スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2017 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
ROUND3
ROUND4
リッキー・カーマイケル ユニバーシティ
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
2017 全日本モトクロス選手権
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2017年4月23日
全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会
オフロードヴィレッジ(埼玉県)

小島庸平が2戦連続3位表彰台を獲得
深谷広一は怪我の影響で苦戦を強いられながらも手応えを掴む
ROUND2
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。関東平野の中央、荒川の河川敷に造られた会場のオフロードヴィレッジは、フラットな限られたスペースに複数のジャンプ、コーナーを組み合わせることで変化を持たせたテクニカルコース。これまでも大会毎に部分的なレイアウトを変更して来たが、今回はダブルジャンプやコンビネーションジャンプをテーブルトップジャンプに、またストレートにシケインを設けるなど安全対策を重視した変更が施された。大会期間中は土曜日の夕方からまとまった雨が降ったが、決勝日の朝には晴れ上がり、快晴の絶好の観戦日和となった。都心から短時間でアクセスできる首都圏での開催ということもあり、公式発表で土日合せ8000人の観客が訪れ、青空の下コースサイドを取り囲むようにしてレースを楽しんだ。

今シーズンのTeam SUZUKIは、タイトル奪還を目標に掲げる小島庸平と新加入した深谷広一が新型RM-Z450WSでIA1クラスに参戦。渡辺 明監督の下、昨シーズンを持って現役を引退した熱田孝高氏がライディングアドバイザーとして選手を支える。小島は第1ヒートが4位。第2ヒートでは開幕戦に続き3位表彰台を獲得し総合も3位。開幕直前の怪我でまだ万全の体調ではない深谷は、両ヒート7位の総合8位でこの大会を乗り切った。

ROUND2 ROUND2
ROUND2 ROUND2

IA1クラス第1ヒート。予選4番手から決勝に臨んだ小島は、スタートでやや出遅れるもすぐにポジションを上げてオープニングラップを6番手でクリア。2周目、平田 優(ヤマハ)をパスしてひとつ順位を上げた小島は、上位の争いからはやや遅れたものの、荒れたコースの中、確実に周回を重ね、このポジションをキープしてチェッカーを受けた。一方深谷は、1周目11番手のポジションからレース開始。前半4台をパスして7番手に順位を上げた深谷は、終盤、星野優位(KTM)の追撃を受けたがこれを抑え込み、7位のポジションを確実にキープしてフィニッシュした。

IA1クラス第2ヒート。ヒート1よりもイン側のゲートを選択した小島は、確実にスタートを決めて1周目を3番手でクリア。前半、前を走る成田 亮(ホンダ)にプレッシャーをかけた小島は、8周目に隙を付いてこれをパスし2番手に浮上。レース折り返しの10周目にひとつ順位を落とした小島は、後半単独走行となるもののしっかりとペースを維持して3位でフィニッシュ。開幕戦に続き2戦連続となる表彰台登壇を果たした。一方の深谷は、まずまずのスタートを決めて9番手で1周目のコントロールラインを通過。5周目、先行する大塚豪太(ホンダ)と平田 優(ヤマハ)を立て続けにパスし7番手にポジションを上げた深谷は、後半、伊藤正憲(ヤマハ)を抜いて更に一つ順位を上げるが、13周目に一旦は抜いた平田の先行を許し再び7番手後退。終盤、確実にフィニッシュすることを優先した深谷は、このポジションをしっかりと守ってチェッカーを受けた。


小島庸平(IA1) 第1ヒート5位/第2ヒート3位 総合4位

「土曜日からいいリズムが掴めず苦戦しました。いろいろ試してみたんですが、逆にセッティングを外してヒート1はペースが上がらなかった。去年まではこれで行こうと割り切って臨めたんですが、新しいマシンの造り込みの過程なので、データの不足はどうしても出てきてしまう。ヒート1はトップ争いができなかったので、その点を反省してヒート2はスタートに集中しました。それでも前の2台を逃してしまったのは悔しいですね。ただ、今の時点でのベストは尽くせたし、ポイント争いも前と離れていないので、シーズン後半にチャンピオン争いができるようにしっかりと取り組んで行きます。」

深谷広一(IA1) 第1ヒート7位/第2ヒート7位 総合8位

「開幕戦は雨に助けられたけど、晴れのコンディションではまだまだ詰めきれない部分が多くて、怪我の回復具合という面からも苦戦は覚悟していました。スタート重視のコースレイアウトで、決まれば少しは違う展開になったと思うし少しはアピールできたと思うんですが、もったいないレースをしてしまいました。予選、レースを走り切って、バイクのポテンシャルと、まだまだ詰められる部分が多いことを実感できたのが唯一の収穫でしたね。次は得意なコースだし、1カ月のインターバルがあるので、全部が埋めきれるとは思っていないが、出来る限り納得のいくレベルに持って行きたいと思っています。」

渡辺 明 監督

「前回のマディから今回は快晴のレース日和となり、その中で小島がトップ争いをしてくれたことは良かった。高いレベルでレースをしないとマシンの開発も進みませんからね。毎年シーズンの後半はウチのチームのペースになる。だから序盤の1~3戦で上位から離されないことが課題。そういう意味で、全体としては悪くはない。小島のヒート1は力が入り過ぎてペースを乱してしまった。ヒート2は身体も解れたのか、思い切って走って、前の2台は逃がしてしまいましたが、成田を抜いて表彰台に上がってくれました。深谷はもう少し順位を上げることができたはず。これは怪我の影響もあって十分な走り込みができなかったことが原因。レースを重ねれば体力的にも着実に良くなっていくと思っています。」

IA1 ヒート1結果
順位ライダーTime/Gap
1山本 鯨(ホンダ)32:17.610
2成田 亮(ホンダ)+00:04.268
3新井 宏彰(カワサキ)+00:05.127
4小方 誠(カワサキ)+00:05.680
5小島 庸平(Team SUZUKI)+00:37.056
6平田 優(ヤマハ)+00:40.228
7深谷 広一(Team SUZUKI)+00:47.555
8星野 優位(KTM)+00:48.450
9伊藤 正憲(ヤマハ)+01:22.173
10池谷 優太(SRF TEAM REDZONE)+01:24.182
16鈴木 正明(SRF関東&秀明道場)+1Lap
20諸見里 祐哉(秀明道場)+2Laps
IA1 ヒート2結果
順位ライダーTime/Gap
1新井 宏彰(カワサキ)32:19.125
2小方 誠(カワサキ)+00:15.682
3小島 庸平(Team SUZUKI)+00:27.923
4成田 亮(ホンダ)+00:30.238
5平田 優(ヤマハ)+00:31.735
6星野 優位(KTM)+00:46.843
7深谷 広一(Team SUZUKI)+00:52.694
8田中 雅己(ホンダ)+00:58.379
9伊藤 正憲(ヤマハ)+01:17.977
10池谷 優太(SRF TEAM REDZONE)+01:26.978
12鈴木 正明(SRF関東&秀明道場)+1Lap
18諸見里 祐哉(秀明道場)+2Laps

IA1 ポイントランキング
順位ライダーポイント
1成田 亮(ホンダ)87pt
2山本 鯨(ホンダ)80pt
3小島 庸平(Team SUZUKI)74pt
4新井 宏彰(カワサキ)70pt
5小方 誠(カワサキ)69pt
6平田 優(ヤマハ)69pt
7深谷 広一(Team SUZUKI)58pt
8伊藤 正憲(ヤマハ)48pt
9星野 優位(KTM)44pt
10田中 雅己(ホンダ)44pt