スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 MotoGP
Sepang Test
PHILLIP ISLAND Test
Qatar Test
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2017 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年6月26日
MotoGP 第8戦 オランダGP 決勝
場所:オランダ TTアッセンサーキット

チームスズキエクスター、雨に翻弄され、ビニャーレスが我慢の9位
ROUND8
大雨により途中赤旗中断となり、2セッションで行われたTTアッセンGPは、チームスズキエクスターライダーに苦戦を強い、マーベリック・ビニャーレスは我慢の9位、チームメイトのアレイシ・エスパルガロは、2ヒート目の序盤に転倒を喫し、無念のリタイヤとなった。26周で行われる予定だった決勝は、レース中盤の激しい雨により、14周目に一旦赤旗中断となって、各ライダーがピットイン。その後天候が回復に向かったため、クイックスタート進行で、残り12周を走行し、チャンピオンシップポイントはフルポイントが加算されることとなった。

ビニャーレスは、ウェットコンディションでのマシンの挙動に安定感を得られず、両セッション共思うようにラップタイムを上げられないまま、我慢の走りを強いられることとなるも、9位入賞で、貴重なチャンピオンシップポイントを獲得。

一方チームメイトのエスパルガロは、最初のセッションのスタートでアグレッシブにジャンプアップし、オープニングラップは3番手で通過。しかしその後、周回を重ねる毎にペースダウンし、ポジションを落としていく。赤旗中断後にチームが変更したセッティングにより、ペースアップを見込まれた2セッション目のスタートでは、スタート直後に他車からはじき出される形となり、オーバーラン。その後コースに復帰し、順調に追い上げるも、ウェットな路面で痛恨のスリップダウンを喫し、リタイヤ。どちらのライダーも、典型的なダッチウェザーに翻弄された週末となった。

ROUND8 ROUND8
ROUND8 ROUND8

マーベリック・ビニャーレス <予選12番手、決勝9位>

「この週末、ドライコンディションではかなり好調だったので、決勝で雨が降らなければ、良い結果を望めたと思う。天候により状況が一変し、決勝で良い結果を残せなかったことは残念であるも、同時に、学ぶことの多い貴重なレースでもあったよ。僕らはウェットコンディションの走行経験が少ないため、マシンのセットアップがうまくまとまらず、濡れた路面上で、100%の自信を持って走行することができなかった。今日は最初から最後まで我慢を強いられた苦しいレースだったけど、そんな中でも、ポイントを獲得できたことは喜ぶべきだろうね。レインコンディションのセットアップは、今後まだまだ詰めていくべき必要があるよ。」

アレイシ・エスパルガロ <予選8番手、決勝DNF>

「赤旗中断後にチームが施してくれた変更が功を奏し、再スタート後のフィーリングがかなり良かっただけに、レースを完走できなかったことが悔やまれるよ。最初のセッションは、スタート後すぐマシンの不調を感じ、ペースを上げていくことができなかったけど、2セッション目がスタートする前の短時間の間にチームが変更してくれたセットアップのお陰で、ウェットコンディションでも自信を持って走ることができた。スタート直後に他のライダーに押し出され、1コーナーでコースアウトしてかなり遅れてしまったにも関わらず、良いペースで前に追いついていっていた最中だっただけに、転倒でリタイヤとなってしまったことが本当に残念だった。でも、今日のレースは、ウェットコンディションの貴重なセットアップデータになったと思うよ。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「非常にタフな週末だったと言わざるを得ないです。土曜午前のフリー走行までは非常に順調で、ふたりともストレートでQ2入りしましたし、特にマーベリックのペースは非常にコンスタントで速く、決勝に期待の持てるものだっただけに、残念でしたね。土曜午後から天候が変わり、雨の正しいセッティングがなかなか見つけられず、チームはかなり苦戦を強いられました。決勝日は天候に翻弄された1日となってしまいましたが、同時に、私たちのマシンがまだオールマイティーではないことがはっきり分かり、また、他車に比べての欠点も理解できました。結果だけを見れば非常に残念な週末ではありましたが、今回ポジティブだったことは、こういった経験ができ、しっかりデータが取れたことです。このデータを持ち帰って次の開発に生かし、次回このようなコンディションの時には、十分な戦闘力のある状態で挑めるよう準備したいと思います。」

MotoGP
1J・ミラー(ホンダ)22'17.447
2M・マルケス(ホンダ)+1.991
3S・レディング(ドゥカティ)+5.906
4P・エスパルガロ(ヤマハ)+9.812
5A・イアンノーネ(ドゥカティ)+17.835
9マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+26.148
DNFアレイシ・エスパルガロ(スズキ)+10Laps

MotoGP
1M・マルケス(ホンダ)145
2J・ロレンソ(ヤマハ)121
3V・ロッシ(ヤマハ)103
4D・ペドロサ(ホンダ)86
5マーベリック・ビニャーレス(スズキ)79
9アレイシ・エスパルガロ(スズキ)49

MotoGP
1ヤマハ178
2ホンダ160
3ドゥカティ108
4スズキ85
5アプリリア45