二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第13戦 サンマリノGP 予選
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
2022 鈴鹿8耐
MotoGP 日本グランプリ 応援チケット発売のご案内
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年9月14日
MotoGP 第13戦 サンマリノGP 予選
場所:イタリア ミサノワールドサーキット/マルコ・シモンチェリ

サンマリノGP予選はリンス、ミルが揃って3列目グリッドを獲得
• アレックス・リンスは3列目スタートでチャンピオンシップ3番手ポジションのディフェンドを目指す
• ジョアン・ミルはQ1からQ2に上がり、チームメイトのすぐ後方で予選を終える
• チームは決勝でのトップグループバトルに期待
サンマリノGPの土曜日は天候にも恵まれ、午前のFP3ではライダー達が激しいタイム争いを繰り広げ、朝からエキサイティングな展開がスタート。アレックス・リンスはセッションをトップ10圏内で終えてまずはダイレクトQ2行きを決める。怪我からの復帰戦となったチームメイトのジョアン・ミルは、このセッションでは主にレースペースを見据えたセットアップに時間を充てるが、終盤のアタックでは1'33.497を記録。トップ10圏内は逃したものの、ポジティブなフィーリングでセッションを終えた。

FP4は両ライダー共予選、決勝に向けてのセットアップに努め、リンスは5番手タイムを記録、ミルはQ1チャレンジに向けて最終調整を行う。

迎えたQ1セッションでは、ミルが序盤に好タイムをマークしていきなりトップに躍り出る。その後各ライダーのタイムアタックが繰り返されるが、ミルの記録したタイムは終盤まで一度も上位2位から落ちることなく、ルーキー・ミルは復帰戦でQ2チャレンジのチャンスを手にする。

最終予選となるQ2では両ライダーが共にフロントミディアム、リアソフトのタイヤコンビネーションを選択。ミルは序盤から早々にペースを上げるも、一方のリンスは各ライダー達の激しいタイム争いの中でタイムアップに苦戦。終盤にベストタイムを記録し、リンス9番手、ミル10番手でセッションが終了。しかしセッション終了後、リンス、ミルより上位ポジションを獲得していたヨハン・ザルコ選手(KTM)にペナルティーが科せられたため、両ライダーのポジションはひとつずつ繰り上がり、決勝はリンス8番手、ミル9番手と共に3列目からのスタートとなった。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「このサーキットは我々にとってなかなか手強いサーキットでしたね。もう少し上位を期待していましたが、それでも悲観するような結果ではないと思っています。明日のウォームアップで最後の調整をし、それが決勝での助けになってくれることを願いたいですね。ジョアンは復帰戦にも関わらず、Q1からQ2に上がって予選を10番手で終え、期待以上のパフォーマンスを見せてくれました。またアレックスは3列目からのスタートとは言え、かなり良い状態なので、明日もまたトップグループでのバトルが期待できると思っています。」

アレックス・リンス
「他のサーキットに比べるとちょっと苦戦気味だけど、レースペースは悪くないよ。FP4ではタイヤを変えずに9ラップ走って、ペースも安定していたしね。予選のタイムアタックではトップとちょっと差がついてしまったけど、レースになれば大丈夫だと思っている。厳しいレースになるとは思うけど、覚悟もできているし、むしろ楽しみでもあるね。とにかくいつもと同じように決勝ではベストを尽くすよ。」

ジョアン・ミル
「2戦連続で欠場してからの復帰戦だったから、その状況を考えればグリッド位置は悪くないと思う。切り返しでちょっとロスがあるので、決勝に向けてもう少しセットアップを詰める必要があるね。グリッドは上位じゃないけどペースは悪くないから、明日どんなレースができるか楽しみだよ。」

MotoGP 第13戦 サンマリノGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
112M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGP1'32.265-
244P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing1'32.5600.295
320F・クアルタラロPetronas Yamaha SRT1'32.5710.306
421F・モルビデリPetronas Yamaha SRT1'32.7100.445
593M・マルケスRepsol Honda Team1'32.7420.477
64A・ドビツィオーゾDucati Team1'33.0380.773
746V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGP1'33.0790.814
85J・ザルコRed Bull KTM Factory Racing1'33.1230.858
942アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR1'33.2651.000
1036ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTAR1'33.4311.166
1130中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU1'33.4491.184
1251M・ピロDucati Team1'33.4611.196
1363F・バグナイアPramac Racing1'33.488(Q1)
1435C・クラッチローLCR Honda CASTROL1'33.516(Q1)
1541A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini1'33.522(Q1)
1643J・ミラーPramac Racing1'33.571(Q1)
179D・ペトルッチDucati Team1'33.630(Q1)
1899J・ロレンソRepsol Honda Team1'33.777(Q1)
1988M・オリベイラRed Bull KTM Tech 31'34.162(Q1)
2055H・シャーリンRed Bull KTM Tech 31'34.322(Q1)
2117K・アブラハムReale Avintia Racing1'34.401(Q1)
2253T・ラバットReale Avintia Racing1'34.904(Q1)
2329A・イアンノーネAprilia Racing Team Gresini1'34.381(FP2)