二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第5戦 フランスGP 決勝
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 08 06.30 オランダGP
ROUND 09 07.07 ドイツGP
ROUND 10 08.04 チェコGP
ROUND 11 08.11 オーストリアGP
ROUND 12 08.25 イギリスGP
ROUND 13 09.15 サンマリノGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年5月19日
MotoGP 第5戦 フランスGP 決勝
場所:フランス ル・マンサーキット

アレックス・リンス、フランスGPは苦戦を強いられ10位フィニッシュ
• アレックス・リンスは後方スタートながら10位までポジションを上げてフィニッシュ
• ジョアン・ミルはウォームアップの2度の転倒に続き、再び不運に見舞われる
• チームスズキエクスターは次戦ムジェロに向け、気持ちを切り替えて再スタート
不安定なコンディションに翻弄され続けたフランスGPは、チームスズキエクスターライダーのふたりを最後まで苦しめ、ジョアン・ミルは3度の転倒、アレックス・リンスはチャンピオンシップポジションを死守する懸命なバトルと、それぞれが厳しい闘いを強いられることとなった。

シーズン第5戦を迎えたル・マンサーキットでの決勝は、天気予報に反し雨は逃れたものの、気温が上がらず寒い1日に。ウォームアップラップがスタートし、ライダー達が一斉にコースに飛び出してしばらくすると、ふたりのライダーがほぼ同時に転倒。映像に映し出されたのはミルとアブラハム(ドゥカティ)だった。ミルはすぐにピットに戻ったが、スタートシグナルはすでに消えた後で、素早くスペアマシンに乗り換えてピットレーンから遅れてスタートを切る。ミルは最後まで孤独な闘いを続け16位でゴール。しかしこの週末はテクニカルなル・マンサーキットでウェットの難しいコンディションを経験し、さらに経験値を上げた。

一方、決勝を後方19番手からスタートしたアレックス・リンスは、27周のレースで徐々に順位を上げ、ミスを避けて安定したリズムを刻み10位でゴール。チャンピオンシップは3番手に順位を落とすが、確実にポイントを追加し、次戦に挑む。


河内 健 テクニカルマネージャー
「我々スズキにとって非常に厳しい週末でした。アレックスは悪いグリッドポジションから全力で挽回してくれましたが、それでも10位という結果がやっとでした。決勝中のパフォーマンスも決して満足のいくものではなかったので、今回の結果をしっかり解析して、次からリスタートしたいと思います。ジョアンはサイティングラップの出来事が何故そうなってしまったのか、まだはっきり掴めていないのですが、まずはライダーに怪我がなく、完走してくれたことが唯一救いだと思っています。これから転倒の原因を調査し、二人とも次のムジェロでまた新たなスタートを切れるようしっかりと準備して挑みたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「今週末は我々チームにとってかなり苦戦の週末でしたが、アレックスは確実にポイントを追加して、そのお陰でチャンピオンシップランキングをひとつ落としただけで済みました。ジョアンはウォームアップラップでの転倒によってピットスタートとなり、さらに苦しいレースを強いられてしまいましたが、そこから学ぶことも多くあったと思っています。時には思うように事が運ばないのがレースですが、そんな中でもアレックスが着実にトップ10でフィニッシュしたことを誇りに思いますし、前向きな気持ちで次のムジェロに向かいたいと思っています。」

アレックス・リンス
「今週末は予選の戦略ミスもあったし、色々なことが思うようにいかなかった。自信もあったし、自分ではもっともっと良い結果を残せると思っていたから残念だよ。予選の挽回を決勝でするつもりだったのに、コーナーの進入が思うようにいかなくて予想以上に苦戦し、10位が精一杯だった。でも今日はコンディションのせいで転倒のリスクが高かったし、実際Moto3、Moto2でも多くのライダーが転倒していたから、6ポイントを獲得できたことをポジティブに考えるようにするよ。まだまだシーズンは長いし、次に向けて気持ちを切り替えてまたムジェロでは全力で頑張るよ。」

ジョアン・ミル
「ウォームアップラップでの転倒は残念としか言いようがないよ。ハードなブレーキングをしたわけでもないし、ブレーキングが早すぎたわけでもなかったから、どうしてあんなことが起こったのか自分でも理解できないんだ。タイヤが十分に温まっていなかったのかも知れないね。今週末は4度も転倒してしまったけど、自分ではプッシュしすぎた感覚はなかったから、原因をしっかり追求して、もう一度初心に戻って学ぶべきことをしっかり学ばなくちゃいけないと思っている。次のイタリアGPが待ち遠しくて仕方ないよ。」

MotoGP 第5戦 フランスGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'53.647
24A・ドビツィオーゾDucati TeamDUCATI+1.984
39D・ペトルッチDucati TeamDUCATI+2.142
443J・ミラーPramac RacingDUCATI+2.940
546V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+3.053
644P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+5.935
721F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA+7.187
820F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+8.439
935C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+9.853
1042アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+13.709
1199J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA+15.003
1241A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+29.512
135J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM+33.061
1455H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM+35.481
1588M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM+36.044
1636ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI1Lap
DNF30中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA9Laps
DNF29A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA19Laps
DNF12M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA21Laps
DNF63F・バグナイアPramac RacingDUCATI21Laps
DNF53T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI25Laps
-17K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI-
MotoGP ポイントランキング(第5戦 フランスGP終了時)
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA95
24A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI87
342アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI75
446V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA72
59D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI57
643J・ミラーPramac RacingDUCATI42
735C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA34
821F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA34
944P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM31
1012M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA30
1130中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA29
1220F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA25
1341A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA22
1499J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA16
155J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM10
1663F・バグナイアPramac RacingDUCATI9
1736ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI8
1888M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM8
196S・ブラドルTeam HRCHONDA6
2029A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA6
2155H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM2
2253T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI2
2317K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI 
2438B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA