スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2018 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
2017 全日本モトクロス選手権
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2018年4月22日
全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会
会場:埼玉県・オフロードヴィレッジ

IA2クラスで内田篤基が第1ヒート3位で総合7位
• IA1池本凌太は総合10位
• IB Open真野凌輔が全日本初優勝をマーク
• レディースクラス久保まなが5位入賞を果たす
第2戦 関東大会
2018全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。大会期間中は土日とも快晴に恵まれ、真夏を思わせる強い日差しが照りつけた。これにより気温も上昇し30度近い暑さの中でレースが行われた。会場のオフロードヴィレッジは、河川敷の平坦かつ限られたスペースの中にレイアウトされたテクニカルコース。全日本モトクロス選手権シリーズ唯一の首都圏開催で、例年は春秋の2大会が行われてきたが、今年はこの1戦のみとなったことから、大勢のファンが詰めかけコースサイドを取り囲んで随所で繰り広げられるバトルを楽しんだ。

第2戦 関東大会
スズキのサポートライダーでは、今シーズンIA1クラスにステップアップしたSRMマウンテンライダースの池本凌太が今大会もトップ10を争うバトルを繰り広げ、第1ヒートが11位、第2ヒートは10位で総合10位。Team SSCの稲垣達樹は16-11位で総合13位、SRF関東&秀明道場の鈴木正明は両ヒート15位で総合14位、IAルーキーの川口尚樹(小田切レーシングクラブ)は第1ヒート20-21位で今回もポイントを獲得し総合23位。SRF Team SBEの深谷広一は、怪我のため今大会も欠場となった。

第2戦 関東大会 第2戦 関東大会

5名のスズキライダーが決勝出場を果たしたIA2クラスでは、Team SSCの内田篤基が第1ヒートを自己ベストの3位でフィニッシュ。第2ヒートはスタート直後にエンストさせてしまい、最後尾から16位まで挽回し総合は7位。今シーズンから2ヒート制クラスの表彰式がヒート毎ではなく、総合結果で行われるようになったため、内田は表彰台登壇こそ逃したが、量産RM-Z250のポテンシャルを改めて印象づけた。SRF関東オートスポーツ清水の斉藤 嵩が17-11位で総合14位。SRMマウンテンライダースの馬場涼太は第1ヒートが後方からの追い上げで11位、第2ヒートは中段から追い上げ5番手まで浮上するが、トップグループに追い付こうとした終盤大転倒を喫し21位となり総合は18位で今大会を終えた。

第2戦 関東大会 第2戦 関東大会
第2戦 関東大会 第2戦 関東大会

IB OpenクラスではSRMマウンテンライダースの真野凌輔が、土曜日の第1ヒートを6位でフィニッシュすると、日曜日第1レースのヒート2で堂々のトップ争いを展開。オープニングラップ2番手でトップを追った真野は、先行するライダーにプレッシャーを与え続けると6周目にミスを誘って逆転。その後も後続を寄せつけることなく逃げきってトップでフィニッシュし全日本初優勝を達成した。

レディースクラスでは、SRMマウンテンライダースの久保まなが予選を2位で通過。決勝もまずまずのスタートを決めて2周目には3番手に浮上するも、中盤以降コースの攻略に苦しみ二つ順位を下げ5位でチェッカーを受けた。SRF関東オートスポーツ清水の永井歩夢は10位。SRF98%レーシングの井川実乃里が20位で今季初ポイントを獲得した。

第2戦 関東大会 第2戦 関東大会
第2戦 関東大会 第2戦 関東大会


池本凌太(IA1)
「第1ヒートはスタートでかなり出遅れたのですが、1周目に一気に前に出られて、13番手から10番手まで追い上げたところでぶつけられて転倒。そこから再度追い上げ11位。第2ヒートはいいスタートが切れたのですが、やはり上位の選手とは力の差が大きく、それでもずっと混戦の中でバトルが出来て10位という成績でした。土日を通しタイム的にはまずまずだったし、ある程度の手応えを掴むことはできているのですが、トップの選手と比べたらまだまだ。今回と違って次のSUGOはハイスピードコースなので、スタートで前に出て少しでもトップのスピードを学べたらと思っています。」

内田篤基(IA2)
「開発チームの一員として量産のストック車両で参戦しています。第1ヒートはいいスタートが切れて早めに混戦を抜け出し自分のペースで走ることが出来ました。第2ヒートはスタートでのまれてエンスト。コースが荒れたこともあり追い上げにも苦戦してしまいました。全体としてはタイムも出ていたし、去年だったら表彰台に上がれたことを思うと残念ですが、スタンダードマシンのポテンシャルをアピールすることはできたと思っています。次は総合の表彰台に立てるように頑張ります。」

馬場涼太(IA2)
「予選は2位。スピードは悪くなかったのですが、第1ヒートはスタート直後に転倒してしまいました。それでもパッシングポイントを見つけて11位まで順位を上げました。第2ヒートもスタートがダメで、それでも同じポイントで前のライダーをパスして第2グループの先頭には出られたのです。3-4番手が前にいたので抜けると思ったのですが、前が見えない状態でフープスに入って転倒してしまいました。ここはスタートが大事なのに上手く決められなかったことが課題。そんな中で前に出られたし、スタートが決まれば上位で勝負ができたと思う。今回の経験も踏まえて、次こそトップ争いをめざします。」

真野凌輔(IB Open)
「スピードには自信があるので、間違いなく優勝を狙えるだろうと思っていました。第2ヒートはプッシュして抜こうと思っていたら目の前で転倒。あの展開はラッキーではなく、イメージした通りで必然でしたね。去年の開幕戦で3位表彰台に立ったけど、そこからなかなか結果が出せなくて、今年はメンタルトレーナーにも付いてもらっていろいろと取り組んできた成果が出たと思っています。」

久保まな(レディース)
「予選は2位でしたが、マシンのセットアップが決まらなくて本来の走りではなかったし、決勝もスタートで出たのにバイクと自分を上手く一体化できなくて、情けない走りをしてしまいました。マシンを仕上げるスキルが足りないのだと思います。練習もしっかり取り組んできたし自信もあるので、量より質の練習をして課題を克服し、次のレースに臨みます。」

第2戦 関東大会 IA1 決勝第1ヒート結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
1982成田 亮Team HRCHONDA31:39.211
22小方 誠Kawasaki Team GREENKAWASAKI+00:01.031
3331新井 宏彰Kawasaki Team GREENKAWASAKI+00:09.490
4166星野 優位レーシングチーム鷹YAMAHA+00:34.309
51山本 鯨Team HRCHONDA+00:57.969
644小島 庸平Bells Racing with MORIWAKIHONDA+01:03.033
7793池谷 優太KTM うず潮レーシング福山KTM+01:06.756
830岡野 聖フライングドルフィン サイセイYAMAHA+01:07.623
98星野 裕グリーンクラブ八尾カワサキ
ANNEX
KAWASAKI+01:08.474
10777HADLEIGH KNIGHTKTM うず潮レーシング福山KTM+01:26.455
1135池本 凌汰SRM マウンテンライダーズSUZUKI+01:30.867
1513鈴木 正明SRF関東&秀明道場SUZUKI+1Lap
16122稲垣 達樹Team SSCSUZUKI+1Lap
20010川口 尚希小田切レーシングクラブSUZUKI+2Laps
2423諸見里 祐哉SRF関東&秀明道場SUZUKI+2Laps
第2戦 関東大会 IA1 決勝第2ヒート結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
1331新井 宏彰Kawasaki Team GREENKAWASAKI32:01.509
22小方 誠Kawasaki Team GREENKAWASAKI+00:05.603
3166星野 優位レーシングチーム鷹YAMAHA+00:06.458
41山本 鯨Team HRCHONDA+00:14.341
5982成田 亮Team HRCHONDA+00:15.262
630岡野 聖フライングドルフィン サイセイYAMAHA+00:42.177
744小島 庸平Bells Racing with MORIWAKIHONDA+00:50.016
8155大塚 豪太T.E.SPORTHONDA+00:50.356
9113田中 雅己TEAM ナカキホンダHONDA+01:00.301
1035池本 凌汰SRM マウンテンライダーズSUZUKI+01:02.427
11122稲垣 達樹Team SSCSUZUKI+01:30.072
1513鈴木 正明SRF関東&秀明道場SUZUKI+1Lap
21010川口 尚希小田切レーシングクラブSUZUKI+2Laps
2223諸見里 祐哉SRF関東&秀明道場SUZUKI+2Laps
第2戦 関東大会 IA2 決勝第1ヒート結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
1912小川 孝平グリーンクラブ ピュアテック
レーシング
KAWASAKI31:53.590
2922古賀 太基ADA with Socal MXTFHONDA+00:09.122
338内田 篤基Team SSCSUZUKI+00:18.652
4828能塚 智寛Team HRCHONDA+00:29.138
566横山 遥希グリーンクラブ ピュアテック
レーシング
KAWASAKI+00:29.442
634北原 岳哲グリーンクラブ&パーク神戸RTKAWASAKI+00:35.829
737鳥谷部 晃太YAMALUBE RACING TEAM
with TEAM エムFACTORY
YAMAHA+00:42.499
833道脇 右京TEAM KOHSAKA with CARVEKHONDA+00:49.845
952森 優介Team ITOMOHONDA+00:54.257
1042大城 魁之輔TEAM HAMMERHONDA+00:58.397
1164馬場 亮太SRM マウンテンライダーズSUZUKI+01:07.286
17911斉藤 嵩SRF関東オートスポーツ清水SUZUKI+01:24.926
2505鴨田 翔SRM マウンテンライダーズSUZUKI+1Lap
2876林 憂人NAKA JRC&KSGSUZUKI+2Laps
第2戦 関東大会 IA2 決勝第2ヒート結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
1922古賀 太基ADA with Socal MXTFHONDA32:39.889
2828能塚 智寛Team HRCHONDA+00:15.532
334北原 岳哲グリーンクラブ&パーク神戸RTKAWASAKI+00:40.985
439大木 汰一グリーンクラブ ライムグリーンRTKAWASAKI+00:43.607
5912小川 孝平グリーンクラブ ピュアテック
レーシング
KAWASAKI+00:44.691
633道脇 右京TEAM KOHSAKA with CARVEKHONDA+00:49.088
759小林 秀真グリーンクラブ八尾カワサキ
ANNEX
KAWASAKI+00:57.864
832横澤 拓夢Team TARGETHONDA+01:06.265
943平山 力グリーンクラブRC弘前&TSFKAWASAKI+01:08.561
1072高橋 虎太郎グリーンクラブ ジュニアライダーズKAWASAKI+01:10.902
11911斉藤 嵩SRF関東オートスポーツ清水SUZUKI+01:12.399
1638内田 篤基Team SSCSUZUKI+01:26.333
2164馬場 亮太SRM マウンテンライダーズSUZUKI+1Lap
2405鴨田 翔SRM マウンテンライダーズSUZUKI+1Lap
2776林 憂人NAKA JRC&KSGSUZUKI+1Lap
第2戦 関東大会 レディース 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
14畑尾 樹璃T.E.SPORT SHOWAHONDA18:20.780
28川井 麻央T.E.SPORTHONDA+00:08.698
35安原 さや名阪レーシングYAMAHA+00:16.050
43本田 七海TEAM KOH-ZYAMAHA+00:23.545
52久保 まなSRM マウンテンライダーズSUZUKI+00:24.135
612鈴木 優那TEAM KOHSAKA with
コクサイエンジニアリング
HONDA+00:25.175
79勝股 七海Team ITOMOHONDA+00:30.310
87神田橋 芽グリーンクラブ ピュアテックレーシングKAWASAKI+00:30.703
91竹内 優菜TEAM HAMMER ホンダ学園HONDA+00:33.076
1020田端 紗名YSP横浜南YAMAHA+00:43.529
1210永井 歩夢SRF 関東オートスポーツ清水SUZUKI+00:50.275
2051井川 実乃里SRF 98%レーシングSUZUKI+01:16.477
2629松木 紗子SRM マウンテンライダーズSUZUKI+1Lap