スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
リッキー・カーマイケル ユニバーシティ
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
2017 全日本モトクロス選手権
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2017年6月4日
全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会
スポーツランドSUGO(宮城県)

深谷広一が両ヒート5位で総合5位。ランキングは1アップで6位に。
モトクロス界のレジェンド、リッキー・カーマイケルが再来日し熱田孝高とのデモランで地元ファンを魅了
rd04
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会は、宮城県のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。谷を挟んだ二つの尾根を行き来するダイナミックかつハイスピードなレイアウトが特徴の同コース。今シーズンは今大会を含め、8月の第6戦と10月の最終戦、シリーズ9戦中3戦が組まれている。天候は土日とも日中雲が広がりはしたものの概ね晴れ。しかしこのコース独特の粘土質路面には、金曜日に降った雨の影響を受けて、コーナーには複数のワダチが、ストレート上には多数のギャップが出現。荒れた路面の攻略がレースの大きなポイントとなった。

今シーズンのTeam SUZUKIは、タイトル奪還を目標に掲げる小島庸平と新加入した深谷広一が新型RM-Z450WSでIA1クラスに参戦。渡辺 明監督の下、昨シーズンを持って現役を引退した熱田孝高氏がライディングアドバイザーとして選手を支える。

前回中国大会で激しいクラッシュに見舞われた深谷広一は、2週間足らずのインターバルで可能な限り体調を整え今大会への参戦を果たしたが、公式練習走行で足を負傷した小島庸平は今大会を欠場。治療とリハビリに専念し早期復帰を目指すことになった。

なお今大会には、AMAスーパークロス・モトクロスのチャンピオン獲得などスズキと共に数々の栄光を打ち立てたスーパースター、リッキー・カーマイケル氏が2015年の広島大会に引き続き2年ぶりに再来日。日曜日の昼休みに熱田氏とデモランを敢行した他、サイン会などを行い、地元東北はもちろん、遥々遠方から訪れたファンと交流を持った。カーマイケル氏来日の効果もあり、大会期間中には公式発表で土日合わせ4350名の観客が訪れレースを楽しんだ。

rd04 rd04
   

IA1クラス第1ヒート。土曜日の予選7番手で決勝進出を果たした深谷は、好スタートを決めることが出来ずオープニングラップを9番手でクリアした。序盤、先行するライダーをパスして確実に順位を上げた深谷は、4周目に5番手まで順位を挽回。しかしその間にトップグループの先行を許してしまい、更にペースを上げた深谷だったが、トップグループとの間には大きな差が出来てしまう。レース後半もアグレッシブに攻め続けた深谷は、前を走る成田 亮(ホンダ)との間合いを詰めたものの捉えるまでにはいかず、5位のポジションを保ってチェッカーを受けた。

IA1クラス第2ヒート。ヒート1と同様に9番手で1周目のコントロールラインを通過した深谷は、前半から中盤にかけてリズムを掴むと7周目に5番手まで順位を上げる。次の周回、後続の先行を許してひとつ順位を落とした深谷だったが、後半12周目にベストタイムをマークするなど荒れたコースを攻め続け、終盤14周目に星野 裕(カワサキ)を捉えることに成功する。これで5番手のポジションを取り戻した深谷は、今度は4番手を走る成田の背後を完全に捉えプレッシャーをかけ続けるが、懸命のアタックもあと一歩及ばずこのヒートも5位でフィニッシュした。

rd04 rd04
   
rd04 rd04
   
rd04 rd04


深谷広一(IA1) 第1ヒート5位/第2ヒート5位 総合5位
「前回中国大会のクラッシュは、3番手を走行中に早めに前に出たいと勝負を急いだ自分のミス。幸い骨折等はしなかったが、全身打撲で中1週のインターバルは静養を強いられた。当然万全の体調とは言えない状態で、両ヒートともスタートをミスしてしまったこともあり、それでもなんとか5位というリザルトを残すことが出来たが、もちろん満足できる内容ではない。次の藤沢までは時間があるし、ここまでのベストリザルトである5位を更新すること。表彰台獲得を目標に、しっかりと調整したい。」

渡辺 明 監督
「前回中国大会で、小島は練習中にアキレス腱を断裂するという怪我を負ってしまった。そのため小島は今大会を欠場することになったが、怪我の翌日には無事手術を終えて、復帰に向けて取り組んでいる。一方、深谷も前回のレースで転倒してダメージを残してしまったが、2週間しっかりと準備をして今大会に臨むことが出来た。5-5のリザルトはそれなりの走りが出来た結果。マシンにも徐々に慣れ、セッティングの方向性も掴めてきた。しかしまだまだ良く出来る。十分トップ争いをする力を持ったライダーなので、次のレースまでしっかりとその準備に取り組んでいく。」

IA1 ヒート1結果
順位ライダーTime/Gap
1小方 誠(カワサキ)33:33.871
2山本 鯨(ホンダ)+00:04.804
3平田 優(ヤマハ)+00:08.813
4成田 亮(ホンダ)+00:35.240
5深谷 広一(Team SUZUKI)+00:38.731
6星野 優位(KTM)+00:40.463
7星野 裕(カワサキ)+00:53.096
8池谷 優太(SRF TEAM REDZONE)+01:13.416
9大塚 豪太(ホンダ)+01:13.963
10長門 健一(ホンダ)+01:41.220
12鈴木 正明(SRF関東&秀明道場)+01:53.395
13稲垣 達樹(TeamSSC)+1Lap
IA1 ヒート2結果
順位ライダーTime/Gap
1小方 誠(カワサキ)33:38.469
2山本 鯨(ホンダ)+00:02.817
3平田 優(ヤマハ)+00:22.195
4成田 亮(ホンダ)+00:26.027
5深谷 広一(Team SUZUKI)+00:27.393
6星野 裕(カワサキ)+00:30.206
7池谷 優太(SRF TEAM REDZONE)+01:00.185
8星野 優位(KTM)+01:00.968
9大塚 豪太(ホンダ)+01:10.867
10稲垣 達樹(TeamSSC)+01:46.993
12鈴木 正明(SRF関東&秀明道場)+01:53.886

IA1 ポイントランキング
順位ライダーポイント
1小方 誠(カワサキ)169pt
2山本 鯨(ホンダ)164pt
3成田 亮(ホンダ)161pt
4平田 優(ヤマハ)136pt
5新井 宏彰(カワサキ)110pt
6深谷 広一(Team SUZUKI)106pt
7星野 優位(KTM)101pt
8星野 裕(カワサキ)97pt
9大塚 豪太(ホンダ)88pt
10小島 庸平(Team SUZUKI)74pt