スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2020 全日本ロードレース選手権
ROUND02 09.06 岡山国際サーキット [中止]
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本ロードレース選手権
2020年10月31日・11月1日
全日本ロードレース選手権 第5戦 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
場所:三重県 鈴鹿サーキット

JSB1000クラス 2レースとも渡辺一樹が3位表彰台獲得!
10月31日(土)、11月1日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで、全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿が開催された。新型コロナウイルスの影響で8月9日・10日に開幕した2020年シーズンの最終戦となる。このレースにスズキ勢からは、JSB1000クラスにTeam KAGAYAMAの加賀山就臣、ヨシムラスズキMOTULレーシングの渡辺一樹、Moto Map SUPPLYの今野由寛、エスパルスドリームレーシング・ITECの生形秀之、Baby Face POWERED by YOSHIMURAの津田一磨が、今年から新設されたST1000クラスにはWestPower・S-SPORTS・SUZUKIの津田拓也、Team KAGAYAMA powerd by YOSHIMURAの長谷川 聖、TERAMOTO@J-TRIP Racingの寺本幸司らが参戦した。

最終戦のレースウイークは木曜日の特別スポーツ走行から走行がスタートした。その特別スポーツ走行1本目では渡辺が2'06.458のタイムでトップに付け、順調な滑り出しとなった。これに加賀山が5番手で続き、さらに今野14番手、生形17番手、津田一磨18番手となった。午後のセッションでは渡辺3番手、加賀山6番手、生形17番手、津田一磨18番手、今野19番手となった。

金曜日午前のART合同テスト1本目で渡辺は5番手となり、加賀山6番手、津田一磨14番手、今野15番手、生形は17番手。午後の2本目では渡辺が3番手に付け、安定してトップ3の中に食い込んでいく。加賀山は8番手、生形14番手、津田一磨16番手、今野17番手。

土曜日は午前中に40分間の計時予選が行われ、午後に14周で第1レースが行われる。予選で渡辺は2'05.163を出し、これにより第1レースは3番グリッドとなった。セカンドベストは2'05.274となり、第2レースも3番グリッドを獲得した。加賀山は両レースとも7番グリッド、今野は第1レースが14番手で第2レースは15番手、生形は第1レース15番手で第2レースは14番手、津田一磨は第1レース16番手、第2レース19番手となった。

第1レースは午後3時にスタート。渡辺がスタートで少し出遅れ、7番手で1コーナーへ入る。加賀山はまずまずの飛び出しで6番手。渡辺はレースウイーク中に安定して見せていた速さをこの第1レースでも発揮。オープニングラップのS字で2台を交わし、さらにダンロップコーナーで1台をパス。トップ2台の背後に迫る。2'05秒台というハイペースでラップするトップ2台と遜色ないペースでタイムを刻む渡辺。3台での接近戦となり、そのまま3位でゴールとなった。加賀山は8位、生形14位、津田一磨16位、今野18位と続いた。

日曜日もドライコンディションとなり、2020年シーズン最後の決勝となる第2レースを迎えた。渡辺はこのレースでもうまく飛び出すことができず、5番手で1コーナーに入り、これに加賀山が続く。トップ争いの1台が転倒し、渡辺は2番手争いを清成龍一選手(ホンダ)と展開するが、今ひとつペースが上がらず徐々に差が付き、そのまま3位でフィニッシュした。加賀山はコンスタントに走り切って7位、今野10位、生形11位、津田一磨15位となった。

ST1000クラスでは津田拓也が予選開始早々に2'09.180をマークしてトップに立ち、最終的にはこのタイムで2番グリッドを獲得した。長谷川は15番手、寺本が17番手でこれに続く。日曜日の決勝は11周で行われ、津田拓也は2番手争いに加わっていく。7周目にこのグループの前に出て集団を引っ張るが、10周目に3番手、さらにラストラップのシケインで接触があり、コースを飛び出したライダーがグラベルの外側をそのまま走ってコースに戻り、津田拓也の前でチェッカー。コース外走行をチームは抗議したがレースアクシデントとして受け入れられず、4位となった。寺本は12位、長谷川15位でそれぞれゴールした。


ヨシムラスズキMOTULレーシング No.5 渡辺 一樹
(JSB1000クラス 第1レース予選3番手・決勝3位/ 第レース予選3番手・決勝3位)
「初日から流れはすごく良くて、入りのベースセットアップが良かったですね。セットアップ自体は前回からそれほど変わらず、エンジンは新しいスペックが投入できました。パッケージングとしては良い状況で入ることができたので、制御の合わせ込みがメインとなり、余計なことをせずにレースへ向けた準備を進めることができていました。予選は1本目のタイヤがうまくタイムが出せず、でも良いデータも取れ、2本目のタイヤでまずまずのタイムも出て目標タイムは出なかったけど、そこまでは良い流れでした。実際にレースをしてみて、ヤマハ勢と最後まで一緒に走れたのは良かったですね。でも、最後のもうひと伸びの足りなさは痛感しました。レース2へ向けて、ほんの少しの修正でもっと良いレースができると思ったのですが、レースが始まったらリアタイヤのグリップが出ず、苦しいレースになってしまいました。コンディションの変化に対応できるマシン造りをしようとしていたのに、それがうまくいかなかった。不完全燃焼ですね。データを突き合わせて、なにが悪かったのか反省しないといけないですね。納得のいかないレースでした。」

ヨシムラスズキMOTULレーシング 加藤陽平 監督
「今年は全日本にはフル参戦せず、世界耐久選手権への参戦を計画し、そこへ向けて開発テストを進めてきました。その中でエンジン、シャーシ含め、今回のレースに来季の耐久仕様を持ち込んで実戦評価しました。手応えのある成果と課題という両方が出てきたレースでした。マシンのパフォーマンス改善という点では、このレースウイークに出た課題にフォーカスし、来年へ向けた準備を進めていきたいと思っています。」

Team KAGAYAMA No.71 加賀山 就臣
(JSB1000クラス 第1レース予選7番手・決勝8位/第2レース予選7番手・決勝7位)
「ブリヂストンタイヤを履いての鈴鹿は初めてだったものの、今までのパッケージを逆算して鈴鹿仕様を作り、レースウイークに持ち込みました。その準備がうまくマッチし、安定して機能してくれて順調に走行を重ねることができました。すぐ7秒台で走れたし、走り出しに関しては良いスタートが切れました。でもそこから先に進めるのがなかなか大変で、予選まで詰めていって自己ベストは出せて、チーム的に現状のベストで終えることができたのですが、周りのレベルが上がってきて、6秒台がもう当たり前になっているのを痛感しました。5秒台に入れておかないとアドバンテージは作れませんね。ウイーク中のマシンフィーリングは良かったので、決勝が楽しみだったのですがスタートはうまく決められず、予選順位くらいのスタートになってしまいました。さらに、集団の中でライバルより速く走れるポイントはあるけど抜ききれず、武器として準備していたモノが力不足でした。ペースは自分の方が良いので4位くらいまでには行けるはずなのに、そこに届かない。さらにそうしているうちに後半、タイヤがうまく機能しなくなり、苦しいレースになりました。2レース目も同じ展開で、バトルしても抜かれてしまうので、ラスト5周勝負と思っていたら電気系トラブルが出てしまい、前を走る2台を攻略しようとしたのに、コース上に留まるのが精一杯の状態になってしまいました。苦しいレースが続いてしまいましたが、こうして無事にシーズンを終えることができ、それを支えてくれたチームスタッフに感謝したいですね。でもレースは勝たないと悔しい。今後も、チーム加賀山としてできることを続けていきます。日本のモータースポーツファンに何か届けられることをやっていきたいですね。引き続き応援、宜しくお願いします。」

Moto Map SUPPLY No.21 今野 由寛
(JSB1000クラス 第1レース予選番14手・決勝18位/第2レース予選15番手・決勝10位)
「レース1はスタートで失敗し、さらにタイヤマネージメントの部分でミスしてしまい、下位に沈んでしまいました。でもレース2はリカバリーでき、レギュラー参戦以来のトップ10フィニッシュだったので良かったですね。今年の参戦コンセプトとしては鈴鹿8耐をカスタマースペックで上位進出を果たすためのマシン造りというところにおいているので、全日本にフォーカスしたマシン相手に戦うのは厳しい部分はあるのですが、8秒前半まで行けたし、やれることはトライし、課題も見つかりましたし、参戦した意義がありました。」

エスパルスドリームレーシング・ITEC No.15 生形 秀之
(JSB1000クラス 第1レース予選15番手・決勝14位/第2レース予選14番手・決勝11位)
「応援してくれる方々の協力で、1年ぶりに実戦に戻ってきました。今年はEWCへ参戦する予定だったのですが新型コロナウイルス感染拡大の影響からそれが無理となってしまいました。その状況の中、ライダーとして走れる機会を今回作ることができ、レースに出ることができて良かったです。短い時間の中で準備が大変だったし、実戦をしてないとフィジカル的にもきついし、大変でした。でも今回このようにレースに出た事で、これが来年に向けての自分たちのステップとなります。無事にレースがこなせたし、結果に満足はできないけど納得はしています。来週にはスペイン選手権へ参戦してきます。これも来年へ向けてのステップで、もう一つチャレンジします。スズキファンの皆さん、応援してください。」

Baby Face POWERED by YOSHIMURA No.13 津田 一磨
(JSB1000クラス 第1レース予選16番手・決勝16位/第2レース予選19番手・決勝15位)
「レース2でスタートの時に脱臼して、ただ走っただけのレースになってしまいました。もてぎでは調子よかったのに、ウイークはトラブルやケガもあり走るのが精一杯になってしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。しっかり身体を作り、ケガ対策をして来年に向けた準備をしたいと思います。」

WestPower・S-SPORTS・SUZUKI No.85 津田 拓也
(ST1000クラス 予選2番手・決勝4位)
「天気も安定していてドライでコンスタントに走れ、バイクの特性も引き出せるようになってきて、良い状態で安定して走ることができていました。ベースセットも良く、ペースも作ることが専念できて良いウイークでした。レースは他車と比べるとストレートスピードが足りない部分は苦しいのですが、コーナリング速度でタイムを持っていくことに専念して、予選2番手が取れました。それでもポールシッターの名越哲平選手(ホンダ)と良い勝負ができるのではないかと決勝に臨んだのですが、バトルになると離されてしまって、自分の走りをするのが難しい状況でした。コーナリング性能は上回っていたのでそこで勝負していたけど、集団から抜け出せなかったのが残念ですね。でも、その中でもうまくやれたとは思います。レースの最後の接触は自分の中で残念でした。抜かれたわけじゃないのに負けたというのは悔しい。全体的に見て、自分たちのバイクのポテンシャルを出し切ることができたのは良かったですね。」

TERAMOTO@J-TRIP Racing No.52 寺本 幸司
(ST1000クラス 予選17番手・決勝12位)
「鈴鹿8耐をメインで戦っていて、その準備のために8耐の前のスプリントレースに参戦するスタイルで活動しています。今年は新型コロナウイルス感染防止の影響からレーススケジュールが大幅に変更されて8耐もなくなり、そこに全日本最終戦が組まれることになったため、今後のためにも今回参戦することを決めました。現行のGSX-R1000を走らせるのが今年からで、マシンやタイヤの理解がうまく進まず、木、金、土曜の予選まで的を外したようなセットアップをしてしまいました。レギュラーライダーと一緒に走ることでいろいろ見えてきて、朝のフリー走行でガラッとセットアップを変え、それがベースセットとしてすごく良いバランスとなり、決勝のアベレージがこのウイーク中でベストタイムとなりました。電子制御に関してアドバイスをもらってうまくセットアップすることができました。限られた時間の中で苦労は多かったですが、GSX-R1000のベースポテンシャルの高さも感じることができ、チーム的にもライダー的にも結果としてとても良いレースになりました。マシンの持っているセットアップの広さは強力な武器になりますし、今後、さらにこれを詰めて上位を目指したいと思います。」

Team KAGAYAMA powerdbyYOSHIMURA No.12 長谷川 聖
(ST1000クラス 予選15番手・決勝15位)
「10月上旬にスペイン選手権に参戦し、このレースウイークで久々に自分のGSX-R1000に乗ったのですが。自分のバイクではない感じになってしまい、タイムも2'17秒と遅いタイムからスタートとなり、完全に自分を見失ってしまいました。もっと修正ができると思ったのですが、自分の引き出しの中にそうしたことに対応できる要素は残念ながらありませんでした。それで木、金と二日間悩んでしまい、予選になってやっと自分のリズムが出てきたのですが、頭の切り替えがもっと早くできていればこんなレースにはならなかったと思います。」

第5戦 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿 JSB1000 レース1(14Laps)決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム
11中須賀 克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMYAMAHA29'23.663
23野左根 航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAMYAMAHA+0.266
35渡辺 一樹ヨシムラスズキMOTULレーシングSUZUKI+1.004
417清成 龍一Keihin Honda Dream SI RacingHONDA+11.973
5634水野 涼MuSASHi RT HARC-PRO.HondaHONDA+18.920
633渡辺 一馬Keihin Honda Dream SI RacingHONDA+19.119
772濱原 颯道Honda Dream RT 桜井ホンダHONDA+23.588
871加賀山 就臣Team KAGAYAMASUZUKI+24.062
975前田 恵助YAMALUBE RACING TEAMYAMAHA+24.151
1044関口 太郎SANMEI Team TARO PLUSONEBMW+41.151
1136岩田 悟Team ATJHONDA+44.355
12090秋吉 耕佑au・kosuke racingHONDA+48.438
1387柳川 明will raise racingRS-ITOHKAWASAKI+53.743
1415生形 秀之エスパルスドリームレーシング・ITECSUZUKI+1'01.520
1585中冨 伸一HiTMAN RC甲子園ヤマハYAMAHA+1'01.815
1613津田 一磨Baby Face POWERED by YOSHIMURASUZUKI+1'09.913
1728児玉 勇太Team KodamaYAMAHA+1'10.215
1821今野 由寛Moto Map SUPPLYSUZUKI+1'11.467
1932田尻 悠人GOSHI RacingHONDA+1'45.460
2092樋口 耕太H.L.O RACINGSUZUKI+2'03.326
2142櫻山 茂昇信州活性PJ・Team長野&ModeratoBMW+2'04.237
DNF30黒木 玲徳GOSHI RacingHONDA+11Laps
DNF25亀井 雄大Honda Suzuka Racing TeamHONDA-
第5戦 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿 JSB1000 レース2(16Laps)決勝結果
順位No.ライダーチーム名メーカータイム
13野左根 航汰YAMAHA FACTORY RACING TEAMYAMAHA33'43.102
217清成 龍一Keihin Honda Dream SI RacingHONDA+3.319
35渡辺 一樹ヨシムラスズキMOTULレーシングSUZUKI+8.334
4634水野 涼MuSASHi RT HARC-PRO.HondaHONDA+16.980
533渡辺 一馬Keihin Honda Dream SI RacingHONDA+20.765
672濱原 颯道Honda Dream RT 桜井ホンダHONDA+25.179
771加賀山 就臣Team KAGAYAMASUZUKI+29.951
836岩田 悟Team ATJHONDA+46.941
944関口 太郎SANMEI Team TARO PLUSONEBMW+52.528
1021今野 由寛Moto Map SUPPLYSUZUKI+1'00.495
1115生形 秀之エスパルスドリームレーシング・ITECSUZUKI+1'00.538
1285中冨 伸一HiTMAN RC甲子園ヤマハYAMAHA+1'00.857
1375前田 恵助YAMALUBE RACING TEAMYAMAHA+1'02.559
1428児玉 勇太Team KodamaYAMAHA+1'07.780
1513津田 一磨Baby Face POWERED by YOSHIMURASUZUKI+1'27.709
161中須賀 克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMYAMAHA+1'37.621
1732田尻 悠人GOSHI RacingHONDA+2'01.521
1842櫻山 茂昇信州活性PJ・Team長野&ModeratoBMW+2'10.490
1992樋口 耕太H.L.O RACINGSUZUKI+1Lap
20090秋吉 耕佑au・kosuke racingHONDA+4Laps
2125亀井 雄大Honda Suzuka Racing TeamHONDA+2Laps
第5戦 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿 ST1000 決勝結果(11Laps)
順位No.ライダーチーム名メーカータイム/トップ差
1634名越 哲平MuSASHi RT HARC-PROHONDA23'46.089
276伊藤 勇樹伊藤レーシングEDPASヤマハYAMAHA+5.706
317作本 輝介Keihin Honda Dream SI RacingHONDA+6.762
485津田 拓也WestPower・S-SPORTS・SUZUKISUZUKI+7.341
564岩戸 亮介PTT Vamos Racing with A-TECHKAWASAKI+8.087
671榎戸 育寛SDG Mistresa RT HARC-PROHONDA+11.235
746星野 知也TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW+17.574
8104國川 浩道TOHO RacingHONDA+17.728
952山口 辰也Team T2y with NOBLESSE FAMILYHONDA+17.833
1033藤田 拓哉Speedheart DOGFIGHTRACING YAMAHAYAMAHA+23.311
1187清末 尚樹TEAM WITH 87 KYUSYUKAWASAKI+26.443
1251寺本 幸司TERAMOTO@J-TRIP RacingSUZUKI+30.933
1326谷本 音虹郎Speedheart DOGFIGHTRACING YAMAHAYAMAHA+31.125
1414伊藤 和輝will raise racingRS-ITOHKAWASAKI+33.442
1512長谷川 聖Team KAGAYAMA powerdby YOSHIMURASUZUKI+33.871
1623高橋 裕紀日本郵便HondaDream TPHONDA+34.346
1705中村 修一郎B-LINE Racing with TKmKAWASAKI+37.162
1857奥田 教介Team MF & KawasakiKAWASAKI+39.702
1913柴田 義将OGURA CLUTCH with RIDE INYAMAHA+39.871
2090吉田 光弘Honda緑陽会熊本レーシングHONDA+46.753
2116松川 泰宏MOTO BUM+SAIHONDA+51.289
2238森本 誠一朗Team38 PS-KKAWASAKI+1'05.623
2388吉広 光CLUBNEXT&MOTOBUMHONDA+1'06.436
2478森 健祐Honda ブルーヘルメットMSCHONDA+1'06.890
256小山 葵AKENO SPEEDYAMAHA+1'08.908
2642武田 数馬浜松チームタイタンSUZUKI+1'09.848
2798中澤 孝之Speedheart DOGFIGHTRACING YAMAHAYAMAHA+1'20.604
2818上林 隆洸浜松チームタイタンSUZUKI+1'22.300
2915Dzegede ZechariahOdakaihatsu aprilia + TOHOaprilia+1'30.158
3050大須賀 俊晴DOG HOUSE+速心+STファクトリーSUZUKI+1'38.969
DNF95渥美 心TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW+10Laps