スカイウェイブ400リミテッド ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求

リミテッドの専用装備

ロングスクリーン

風洞実験から得られた滑らかな曲面形状のロングスクリーンは、高い整流効果で高速走行時の風圧や寒冷時の風、雨などによるライダーの負担を軽減します。
スカイウェイブのシャープなスタイリングにもマッチします。

グリップヒーター

早朝や寒冷時など、指先の冷たさを和らげるグリップヒーターを装備。
グローブをしたままでもON/OFFの切替操作や温度調節がしやすい、プッシュボタン式を採用しています。

ナックルバイザー

防風効果を高めたナックルバイザーを標準装備。
グリップヒーターと相まって、オールシーズン快適なライディングを楽しめます。

大型バックレスト

大型バックレストは、パッセンジャーの腰をしっかりホールドして走行時の快適性をひときわ高めます。
背面には「Limited」の専用エンブレムが装着されています。

パフォーマンス

リンク式リヤサスペンション

大容量のダンパーを採用したリンク式リヤサスペンションを装備し、1人乗りでも2人乗りでも、街乗りから高速道路まで幅広く、快適性とスポーツ性を両立した走行性能を発揮します。サスペンションユニットは車体下部の中央にレイアウトされ、安定した走りに役立つ低重心化にも貢献しています。
サスペンションユニットとスイングユニットの間にアルミ製クッションレバーを設けたことにより、クッションレバーの支点を中心とした力点、作用点の位置と力の向きが変わることで、サスペンションユニットのストロークする比率が変化して、二次曲線的な荷重特性となります。それにより、ストロークが小さい良好な路面では柔らかく、荒れた路面ではしっかり踏ん張るプログレッシブ効果を実現しました。

リンク式サスペンションでは、リヤホイールストローク量に対して、荷重特性は二次曲線的に上がっていきます。
例えば2人乗りなどで車体にかかる荷重が急に増加した場合でも、ストロークすればするほど「ねばり感(踏ん張り)」が増え、大荷重に有利となります。

水冷DOHC4バルブエンジン

水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンは、全域で高出力を発揮。高速道路での二人乗り時でも余裕のある走行を実現し、加速性能も増加させています。
ECM※1によって制御されたフューエルインジェクションシステムは、常に最適な燃焼を維持し、高い始動性、燃費性能、排ガス中の有害物質の低減に貢献。また、エンジン始動時に自動的に安定したアイドリング回転数を保持するISC※2システムも採用しています。

※1:Engine Control Module ※2:Idle Speed Control

ABS制動システム

ABSは、前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐ機構です。車体速度に対して車輪速度が落ちた状態を検知すると、ABSユニットでブレーキ圧の保持と減圧を自動的に繰り返し車輪のロックを回避し、車輪速度が車体速度に近づくと徐々にブレーキ圧の増圧を行ないます。※3これを繰り返し制御することにより、車輪をロックさせず効率良く減速することを可能としています。※4

※3:ライダーからの入力圧以上の増圧補助は行ないません。
※4:路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。
また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

ABSユニット

ECU※5は1秒間に約100回車輪速度を演算する16bitのマイコンを採用し、制御を行なっています。
また、前後車輪速度差、車体速度、バルブ開閉時間など、数百にもおよぶ制御パラメーターの情報を処理することにより、車体の安定感やブレーキフィーリングの向上に貢献しています。

※5:エレクトロニックコントロールユニット

ホイールスピードセンサー

車輪速度を検知するホイールスピードセンサーには、アクティブセンサーを採用し、低速から高速にいたるまで安定した車輪速度の計測を行ないます。

自己診断機能とABS警告灯

ABSユニットには自己診断機能を装備。ユニットは常に自己診断を行い、異常発生時には、電気的に検知した異常を故障コードとして記憶するとともにABS警告灯を点灯させ、ライダーに異常を知らせます。 また、フェールセーフリレーがOFFとなり、ABS機構を非作動とし、以後は通常のブレーキとして作動させます。

●ABS警告灯が点灯した場合、速やかにお近くのスズキ二輪車取扱い販売店で点検整備を受けて下さい。

フロントダブルディスクブレーキ&大径タイヤ

フロントブレーキには直径260mmの大径ダブルディスクを、リヤには直径210mmのシングルディスクを採用し、高い制動力を発揮。
また、フロントタイヤには120/80-14M/C 58S、リヤタイヤには150/70-13M/C 64Sの大径タイヤを採用。高い操縦安定性と素直なライディングフィールを両立しています。

/motor/