スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年3月20日
MotoGP 第1戦 カタールGP 決勝
場所:カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット

ビニャーレスが開幕から自己ベストに並ぶ6位獲得
ROUND1
MotoGPがカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕、3月20日にナイターでの決勝レースがおこなわれ、チームスズキエクスターの#25マーベリック・ビニャーレスがGSX-RRと共にトップ6入りを果たした。ビニャーレスの6位獲得は昨シーズンの自己ベストに並ぶ成績。チームメイトのアレイシ・エスパルガロは15番グリッドスタートからの力強い走りで、最後は11位まで順位を上げた。

決勝でのビニャーレスは、3番グリッドからスタートダッシュを決めると、スタート直後の第1コーナーでは7番手に後退するも、序盤はトップグループで健闘。フリープラクティスや公式予選でマークしていたラップタイム1分55秒台に入らず、トップバトルは叶わなかったが、6位のポジションキープのままチェッカーを受けた。ビニャーレスが6位を獲得したのは昨シーズンのカタルーニャGP、オーストラリアGPに続いて3回目、自己ベストリザルトを追加した。

エスパルガロは、ウォームアップセッションの後にマシンセッティングを大幅に変更するという思いきった手段を選択。これが功を奏し、15番グリッドスタートから着実な追い上げが可能となり、11位までポジションアップした。チームは次戦への有効なデータを得ることができた。

ROUND1 ROUND1
ROUND1 ROUND1

マーベリック・ビニャーレス <予選3番手、決勝6位>

「6位は悪くはないが、しかし満足できる結果とも言えない。この週末はとても調子が良く、決勝前のウォームアップまでは1分55秒台のペースで走れていたが、決勝ではタイムが出なかった。正直なところその理由はわからない。マシンがスライドする感覚があり、思うような走りができず、なぜそうなったのか調べる必要がある。この週末は練習から予選まで本当に良い感じだったので、決勝は少しだけアンラッキーだったと思いたいほどだ。次のアルゼンチンGPがとても楽しみだし、GSX-RRのポテンシャルを駆使して上位を目指したい。タイヤのグリップとシームレスギアボックスのセッティングが上手くいけば、トップバトルは可能だと思う。サポートしてくれるチームに心から感謝している。期待に応えられるよう、頑張ります。」

アレイシ・エスパルガロ <予選15番手、決勝11位>

「この週末は全体的に苦しい展開で、決勝でもそれは同様だった。決勝前のウォームアップでどうしても調子が出なかったので、チームやスズキのエンジニアと相談してセッティングを大幅に変更した。大きな賭けだったが、幸いにも走りやすくなったので良かった。実際どのように良くなったのかデータ収集と分析をして、アルゼンチンでテストしたい。セッティングの方向性についてのいくつか良いヒントが得られたことが、今回の収穫だった。」

河内 健 テクニカルマネージャー

「開幕戦でこの成績は決して悪くはないものの、期待どおりの結果とは言えません。ビタースイート、嬉しくもあり苦しくもある状況です。この週末のマーベリックはラップタイムもコンスタントに1分55秒台に乗せて好調でしたが、肝心の決勝ではそのタイムが出なかった。路面状況の変化など要因は色々あるでしょうが、さらなるデータ分析で原因を探ります。一方のアレイシは、セッティングに苦戦していたこともあり、決勝で15番グリッドスタートから11位まで行けたことは収穫です。昨シーズンは6位獲得で満足だった部分もありましたが、今シーズンは6位では満足していません。我々はもっと上位を狙える状況にあります。ポディウム獲得へ向け、さらなる努力を続けます。」

MotoGP
1J・ロレンソ(ヤマハ)42'28.452
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)+2.019
3M・マルケス(ホンダ)+2.287
6マーベリック・ビニャーレス(スズキ)+15.423
11アレイシ・エスパルガロ(スズキ)+35.847

MotoGP
1J・ロレンソ(ヤマハ)25
2A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)20
3M・マルケス(ホンダ)16
6マーベリック・ビニャーレス(スズキ)10
11アレイシ・エスパルガロ(スズキ)5

MotoGP
1ヤマハ25
2ドゥカティ20
3ホンダ16
4スズキ10
5アプリリア3