Vストローム650XT ABS / Vストローム650 ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求
  • Vストロームミーティング2016

道はどこまで続くのだろう。
美しい舗装路、海岸通り、緑の中のトレール、ワインディングロード、彼方へ伸びるハイウェイ。
あらゆる道の彼方に真の自由を探し求めて、ライダーは走る。

V-Strom650XT ABS:掲載写真の車両は、用品(別売り)装着車です。【ナックルカバー/グリップヒーター/トップケース/トップケースキャリアプレート/トップケースキャリアアタッチメント/サイドケースセット/サイドケースキャリア/サイドケースキャリアアタッチメント/キーセット/センタースタンド/12V電源ソケット】

世界の道を知る2つのスポーツアドベンチャーツアラー。

高い走行性能と耐久性で、海外のライダーに支持されてきたV-Strom650 ABS。
フロントカウル、ワイヤースポークホイールを採用したV-Strom650XT ABS。
あらゆる走りの醍醐味をひとつに凝縮した2つのスポーツアドベンチャーツアラーが
妥協のないこだわりを貫き、磨き上げられたクオリティと高いパフォーマンスで
変化に満ちた日本の道を切り開く。

掲載写真の車両は、用品(別売り)装着車です。【ナックルカバー/グリップヒーター/トップケース/トップケースキャリアプレート/トップケースキャリアアタッチメント/サイドケースセット/サイドケースキャリア/サイドケースキャリアアタッチメント/キーセット/センタースタンド/12V電源ソケット】

自由な走りの世界を追求して生まれたスタイリング。 それがV-Strom 650XT ABSの最大の特徴であり個性。
コンパクトなボディは、美しいペイントと精悍なマットブラックのコンビネーションデザインで、スポーティな雰囲気に満ちあふれる。
優れた防風性能のウィンドスクリーン、マシン周囲の熱と風の流れを整えるスリムな車体。
各所に先進の機能を搭載して、ライダーに快適な走り心地を提供する。

進化と伝統を強調するフロントフェイス

鳥類のくちばしを連想させるような鋭敏なラインのフロントカウル。まさに風を切り裂くような斬新なイメージと同時に、かつて1980年代に活躍したDR750Sの血統を受け継ぐスズキ伝統のデザインコンセプトが、このフロントフェイスに息づいている。上質のペインティングが施されたフロント上部のヘッドライトは、12V60/55Wハロゲンバルブのマルチリフレクター左右2灯レイアウトを採用し、高い配光性能により明るさを確保。フロント下部はツヤ消しマットブラック仕上げの切り替えデザインで、フロントフォークカバーと一体型のフロントフェンダーが、ラジエターへのスムーズなエアの取り入れに貢献している。

チューブレスタイプのワイヤースポークホイール

新採用のチューブレスタイプのワイヤースポークホイールが、しなやかな乗り心地と軽快なハンドリングの両立を実現。ラジアルタイヤ(フロント110/80R19、リア150/70R17)と共に、操縦安定性と優れたグリップ性能を発揮する。

スポーツアドベンチャーツアラーに求められるすべてをバランスさせたV-Strom650ABS。
低速域のトルクと高速域のパワーを両立したV-ツインエンジンと操縦安定性に貢献するアルミ製ツインスパーフレームが生み出す
卓越した走行性能が、あなたを未知なる旅へと誘う。

左右2 灯ヘッドライト

12V60/55Wハロゲンバルブのマルチリフレクター左右2灯レイアウト。
高い配光性能(明るさ)を確保し、夜間走行をサポートする。

スポーティで軽快なハンドリングを実現するホイール&タイヤ

軽量アルミホイールと専用設計のラジアルタイヤを装備。アルミ製3本スポークホイールを、軽量なアルミ製スイングアームと組み合わせることで、バネ下重量を低減し、サスペンションの追従性、乗り心地の良さ、快適性、スポーティで軽快なハンドリング性能と操縦安定性に貢献している。

様々なシーンにおいて、高いパフォーマンスを発揮する走り。
まだ見ぬ道に挑む。
扱いやすい特性が、さらなる冒険心を掻き立てる。

低中速域のトルクとパワフルな高速域を両立したV ツインエンジン

エンジンは、低中速域ではVツイン独特の鼓動感と共にトルクフルで扱い易く、高回転域では伸びのあるパワーを発揮している。低速から太いトルクを発生し、中速域では一気に吹け上がり、高回転での伸びへと繋がる出力特性により、急峻な山岳道路から高速道路クルージング、混雑した市街地など、様々な走行シーンで扱い易いものとしている。また、メカニカルノイズを低減し、アイドリング時のエンジン音を洗練させる事により、上質なエンジンを造り込んだ。

心地よいライディングフィールを生み出すトランスミッション

6速ミッションを採用。クロス気味にセッティングされた1〜5速はシフト操作の醍醐味を堪能することができ、オーバードライブ的に使用可能な6速は高速走行時の回転数を抑える事を可能としている。急峻な山岳路や混雑した市街地でも軽快に走行できる減速比とした。

高い放熱性、耐摩耗性を実現したSCEMメッキシリンダー

アルミダイキャストシリンダーは、高い放熱性と耐摩耗性をもつスズキ独自のSuzuki Composite Electrochemical Material(SCEM)メッキシリンダーを採用。硬質な被膜を実現し、高い放熱性能を維持しながら、フリクションを低減し、耐磨耗性・ピストンリングの密閉性を実現している。

センサーからの情報をもとに燃料噴射量を演算する32ビットEngine Control Unit (ECU)

32ビットのCPUを搭載するECUが、エンジン回転数、吸入負圧、スロットルポジションにより、基本燃料噴射量を決定。さらにマフラーに装着されたO2フィードバックセンサーにより補正することで、エンジンの状態や走行状態に最適な最終噴射量を決定する。燃料マップ・点火マップは、気筒ごとに水温・ギヤポジションなどにあわせて設定され、緻密な燃焼コントロールを実現している。

良好な始動性と高出力を実現するISC※1付スロットルボディ

スロットルボディあたり2枚のスロットルバルブを備えるSuzuki Dual Throttle Valve(SDTV)を装備。吸気バルブ側に取り付けられたメインスロットルバルブはライダーのスロットル操作によって開閉される。エアボックス側に取り付けられたサブスロットルバルブは、エンジン回転数/ギヤ位置/メインスロットル開度など、運転状態に応じて理想的な吸気速度を保つためEngine Control Unit(ECU)が最適な開度を演算し、軽量・コンパクトなステッピングモーター駆動によって開閉する。ISCは寒冷時のスムーズなエンジン始動、アイドリングの安定と優れた燃費効率に効果を発揮します。

※1 アイドルスピードコントロール

快適でスポーティな前後サスペンション

フロントフォークは、スプリングプリロードアジャスターを装備し、ライダーの好みに合わせスプリングの固さを調整できる。剛性感とスムーズな作動フィーリングを両立したリアサスペンションは路面追従性の高い、リンク式モノショックを採用。サスペンションストロークに対し、プログレッシブな荷重特性となり、操縦安定性に貢献。無段階調整の伸び側ダンピングアジャスターと油圧式プリロードアジャスターを装備。リアサスペンションに装備されている油圧式プリロードアジャスターは、利便性を考慮しフレームカバー(右側)の下に配置。ノブを回す事でスプリングプリロードの増減を可能としている。

スムーズなハンドリングと操縦安定性に貢献するアルミ製ツインスパーフレームとスイングアーム

軽量・高剛性アルミ製ツインスパーフレームとスイングアームを採用。スムーズでパワフルなエンジンと見事なマッチングを見せ、スムーズなハンドリングと高い操縦安定性に貢献している。

高次元の制動性能を実現するABS

様々な路面状況において、安定感のある制動力が得られる電子制御式ABSを標準装備。
軽量・コンパクトな二輪専用設計のABSユニットを採用。
制動時の急な路面変化やブレーキのかけ過ぎによる車輪のロックを一定範囲内で回避。ブレーキコントロールに関するライダーのストレスを低減し、安定したブレーキ性能を引き出す。

※路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

/motor/