GSR250S

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

ライダーと一体になったときにこそ完成する人馬一体のデザイン。
それがGSR250S が目指すもの。
ゆとりのあるライディングポジションや、優れた運動性能が250cm3 という枠を超えて走る気持ちを駆り立てる。
なんの目的もなく向かった場所。
そこには自分だけが感じられる特別なものがあった。
変わる空気、風の音、走ることが楽しかったあの頃の風景をもう一度見に行ってみよう。

快適なライディングポジションと、優れた乗り心地のために造形されたカウリング

大きな車体と、フィッティング感の高いライディングポジション、そして高い防風効果を生み出す快適性を高い次元で確保しています。
ウインドプロテクションがツーリングを快適にし、余裕のライディングを実現する。

カウリング&ウインドシールド

風洞実験より導き出されたシャープなデザインのハーフカウルは、高いウィンドプロテクションを実現。ライダーとタンデムライダーの大きな車体と、フィッティング感の高いライディングポジション、そして高い防風効果を生み出す快適性を高い次元で確保しています。

ハンドル

ハンドルポジションはGSR250と比べ、上方に約48mm上げ、タンク側に約66mm引き寄せることにより、前傾の少ない快適なライディングポジションを実現しています。左手元には後続車へのサインに便利なハザードスイッチを設置しました。

多機能デジタルメーター

LEDインジケーター

視認性の高いLEDを採用。

エンジン回転インジケーターライト

エンジン回転数が設定値に達すると、エンジン回転インジケーターライトが点灯または点滅し、シフトアップのタイミングをお知らせします。点灯方式、回転数の設定は、エンジン回転インジケーターライトの設定モードで変更することが可能です。

※エンジン回転インジケーターライトが点灯または点滅に設定されている場合は、マークが表示されます。
※エンジン回転インジケーターライトを点灯または点滅させたくない場合は、エンジン回転インジケーターライトの設定モードで消灯に設定してください。

液晶ディスプレイ

メーター右側には大型の液晶ディスプレイを配置。
速度計、燃料計、オドメーター、ツイントリップメーター、ギヤポジションインジケーター、メンテナンスインジケーター、時計が表示されます。

●セレクトボタンでオドメーター、ツイントリップメーター、時計の順序で切り替わります。

ギヤポジションインジケーター

現在、どのギヤに入っているか、一目でわかるギヤポジションインジケーター。ユーザーには心強い装備。

メンテナンスインジケーター

オイル交換の時期を知らせてくれます。初回は1,000kmで表示、リセット後は6,000kmごとに表示します。初回の1,000kmを過ぎると6,000~500kmの範囲で設定を調整することができます。

/motor/