SUZUKI RACING REPORT
スズキレーシングレポート
世界耐久選手権 レースレポート
2022年6月4日-6月5日
2022 FIM 世界耐久選手権 第2戦 スパ24時間EWCレース
ベルギー スパ・フランコルシャンサーキット
スパ24時間EWCレースで、ヨシムラ SERT Motulはトラブルを乗り越え4位獲得
2022 EWC
ROUND3 08.07 日本/鈴鹿8時間
ROUND4 09.17-18 フランス/ボルドール24時間
鈴鹿8耐 応援チケット発売のご案内
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
2022年 FIM 世界耐久選手権 第2戦 スパ24時間EWCレースにおいて、ヨシムラ SERT Motulは前半を快調にリードし、困難に見舞われた夜間走行をこなし、そして緊迫したラスト数周を戦い抜き4位を獲得した。

21年振りにFIM 世界耐久選手権のレースカレンダーに戻ってきた、伝統のスパ・フランコルシャンサーキット(ベルギー)。名コースの名に恥じず、コース上、ピット内それぞれにおいて見応えのある展開が繰り広げられた。難関コースでのクラッシュによるダメージやメカニカルトラブルに加え、スパウェザーと呼ばれる不安定な天候に翻弄されながら、レースリーダーがめまぐるしく変わり、ライダーにとってもメカニックにとっても難しい24時間レースとなった。

レース前半はヨシムラ SERT MotulのGSX-R1000Rがレースを完全に支配した。スタートが得意なグレッグ・ブラック選手が3番グリッドからスタートし1周目からリードし、ライバル勢とのし烈なバトルを繰り広げながら、徐々にリードを広げていくことに成功した。

ザビエル・シメオン、シルバン・ギントーリの各選手も同様のハイペースを維持し、さらにリードを広げることに成功。特にギントーリ選手のペースは素晴らしいもので、時には予選タイムに迫るラップタイムもマーク。2分21秒056というレースレコードタイムも記録し、8時間経過時にトップを走行していたことから10ポイントのボーナスポイントも獲得した。

夜間走行に突入する頃には2番手以降に対し大きなマージンを築き、完全にレースをコントロールできていたヨシムラ SERT Motulだったが、10時間経過時点でミッショントラブルに見舞われてしまう。ピットに戻ったマシンはメカニックによる迅速な作業で、僅か25分という驚異的なスピードで修理を終え、14番手でコースに復帰した。

修理後は難しい夜間走行をハイペースで追い上げ、2時間後には7番手に、そして夜が明ける頃には3番手へとポジションを回復した。しかし突然の雨によりコースの至る所でライダーが転倒を喫する中、ブラック選手も転倒してしまう。マシンは大破してしまったが、ブラック選手は何とかマシンを再スタートさせ慎重にピットへと導くことができた。ここでもメカニックにより再び驚異的なスピードで修復がされ、ブラック選手は何事もなかったかのようにGSX-R1000Rに再び跨り、5番手でレースに復帰した。

24時間レースの終盤、マシントラブルに見舞われた車両によりコース上へ大量のオイルが撒かれてしまったため、レースは一時赤旗中断となり全車ピットインすることになった。入念なコース清掃のため長時間のレース中断となったが、残り時間が20分となった時点でセーフティカーによる数周の先導の後、レースが再スタートした。シメオン選手は3位表彰台を狙うべく、難しいウェットコンディションのなか果敢に攻めるが、第2戦を4位で終えることとなった。またチャンピオンシップにおいては、ヨシムラ SERT Motulはポイントリーダーを堅持した。

ヨシムラ SERT Motulは予選結果や8時間経過時のボーナスポイントも獲得し、チャンピオンシップにおけるポイント数は現在106へと伸ばし、2位に15ポイントのマージンを築いている。次戦は8月5~7日に行われる鈴鹿8時間耐久レースである。

ヨシムラ SERT Motul ダミアン・ソルニエ チームマネージャー
「落胆と喜び、両方の気持ちがあります。落胆は様々なトラブルによって表彰台を逃したことです。ギアボックスが壊れるなんて、あり得ないと思っていました。スズキ車でこんなトラブルは聞いたこともありません。グレッグ選手の転倒は残念ではありますが、それもレースです。同じ場所で立て続けに複数台が転倒していましたが、不運でしたね。ギアボックスのトラブルとグレッグ選手の転倒によりレース運びは予定通りいかなくなりましたが、いずれのトラブルも乗り越え再び上位に復帰できたのは嬉しく、チームを誇りに思います。結果としてポイントは獲得でき、チャンピオンシップにおいてはリードを広げることもできたので、その点については良かったです。」

ヨシムラ SERT Motul 加藤 陽平 チームディレクター
「良い部分も、そうでない部分もあったレースです。序盤から中盤まではリードし、長い間レースを引っ張ることができました。ライダー達は皆速く、またメカニックもギアボックスを僅か25分で交換するという神業をやってのけました。その後は転倒もありましたが、終盤までに上位に復帰することができました。ドライでもウェットでも高いパフォーマンスを見せることができたので、チームメンバー全員の働きを称えたいです。」

ヨシムラ SERT Motul グレッグ・ブラック 選手
「24時間のレースを通して昼夜やコンディション問わず、今回も常に速さを持続でき、チーム全体が良く機能し、素晴らしい働きを見せました。明らかに我々は最も強いチームであると思います。それにしてもスズキ車としては非常に珍しいギアボックスのトラブルに見舞われたのは不運としか言えません。迅速な修理で復帰し、再び上位へとポジションを回復できましたが、次は僕が雨の走行中に転倒してしまいました。しかし我々は諦めることなく最後まで戦い抜き、このレースでの第1の目的であるチャンピオンシップのポイントを稼ぐことを成し遂げました。」

ヨシムラ SERT Motul ザビエル・シメオン 選手
「チームは2回にわたるマシンの大規模修復を、素晴らしいスピードと技術でこなしてくれました。また我々3人のライダーも良いペースを見せていたし、マシンの調子も良く、ブリヂストンタイヤも良く機能していて、優勝の最有力候補であることを見せることができていたと思います。レース後半は、前半ほどうまく運ばなかったですが、それも耐久レースですね。」

ヨシムラ SERT Motul シルバン・ギントーリ 選手
「スパでは24時間レースの酸いも甘いも体験することになりました。最初の10時間は好調にレースをリードしましたが、ストップ&ゴーペナルティを課せられ、その後はメカニカルトラブルが降りかかり、そして転倒と盛りだくさんのレースでしたね。しかしチームはギアボックスを僅か25分で交換し、クラッシュした後も目を見張るスピードで修復し、レースが続けられるよう全力を尽くしてくれました。我々ライダーも一度も諦めることなく最後までプッシュし続け、最終的にはチャンピオンシップにとって貴重なポイントをしっかりと獲得することができました。さぁ次戦は鈴鹿8耐ですね!」

2022 FIM 世界耐久選手権 第2戦 スパ24時間EWCレース 決勝結果
順位No.チーム名ライダーマシンクラス周回数
137BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMREITERBERGER Markus
MYKHALCHYK Illya
GUARNONI Jeremy
BMWEWC508
24TATI TEAM BERINGER RACINGTECHER Alan
LEBLANC Gregory
ARBEL Loic
KAWASAKIEWC501
35F.C.C. TSR Honda FranceHOOK Josh
REA Gino
DI MEGLIO Mike
HONDAEWC500
41ヨシムラ SERT Motulグレッグ・ブラック
ザビエル・シメオン
シルバン・ギントーリ
SUZUKIEWC500
577Wojcik Racing Team EWC 77LINFOOT Dan
MORAIS Sheridan
KOVACS Balint
YAMAHAEWC497
6333VILTAIS RACING IGOLALT Florian
NIGON Erwan
ODENDAAL Steven
YAMAHAEWC497
796TEAM MOTO AINVINALES Isaac
CORTI Claudio
PEROLARI Corentin
YAMAHAEWC495
894TEAM LH RACINGNIGON Johan
DE LA VEGA Enzo
TRAUTMANN Lukas
YAMAHASST491
98Tearn Bolliger Switzerland #8BÜHN Jan
PELLIJEFF Jesper
THONI Nico
KAWASAKIEWC490
1090Team LRP PolandVINCON Dominik
BIJSTERBOSCH Pepijn
LEWANDOWSKI Bartlomiej
BMWEWC490
1118TEAM 18 SAPEURS POMPIERS CMS MOTOSTORECLERE Hugo
GUITTET Baptiste
STEINMAYR Philipp
YAMAHASST489
1266OG MOTORSPORT BY SARAZINROLFO Roberto
渥美 心
SANTO DOMINGUES Alexandre
YAMAHASST488
1323TEAM UNIVERS RACING MOTOSPORT #23MEUNIER Léo
STOLL Clement
SARRABAYROUSE Alex
KAWASAKISST485
1414MACO RACING TeamWEST Anthony
BOULOM Enzo
CHMELIK Ladislav
YAMAHAEWC480
1517ITeM 17PONS Gabriel
CRETARO Jacopo
EGEA Stephane
KAWASAKIEXP479
1644No Limits Motor TeamHILL Stefan
SCASSA Luca
MASBOU Alexis
SUZUKISST477
1786PITLANE ENDURANCE #86 - JP3PELLIZOTTI Maxim
FORAY Joseph
PAK Asrin Rodi
YAMAHASST477
18101Team AviobikeLINDEGGER Yves
DANGL Patrick
GROPPI Anthony
YAMAHASST476
19121FALCON RACINGCHEVALIER David
EISEN Théo
MILLET Loïc
YAMAHASST474
2041RAC41-CHROMEBURNERDUPUY Eddy
TESSELS Wayne
LEESCH Chris
HONDASST474
2191ENERGIE ENDURANCE 91NAPOLI Christian
MOHR Jan
CHOY Martin
KAWASAKISST467
2224BMRT 3D MAXXESS NEVERSLOISEAU Anthony
CRESSON Loris
LONBOIS Vincent
KAWASAKISST466
2327TRT 27 / Bazar 2 La BecaneBIANCO Gian Piero
MERTENS Gian
SHOUBRIDGE David
SUZUKISST463
2453MANA-AU COMPETITION / LIGUE CONTRE LE CANCERSTOLTZ Regis
GODEFROY Come
TRUEB Samuel
SUZUKISST462
25777Wojcik Racing Tearn STK 777SZKOPEK Marek
MANFREDI Kevin
WEBB Danny
YAMAHASST461
2651MOTOSTAND ENDURANCEREGOUBY Baptiste
HUGUEVILLE Alexis
GUITTARD Erik
KAWASAKISST457
2722TEAM 202PARRET Florent
CREUSOT Amandine
QUETEL Jimmy
YAMAHASST454
2897ADSS 97PLATT Christopher
EDWARDS James
RAILTON Jonathan
KAWASAKISST451
2983JLD CITYBIKEZUURBIER Marcel
SAUTIF Jonathan
BERGERON Lionel
YAMAHASST432
3065Motobox Kremer Racing #65DEHAYE Geoffroy
WALCHHUTTER Lukas
STRÖHLEIN Stefan
YAMAHAEWC425
3134JMA MOTOS ACTION BIKEGEENEN Come
ANCIA Yan
DE WIT Nicky
SUZUKISST403
RT7YART - Yamaha Official Team EWCCANEPA Niccolo
FRITZ Marvin
HANIKA Karel
YAMAHAEWC454
RT33TEAM 33 LOUIT APRIL MOTOGAMARINO Christian
SALTARELLI Simone
CALIA Kevin
KAWASAKISST445
RT363ART BEST OF BIKEESCUDIER Nicolas
RENAUDIN Martin
LAGRIVE Mathieu
YAMAHASST329
RT6ERC Endurance DucatiFORES Javier
CHECA David
DAVIES Chaz
DUCATIEWC280
RT56PLAYERSDE KIMPE Arnaud
DRIEGHE David
RUTKOWSKI Vincent
KAWASAKISST186
RT55NATIONAL MOTOS HONDASUCHET Sebastien
SUCHET Valentin
RAYMOND Guillaume
HONDASST148
RT11WEBIKE SRC KAWASAKI FRANCEDE PUNIET Randy
MASSON Etienne
MARINO Florian
KAWASAKIEWC66
2022 FIM 世界耐久選手権 チームランキング(EWCクラス・第2戦終了時)
順位ゼッケンチームマシンポイント
11ヨシムラ SERT MotulSUZUKI106
25F.C.C. TSR Honda FranceHONDA91
37YART - Yamaha Official Team EWCYAMAHA76
44TATI TEAM BERINGER RACINGKAWASAKI75
537BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMBMW64
68Team Bolliger Switzerland #8KAWASAKI56
790Team LRP PolandBMW42
8333VILTAIS RACING IGOLYAMAHA38
977Wojcik Racing Team EWC 77YAMAHA33
1014MACO RACING TeamYAMAHA26
116ERC Endurance DucatiDUCATI23
1211WEBIKE SRC KAWASAKI FRANCEKAWASAKI23
1396TEAM MOTO AINYAMAHA21
1430TEAM GT ENDURANCEYAMAHA15
1565Motobox Kremer Racing #65YAMAHA12
16116Kingtyre Fullgas Racing TeamYAMAHA10
179TECMASBMW1
2022 FIM 世界耐久選手権 マニュファクチャラーランキング(EWCクラス・第2戦終了時)
順位マニュファクチャラーポイント
1KAWASAKI93
2YAMAHA86
3BMW72
4SUZUKI64
5HONDA56
6DUCATI17