逃してしまった。ドライコンディションで走行できたのは、今朝の短い時間だけだったので、ウォームアップで試してなかったハードのフロントタイヤを決勝で使うというギャンブルに出たんだ。でもそれが吉となった。もちろんチームが決勝に向けて、マシンのアジャストをしてくれたことが、一番の助けになったけどね。次戦マレーシアは僕の好きなサーキットなので、チームのためにも、僕自身のためにも、必ずリベンジするよ。ここ数戦、僕らのパフォーマンスは安定して良くなっているので、必ずできるはずさ。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「非常にタフな週末でした。まともなコンディションで走行できたのが日曜日朝の30分だけという状況で、マーベリックはそのコンディションのせいで13番グリッドという、かなり後方からの追い上げを強いられたのですが、そこから表彰台獲得という、素晴らしい仕事を成し遂げてくれました。アレイシも今週末は非常にコンペティティブで、決勝でもアグレッシブに表彰台争いをしてくれたので、転倒という結果に終わってしまい、本当に残念です。しかし今週末はふたりのライダーが共にコンペティティブなレースを見せてくれ、どちらも素晴らしい仕事をしてくれたので、ふたりに感謝の気持ちを伝えたいと思います。この勢いで3連戦の最後となるセパンを乗り切り、最終戦に向かいたいと思います。」

MotoGP
1C・クラッチロー(ホンダ)40'48.543
2V・ロッシ(ヤマハ)+4.218
3マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+5.309
4A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+9.157
5P・エスパルガロ(ヤマハ)+14.299
DNFアレイシ・エスパルガロ(スズキ)+5Laps

MotoGP
1M・マルケス(ホンダ)273
2V・ロッシ(ヤマハ)216
3J・ロレンソ(ヤマハ)192
4マーベリック・ビニャーレス(スズキ)181
5D・ペドロサ(ホンダ)155
11アレイシ・エスパルガロ(スズキ)82

MotoGP
1ホンダ341
2ヤマハ308
3ドゥカティ220
4スズキ187
5アプリリア86