新開発の油冷SEPエンジンには、スズキの最新技術を投入したオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を搭載。
軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデル、ジクサーSF250誕生。

ジクサーSF250を特徴付ける、様々な個性。

ALL NEW ENGINE

新たに開発された単気筒SOHC4バルブ249cm3エンジンは冷却方式に油冷を採用し、高出力でありながら軽く、小さく、シンプルにそして環境性能に優れたエンジンとなるよう開発された。スズキの持つ技術が惜しみなく投入されたこのエンジンは、最高出力19kw(26ps)を発揮。低回転域で粘りのあるトルク感を演出しながら、中高回転域では気持ちの良い加速感を実現した。また軽量なエンジンは運動性能にも大きく寄与し、ジクサーの車体と相まってライトウェイトスポーツの楽しさを体現している。

SUZUKI OIL COOLING SYSTEM (SOCS)

SOCS(Suzuki Oil Cooling System)を新たに採用。エンジンの燃焼室周りにオイルジャケットと呼ばれる冷却回路を作成、そこにオイルを通す事で冷却する方式とした。潤滑とは独立した回路とし、オイルクーラーで冷やしたオイルを直接オイルジャケットに速い速度で通す事でエンジンを冷却している。またオイルジャケットの中にバウンダリーレイヤーブレーカーと呼ばれる突起を作る事によってオイルの流れる速度を変化させ冷却効率を高めている。

OIL COOLER

放熱の要となるオイルクーラーは大きさを最適化。さらに渋滞などの無風状態における放熱を考慮し電動冷却ファンを装備。

PISTON

ピストンスカート中心にシナジーサークルテクスチャコーティングを施す事で必要な油膜を保持すると同時に、スカートの左右端に縦溝を配置して余分なオイルを整流、排出することでフリクションロスの低減を実現。

SUZUKI EASY START SYSTEM

ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECMが始動状況を確認してスターターモーターを止める。

DESIGN SKETCH

滑らかなボディワークで形成された低く構えたスタイリングは、力強さとグラマラスさを兼ね備えダイナミックで魅力的な走りを予感させる。

HEADLIGHT

低く構えたフロントカウル先端にワイドな形状の新設計LEDヘッドライトを装備。ヘッドライトレンズにも特徴的なラインを入れた特色あるヘッドライトは一目でジクサーSF250とわかるデザインとした。

HANDLE

ジクサーSF250にはスポーティなセパレートハンドルを装備。スポーティな走りと日常での快適性を両立。

COWL

力強く躍動感あるスタイリングを形成する新設計のカウルは、ダイナミックなフロントフェイスと流れるようなキャラクターラインを両立。低く構えたスタイリングとしながらも、ライダーの快適性、操縦安定性に貢献。

TAILLIGHT

新設計のLEDリアコンビネーションランプを採用。

展示車・試乗車を検索