PROMOTION

グランドクロスオーバー

スーパースポーツのDNAを受け継いだコンポーネントと最新の電子制御システムの搭載により、さまざまな走行シーンで求められる高い操縦安定性と快適な乗り心地を実現。
長いホイールトラベルを持つ電子制御サスペンションや、アップライトなポジションを採用するなどスポーツツアラーの快適性と、スポーツアドベンチャーツアラーの多様性を融合させた。
アグレッシブなスポーツライディングから、コンフォートな走りにも対応するスズキが新しく提案するグランドクロスオーバー。

スズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)

ECM/電子制御スロットルバルブ/フューエルインジェクター/スロットルポジションセンサー/後車輪速センサー/ギヤポジションセンサー/クランクポジションセンサー/前車輪速センサー/イグニッションコイル/ディスプレイ

最新のスズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)を搭載。
路面の変化やライダーの好みに合わせた最適なパフォーマンスを提供し、ライディングに集中できるようS.I.R.S.がアシスト。ライダーの疲れを軽減し、走る楽しさをさらに感じることができる。
統合ライディングモードによる一括設定に加え、ライダーのスキルや好みにあわせたマニュアル設定も可能。

●S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)とは、スズキの電子制御システムの総称です。

1 スズキドライブモードセレクターα(SDMS-α):統合ライディングモード

以下の3つの電子制御システムを統合コントロール

1-1 SDMS-α:パワーモードセレクター

3つの走行モードから任意のモードを選択し、エンジン制御マップの切替えが可能。
最高出力は変わらず、出力フィーリングの違いを体感できるように設定。
天候や、路面状況における様々な状況や、ライダーの好みに応じたモードを選択することでライディングをサポート。

モード1 最もシャープなスロットルレスポンスであり、すべてのスロットル開度において最大のエンジン出力が得られる特性。
スポーティな走りを味わうことができる。

モード2

モード1より中間のスロットル開度においてスロットルレスポンスがややマイルドな特性。
市街地走行やツーリングなどに適用するようセッティングされており、コントロール性が高いモードになっている。
最高出力値は変わらない。

モード3 モード2より高いスロットル開度までスロットルレスポンスがマイルドな特性。
最高出力値は変わらないが、非常に滑らかな加速が得られる。
最も穏やかなスロットルレスポンスとトルク特性が特長。
ウエットな路面や滑りやすい路面などでライダーの負担を軽減。

1-2 SDMS-α:スマートT.L.R . (トラクション、リフト、ロールトルク)コントロール

スズキトラクションコントロールシステム(STCS)

前後輪の速度センサー、スロットルポジションセンサー、クランクポジションセンサー、
ギヤポジションセンサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力をコントロールする。
路面の状況やライダーの経験値などに合わせて、7モード(+OFF)からシステムの介入レベルが選択可能。
エンジン出力を効率よく路面に伝え、より快適なライディングを楽しむことができる。

  • スズキトラクションコントロールシステムは、走行を補助するシステムであり、スリップ(スピン)の発生や転倒を完全に防止するものではありません。
    機能には限界がありますので、システムに頼らず安全運転を心がけてください。

リフトリミッター

前輪のリフトを抑えながら効率の良い加速が得られるシステムを搭載。スズキトラクションコントロールシステム(STCS)と相互に連動して介入レベルが自動設定。
リフトリミッターの作動中は、ディスプレイSDMSの位置にインジケーター「LF」が点滅。

  • リフトリミッターは、あらゆる条件下での前輪の浮き上がりを抑制するものではありません。悪路や坂道、また車両後部に積載している状態などでは浮き上がりが発生しやすくなります。

ロールトルクコントロール

IMUと前後輪の車輪速センサーおよび車体姿勢を検出し、車体のバンク角と車輪の回転数に応じて後輪の駆動力をコントロールし、最適な加速ができるようトルクを制御する。スズキ二輪車初となるロールトルクコントロールは、スズキトラクションコントロールシステム(STCS)と相互に連動して介入レベルが自動設定。

  • ロールトルクコントロールシステムは、走行を補助するシステムであり、スリップ(スピン)の発生や転倒を完全に防止するものではありません。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転を心がけてください。

1-3 SDMS-α:アクティブダンピングコントロール(AD)

スズキアドバンスドエレクトロニックサスペンション(S. A. E. S.)は、「H(ハード)」、「M(ミディアム)」、「S(ソフト)」、およびカスタマイズ可能な「U(ユーザー)」の4つから減衰力のモードを選択できる。
統合ライディングモードでは「Aモード:H」「Bモード:M」「Cモード:S」が標準設定されているが、プリセットされたモードを変更することも可能。
減衰力は、選択したモードに応じその時々の状況に合わせて自動的に調整される。また、ユーザーモード「U」では、「H」「M」「S」を基本に、ライダーの好みに合わせてフロントとリヤの減衰力をそれぞれ±3段階で調整可能。

スズキアドバンスドエレクトロニックサスペンション(S.A.E.S.)

スズキアドバンスドエレクトロニックサスペンション(S.A.E.S.)をスズキの二輪車として初採用。
前後共に150mmのホイールトラベルを備え、路面入力に応じた減衰特性を発揮。長距離走行時の疲労を軽減し、快適な走行に貢献する。
GSX-S1000GX専用にセッティングを施した日立Astemo株式会社(SHOWA)製電子制御サスペンションEERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)は、電子制御ダンパーとして進化したSFF(SeparateFunction Front Fork)- CATM(カートリッジタイプ)と、BFRC(Balance Free Rear Cushion)-lite®を搭載。その結果、スムーズかつ安定した乗り心地が得られ、さまざまな走行シーンに合わせたサスペンション特性を提供する。
さらに、

  1. 路面の変化に対応して追従性と快適性をさらに向上させるスズキフローティングライドコントロール(SFRC)
  1. 車速を監視し、速度に合わせて減衰力を最適化するスズキベロシティディペンデントコントロール(SVDC)
  2. ブレーキによる車両姿勢の変化をスムーズに収束させ、理想的なピッチ運動を実現するスズキディセレレーションダンピングコントロール(SDDC)以上の3つの機能を搭載。
  • SFRCなし/SFRC作動/SDDCなし/SDDC作動

  • スズキアドバンスド エレクトロニックサスペンション(S.A.E.S.)

2 スズキロードアダプティブスタビライゼーションシステム(SRAS)

SRASは、SDMS-αと連携して、通常路面走行時の応答性を重視した設定と、石畳や凹凸のある路面を走行する際に乗り心地をより滑らかにする設定をシームレスに切り替える。OFFにすることも可能。
凹凸のある路面走行を検出するとスズキフローティングライドコントロール(SFRC)が自動的に切り替えし、スムーズな走行に貢献。前後サスペンションストロークセンサーからの車両データを組み合わせ、さまざまな走行シーンに求められる優れたサスペンション特性を実現。

3 オートマチックリヤサスペンションモード

AUTOモード/マニュアルモード

リヤサスペンションのプリロードアジャスターを電子制御化することにより、サスペンションモードを走行シーンに応じて4つの中から選択可能。
AUTOモードは、リヤサスペンションのプリロードと減衰力を自動で調整。タンデムや荷物の積載状態に応じて車体姿勢の変化を検知し、適切な姿勢を保つよう自動補正するオートレベリング(プリロード補正)機能を搭載。積載状況に合わせてフロントの減衰力も自動に調整する。
マニュアルモードは、①一人乗り、②一人乗り+荷物積載、③二人乗りの3つのモードから選択。
さらに、ライダーの好みに合わせAUTOモードでは±3段階、マニュアルモードでは±4段階の調整が可能。

4 電子制御スロットルシステム

エンジンをきめ細かく制御することができ、様々なシーンで、ライダーに忠実に応えるスロットルフィーリングを実現。また、双方向クイックシフトシステムなどライダーを補助する有効な電子制御システムの導入を可能とし、乗り易さと高い操作性に貢献。

5 双方向クイックシフトシステム

ライダーがクラッチやスロットル操作をせずにシフトアップ/ダウンが可能なシステム。OFFにすることも可能。シフトアップ時、スピーディなシフトアップが可能となり、ほぼ連続的な加速を得ることができる。
シフトダウン時は、自動的にスロットルバルブを開けることでエンジン回転数を僅かに上げ、ギヤドッグ負荷を瞬間的に抜くことにより、スロットルのブリッピングやクラッチ操作をすることなく、スピーディかつスムーズなシフトダウンを行うことができる。
各ギヤ、各回転域で最適なセッティングとすることで、快適なシフトフィーリングを実現。ギヤシフトを繰り返す状況でのクラッチ及びスロットル操作を省略できることにより、ライダーの疲労を軽減。

6 スマートクルーズコントロール

スマートクルーズコントロール スイッチ

スロットルを操作せずに設定速度を維持できる機能。2速以上で30km/h ~の速度設定が可能。
双方向クイックシフトシステムを使ったシフト操作もできる。これにより、長距離を快適に走行できる。システム状態はディスプレイに表示され、左ハンドルスイッチ(+/-)を使って簡単に速度の調整が可能。セットした速度をキャンセルした後、前回セットした速度に戻すレジューム機能も装備している。

7 モーショントラックブレーキシステム

IMUからの情報に基づき、直進時に加え、コーナリング時の状況に応じてABSが作動。車輪をロックさせずに効率よく減速することが可能。

  • ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転を心がけてください。

8 スロープディペンデントコントロールシステム

下り坂を走行しているときにライダーがブレーキ操作を行った場合、IMUが車体姿勢を検知し、勾配に応じてABSの作動を最適化することで、後輪のリフトを減らし安定した制動を行う。

9 スズキイージースタートシステム

ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムを装備。
スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(エンジンコントロールモジュール)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。

10 ローRPMアシスト

発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御する。
発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現。また渋滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジン回転の落ち込みを感じにくくライダーをサポート。

  • 掲載の写真(QU5)は、純正アクセサリー(別売り)装着車です。
    【樹脂サイドケースセット・ガーニッシュ(QU5)・サイドケースブラケット・サイドケースアダプター・ロックセット・プレミアムシート・ブレンボキャリパーセット(レッド)・センタースタンド・フレームスライダー・フロントアクスルスライダー・リヤアクスルスライダー・ホイールデカール】

展示車・試乗車を検索