2004年10月よりスタートした「二輪車リサイクル自主取組み」は、国内二輪車メーカー4社および輸入事業者12社(以下、参加事業者)が参加して、日本における二輪車の流通実態に即したリサイクルシステムを構築して、使用済み二輪車の廃棄・処理・リサイクルについて 自主的に取り組んでいくものです。

スズキでは廃棄二輪車リサイクルを推進しております。
リサイクルマークが付いていない車両であっても、2011年10月以降は、廃棄時にリサイクル料金のご負担はありません。

※廃棄二輪車取扱店に車両をお持込みの場合、収集・運搬費用が別途必要となります。詳しくは廃棄二輪車取扱店にお問い合わせください。
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2016.6.27)
   
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2015.7.15)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2014.8.7)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2013.7.16)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2012.7.31)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2011.8.5)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2010.8.24)
 
  ■二輪車リサイクル自主取組みの進捗状況について (2009.7.28)
 
二輪車リサイクルシステムとは?
リサイクル手続きの流れ・お問い合わせ先
リサイクルマークについて
引取対象車両について
車両の引取場所について
(2004年10月より)引取対象車両の検索