スカイウェイブ650LX

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

「ELEGANT SPORT」という世界観を創出した「スカイウェイブ650LX」。
逞しく、流麗に研ぎ澄まされたフォルムと、優れた機能性を融合させたスタイリングデザイン。
スポーティーに走るポテンシャルを秘めながら、エレガントに都会を駆け抜けるパフォーマンス。
ライダーとパッセンジャーへの、最上のもてなしが満ちている快適な空間。
全ては、スカイウェイブシリーズ フラッグシップモデルとしての誇り。
「スカイウェイブ650LX」
さあ、休日の始まりだ。

Design デザインしたのは、風格。

シリーズの最上級の存在である事から、「凛々しさ、雄々しさ」を意味する「Valiant」、シリーズの統一コンセプトである「Elegant Comfort」から「優雅さ、上品さ」を表す「Elegant」を取ったスタイリングコンセプト「Valiant & Elegant」。フロントからリヤへの優雅なフローラインに沿って、均整を保ちながら変化していく面の張りと、心地よさを感じる繊細なカーブの組み合わせ、フットボードの端やフレームカバー後端をブラックアウトすることで、高級感と軽快でスポーティーな印象を強調。欧州高級四輪車を思わせるスタイリング。繊細でありながら、陰影により立体的な色気を感じさせるシルクをまとったような造形エッセンスがスカイウェイブ650LXの個性を光らせます。

フロントビュー

スリムでシャープなデザインのマルチリフレクターヘッドライトは、ヘッドランプ内の造形にも工夫を重ね、レンズにシボ加工を施すというレイヤー効果から成るグラフィック処理により、上品さを演出。高い配光特性で夜間のライディングに貢献。きらびやかなLEDポジションライトの採用により圧倒的な存在感を強調。後方視界の広い大型の電動式格納ボディマウントミラーにビルトインしたウィンカーが優雅で流麗なフォルムを演出します。

リヤビュー

きらびやかなデュアルマルチリフレクターテールライトを採用。ブレーキングなどの挙動を後方車両にいち早く知らせます。また、タンデム用の大型バックレストは、適度なクッション性とタンデムライダーの腰をしっかりホールドする形状で走行時の快適性をひときわ高め、背面に装備された「LX」エンブレムが、スタイリングをより精巧に演出します。

多角断面のマフラーはボディとの一体感を高め、マフラーカバーはクロームメッキ処理を施し、質感を高めました。

Performance ゆとりのパワー。

水冷638cm3エンジン

排気量638cm3、水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンは、360度クランクが生み出す上質でフラットなトルクとパワーフィーリングを実現。2本のカウンターバランサーシャフトを採用し、エンジンの低振動化に貢献。電子制御式フューエルインジェクションを採用し、常に最適な燃焼を維持し、最高出力37kW(50PS)/7000rpm、最大トルク60N・m(6.1kgf・m)/5000rpmを発生。排気ポートへの二次エア供給装置やマフラーに内蔵されたキャタライザーとフューエルインジェクションへのO2フィードバックシステムなど、電子化された燃焼制御により排出ガスを低減。

全走行シーンを思いのままに。

電子制御式CVT(SECVT※1

アクチュエーターモーターにより減速比を可変させる電子制御式CVTを採用。コンピューターによって最適なギアレシオを選択するSECVTは、ドライブモードと登坂走行時に役立つパワーモードを持つ2つのフルオートマチックモードに加え、6段変速マニュアルモードの選択が可能。マニュアルモードでは左側ハンドルバーのUP/DOWNスイッチでマニュアルミッションのモーターサイクルと同様の操作感覚でツーリングやタンデムライディングを楽しめます。また、出力伝達ベルトにドライハイブリッドベルトを採用することで、高い耐久性と静粛性を実現。ドライブプーリーとドリブンプーリーとの接触面が常に最適化され、ドライブトレインを最良のコンディションで維持します。

※1:SUZUKI Electronically-controlled Continuously Variable Transmission

走りを存分に愉しめる、それは大きな安心から。

ABS制動システム

ABSは前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定の範囲内で防ぐ機構です。車体速度に対して車輪速度が落ちた状態を検知すると、ABSユニットでブレーキ圧の保持と減圧を自動的に繰り返し車輪のロックを回避し、車輪速度が車体速度に近づくと徐々にブレーキ圧の増圧を行ないます。※2 これを繰り返し制御することにより、車輪をロックさせず効率良く減速することを可能としています。

※2:ライダーからの入力圧以上の増圧補助は行ないません。

路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

ABSユニット

軽量・コンパクトになったABSユニットは、マス集中化を図り、操縦安定性の向上に貢献。16bitマイコンのECU※3 は、1秒間に約100回車輪速度を演算し、数百にもおよぶパラメーターの制御を行なうことにより、車体の安定感やブレーキフィーリングの向上に貢献しています。

※3:Electronic Control Unit

車輪速センサー/ラジアルタイヤ

車輪速度を検知する車輪速センサーにはアクティブセンサーを採用し、低速から高速にいたるまで安定した車輪速度を計測。センサーローターには、軽量で、シンプルなプレート式を採用しています。フロントのフローティングディスクにより、滑らかなブレーキ性能を引き出します。タイヤはグリップ性能が高く、高い耐摩耗性のワイドタイプラジアルタイヤを採用しています。

/motor/