PERFORMANCE

日常の中にある感動。扱いやすいエンジンがライディングをサポート。

エンジン

水冷・SOHC・248cm3・2気筒エンジンは、低・中速トルクを重点的に向上させ、パワフルさと扱いやすさを両立させるため徹底的な分析と最適化が施されている。市街地走行やツーリング走行、ワインディングでの走行で必要とされる最適な出力特性を実現している。また、燃焼効率の向上及びフリクションロスの低減を行い、高い燃費性能も実現している。

シリンダーヘッド

フリクションロスを最小化するためにローラータイプのロッカーアームを採用。

シリンダー

ホーニング方法を最適化することで、シリンダー壁面のオイル保持性を向上。ピストン、ピストンリングとのフリクションロスの低減に貢献している。

スパークプラグ

燃焼効率向上のためプロジェクトタイプ(突出し仕様)のスパークプラグを採用。スロットルバルブの低開度時におけるレスポンスを向上させ燃費の向上にも貢献している。

インテークバルブ

インテークバルブのステム部をウエスト化し吸入抵抗を少なくすることで、燃焼効率を向上。性能向上と排出ガス削減に貢献している。

カムシャフト

カムプロフィールを最適化。もっともよく使われる速度域である発進~90km/hでの加速性能を向上させた。

オイルポンプ

徹底的なフリクションロス低減の為、オイルポンプの吐出量を最適化。エンジン出力と燃費向上に貢献している。

高効率で軽量なエキゾーストシステム

GSX250Rの2ー1エキゾーストシステムは、配管と触媒の仕様を見直すことにより、高回転域の出力を維持しながら、排ガス浄化性能を向上させた。また触媒の前のチャンバー構造を見直すことにより、消音性能を向上させた。サイレンサーには異型断面形状タイプを採用し、バンク角を確保している。サイレンサー内部構造も見直し、排気損失を低減し出力向上に貢献している。また音質にもこだわり、よりスポーティな心地よいサウンドとした。

安定感のある制動力を生むABS

ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備。車体速度に対して車輪速度が落ちた状態を検知すると、ABSユニットでブレーキ圧の保持と減圧を自動的に繰り返し車輪のロックを回避し、車輪速度が車体速度に近づくと徐々にブレーキ圧の増圧を行なう。これを繰り返し制御することにより、車輪をロックさせず効率良く減速することを可能としている。

  • ABSは制動距離を縮めるものではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

展示車・試乗車を検索