スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年7月17日
MotoGP 第9戦 ドイツGP 決勝
場所:ドイツ ザクセンリンク

再びの試練となった、ミックスコンディションのザクセンリンク
ROUND9
チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパルガロは、MotoGP第9戦の舞台となったザクセンリンク決勝で、厳しいコースコンディションに翻弄されるも、貴重なポイントを獲得。

レースはウェット宣告でスタート。しかし雨が上がるとともにレースラインが急速に乾き出し、残り周回数9周で、共にピットイン。ソフトタイヤで再びコースインし、そこから追い上げを目指すも、前のグループに届くことなく、ビニャーレス12位、エスパルガロ14位でチェッカーを受けた。

路面が完全に濡れている状態ながら、スタートではアグレッシッブに攻め、ジャンプアップを目指したエクスターライダーの二人だが、その後、周回数を重ねる毎に徐々にペースダウン。雨が上がり、路面が乾き始めてからは再びペースを取り戻し、巻き返しを図り始めたものの、残り周回数があと約3分の1というところで共にピットインをし、再びコースに戻る。最後まで果敢にアタックを続けるものの、前半でロスしたギャップを埋めることができないまま、レースは終了となった。

ROUND9 ROUND9
ROUND9 ROUND9

マーベリック・ビニャーレス <予選6番手、決勝12位>

「とても厳しいレースだったし、残念な結果だった。まだまだウェットコンディションのセットアップには課題が山盛りだということが明らかになった感じだよ。とにかくトラクション不足が現状の一番の問題で、今日のようなコンディションでは、全くアクセルを開けることができないんだ。ドライコンディションでも同様の問題が全くないわけじゃないけど、ドライの時には、自らライディングを変えて、ある程度の調整ができる。ウェットだとそれができず、問題が大きくなる一方で、どうにもならないんだ。僕らのマシンは、パッケージとしてかなりまとまってきているけど、この問題のせいで、これ以上の結果につなげられていないというのが現状なんだ。スズキのエンジニア達が懸命に解決策を探そうとしてくれているので、1日も早く、良いアイデアを見つけてくれるよう、心から願っているよ。」

アレイシ・エスパルガロ <予選8番手、決勝14位>

「今日のレースは本当にハードだった。トラクション不足により、アクセルを思うように開けられないことが一番の問題なんだ。今朝のウォームアップではトラクションコントロールが弱すぎて、タイヤがスピンしてしまっていたので、決勝では少し強めにセッティングしたんだけど、それがネガに働き、決勝ではパワーがカットされすぎてしまった。チームとしても、そのあたりの電子制御系をもう少ししっかりと煮詰めていく必要があると思う。マシン自体はかなり進化していると思うけど、電子制御に関しては、まだまだ解明できていないことが沢山あるので、今後の一番のテーマだね。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「今日は非常に残念な結果となってしまいました。アッセンで、同じようなシチュエーションで苦戦し、その後時間があったので、その間にできることはやって、今回持ち込んでトライしたつもりなのですが、まだ十分に機能していなかったようで、結果としてはあまり変わりませんでした。問題点はクリアに見えているので、サマーブレイクを利用し、その部分をしっかり解析して対策を持ち込み、後半戦ではどんなコンディションでも他車と互角に戦えるようにしていきたいと思っています。」

MotoGP
1M・マルケス(ホンダ)47'03.239
2C・クラッチロー(ホンダ)+9.857
3A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+11.613
4S・レディング(ドゥカティ)+11.992
5A・イアンノーネ(ドゥカティ)+22.755
12マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+42.158
14アレイシ・エスパルガロ(スズキ)+1'06.091

MotoGP
1M・マルケス(ホンダ)170
2J・ロレンソ(ヤマハ)122
3V・ロッシ(ヤマハ)111
4D・ペドロサ(ホンダ)96
5マーベリック・ビニャーレス(スズキ)83
11アレイシ・エスパルガロ(スズキ)51

MotoGP
1ヤマハ186
2ホンダ185
3ドゥカティ124
4スズキ89
5アプリリア51