二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第15戦 タイGP 決勝
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年10月6日
MotoGP 第15戦 タイGP 決勝
場所:タイ チャン・インターナショナルサーキット

タイGP決勝はリンス5位、ミル7位
• アレックス・リンスは追い上げレースを5位で終える
• ジョアン・ミルはルーキーながら7位と健闘
2019年MotoGP第15戦タイGPの決勝日はチャン・インターナショナルサーキットに95,000人を超える観客が集まり、興奮の渦の中、午後2時にスタートが切られた。8番手グリッド、10番手グリッドからそれぞれスタートしたジョアン・ミル、アレックス・リンスはオープニングラップでロッシ(ヤマハ)の後ろ、7番手争いのポジションにつける。ミル、アレックス共にロッシのオーバーテイクに苦戦するも、残り16周、ようやくリンスがオーバーテイクに成功。その後ミルも同様にオーバーテイクし、ミルはリンスのすぐ後ろにつける。

リンスはロッシをオーバーテイク後、徐々にペースを上げ、前を走るモルビデリ(ヤマハ)とドビツィオーゾ(ドゥカティ)に忍び寄る。残り11周、ついにモルビデリをオーバーテイクし、さらにドビツィオーゾを射程圏内に捉える。しかし最終ラップまでそのチャンスは訪れることなく、リンスは5位でチェッカー。チャンピオンシップに貴重なポイントを加算した。

一方のジョアン・ミルはGSX-RRでの初走行となるブリラムでMotoGPトップライダー達を相手に健闘の走りを見せ、ロッシをオーバーテイク後リンス同様ペースアップ。ロッシとのギャップを少しずつ広げ、7位でレースを終える。怪我から復帰後のベストリザルトとなった。

チームスズキエクスターはレプソル・ホンダ・チームとマルク・マルケス選手のタイGPの優勝および世界タイトル獲得に祝福の意を表します。


河内 健 テクニカルマネージャー
「残念ながら表彰台争いはできませんでしたが、アレックスは10番手ボジションから良いリカバリーを見せてくれたと思います。ジョアンに関しては、彼の課題はレースでコンスタントなペースを維持することだったので、それもある程度できて7位というポジションでフィニッシュできたことはポジティブな結果だったと言えるでしょう。しかしこれで満足しているわけではないので、早く再び表彰台争いに戻れるようさらに努力を続けたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「結果的にはポジティブな1日だったと言うべきでしょう。アレックスは渾身の走りで後方からのリカバリーをしましたが、レース序盤にトップグループが逃げてしまう形となったために、トップグループに追いつくことは不可能でした。ジョアンもまた非常に安定した強い走りでMotoGPクラスのトップライダーの中で対等に戦うことができ、確実な成長を見せることができたと思います。次戦の日本GPは我々にとってのホームGPなので、今からとても楽しみにしています。我々チームの成長した姿をぜひ皆に見てもらいたいですね。」

アレックス・リンス
「結果は5位で終わってしまったけど、チャンピオンシップを考えれば今日は少しでも上位でチェッカーを受けることがとても大切だった。ドビツィオーゾを抜いてあとひとつポジションを上げることができればさらによかったけど、10番グリッドからではあれが精一杯だったよ。次の日本GPは僕らの最も大切なレースだから、しっかり気持ちを集中させて挑むよ。僕らを支えてくれているスズキの皆と日本のファンの前で絶対に良い結果を残したいからね。」

ジョアン・ミル
「今週の全体の流れは本当にうまくいったし、結果にも満足しているよ。レース毎にトップグループとのギャップが縮まっていて、確実に手応えを感じることができるようになってきているしね。今日は気温がかなり上がったから、正直体力的にも少し大変だったよ。怪我の後しばらくトレーニングできなかったのが響いているのだと思う。いずれにしても今日の7位は納得の結果さ。次の茂木はいつ行っても日本のファンが暖かく迎えてくれるスペシャルな場所。良い結果を残して、さらに一歩前進できるきっかけになるよう全力で頑張るよ。」

MotoGP 第15戦 タイGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA39'36.223
220F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+0.171
312M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+1.380
44A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+11.218
542アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+11.449
621F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA+14.466
736ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+18.729
846V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+19.162
99D・ペトルッチDucati TeamDUCATI+23.425
1030中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+29.423
1163F・バグナイアPramac RacingDUCATI+30.103
1235C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+33.216
1344P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+35.667
1443J・ミラーPramac RacingDUCATI+39.736
1529A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+40.038
1688M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM+40.136
1753T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI+44.589
1899J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA+54.723
1917K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI+56.012
2055H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM+1'01.431
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA9Laps
DNF82M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM23Laps
MotoGP ポイントランキング(第15戦 タイGP終了時)
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA325
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI215
342アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI167
412M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA163
59D・ペトルッチDucati TeamDUCATI162
646V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA145
720F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA143
843J・ミラーPramac RacingDUCATI119
935C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA102
1021F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA90
1144P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM80
1230中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA74
1336ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI58
1441A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA46
1563F・バグナイアPramac RacingDUCATI34
1629A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA33
1788M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM29
185J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM27
1999J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA23
2053T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI18
216S・ブラドルTeam HRCHONDA16
2251M・ピロMission Winnow DucatiDUCATI9
2350シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI7
2455H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM7
2517K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI5
2638B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA 
2782M・カリオRed Bull KTM Factory RacingKTM