スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2016 MotoGP
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
ROUND11
ROUND12
ROUND13
ROUND14
ROUND15
ROUND16
ROUND17
ROUND18
2016 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2016年3月19日
MotoGP 第1戦 カタールGP 公式予選
場所:カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット

チームスズキエクスターとビニャーレス、開幕戦カタール予選でフロントローを獲得
ROUND1
チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレスは、カタールのロサイルサーキットで行われた2016 MotoGP開幕戦の予選において、最終ラップに素晴らしいタイムを記録しGSX-RRをフロントローへと導くことに成功した。

21歳になるスペイン出身のビニャーレスは予選時間残り4分までは8番手ポジションにいたが、最後のアタックで自己ベストを更新する1'54.638を記録。ポールポジションから遅れることわずか0.095で3番手ポジションを獲得した。ビニャーレスのフロントローからのスタートは昨シーズンのカタルニアGP以来の2度目となる。

チームメイトのアレイシ・エスパルガロは、Q1で転倒した後ピットに戻りマシン交換をしたため、予選時間内での十分なアタックができずに5列目からのスタートとなった。レースペースでの走行を繰り返すほどにマシンのフィーリングを掴んでいたエスパルガロだが、今回の予選ではタイムアタックをするチャンスを逃した形となり、明日の決勝では追い上げのレースが期待されている。

ROUND1 ROUND1
ROUND1 ROUND1

マーベリック・ビニャーレス

「我々は素晴らしい仕事をしたし、冬の間の努力が実ったように感じていて僕はとても嬉しいです。3番グリッドは誇りに思ってよいポジションだけれど、これは予選でしかない。明日の決勝にむけて、あまり浮かれすぎないように冷静でいるつもりです。昨シーズン、僕はこのレースを12番手からスタートしていて、明日は3番手からのスタート。これはいかにスズキの開発がオフシーズンの間に熱心に取り組んできたかを表しているし、そして常に僕をサポートしてくれているチームとしての進化も大きい。3番グリッドを確定させた最後のアタックラップを実現できたのは僕自身が冬の間に重ねてきたトレーニングも効いているけれど、去シーズンの経験により得た精神的な余裕も要素の一つだと思います。自分の経験の引き出しと、そしてもちろん今年の素晴らしい新エンジンを最大限活かし、今年は大きく前進していきたいです。」

アレイシ・エスパルガロ

「今日はアンラッキーでした。プラクティスセッションでは自分のペースに自信を持てていたのに、Q1で転倒してしまいマシンを乗り換える事態になってしまいました。乗り換えたマシンではチャタリングが感じられ、残念ながら1台目のマシンほどの自信をもって攻めていくことができなかった。グリッド後方からレースをスタートしポジションを上げていくのは難しいことですが、ここ数日のパフォーマンス向上は確かなものであるので、良いレースができると信じています。15番グリッドは僕らがいるべき位置ではない。レースが終わったらさらに分析を進め、上位に戻れるよう今後のパフォーマンスアップに取り組んでいきます。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー

「もちろん、これは我々にとって素晴らしい結果です。今回のフロントロー獲得は、オフシーズン中に開発に取り組み続けたスズキのエンジニアたち、冬の間の準備やテストを精力的に続けてきたチーム、そして何よりも昨シーズン得た経験を活かし成長を見せているマーベリックのおかげであり、まだ土曜日ではありますが、関わった全ての人へのご褒美として素直に喜びを受け止めています。この予選結果は明日への期待も膨らみます。予選と決勝では違いますので何が起きるかわかりませんが、しかし前向きに楽しめそうな予感がしています。一方のアレイシは不運でした。Q2へ進めるとみていましたが、セッション終盤で転倒を喫してしまいマシン交換を余儀なくされる事態になりました。#2マシンに乗り換えさらなるアタックを試みましたが、#1マシンとのフィーリングの差に馴染めず、彼の実力とは程遠い15番手となってしまいました。我々にできることは、彼が自信を持って走れるベストなセットアップを決定し、彼が一つでも順位を上げていけるようサポートをすることです。」

公式予選結果
1J・ロレンソ(ヤマハ)1'54.543
2M・マルケス(ホンダ)1'54.634
3マーベリック・ビニャーレス(スズキ)1'54.638
4A・イアンノーネ(ドゥカティ)1'54.693
5V・ロッシ(ヤマハ)1'54.815
6A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)1'54.963
15アレイシ・エスパルガロ(スズキ)1'56.238