スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2015 全日本モトクロス選手権
ROUND1
ROUND2
RC
ROUND3
RCU
ROUND4
ROUND5
ROUND6
ROUND7
ROUND8
ROUND9
ROUND10
2015 全日本モトクロス選手権
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
全日本モトクロス選手権
2015年4月19日
全日本モトクロス選手権 第2戦 ウエストポイント オフロードヴィレッジ(埼玉県)

熱田孝高が両ヒートで3位表彰台を獲得。ポイントランキングトップに浮上!! 小島は総合5位
IA2竹中純矢は怪我で苦戦を強いられながらも手堅くポイント獲得
ROUND2
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント オフロードヴィレッジで開催された。IA1クラスの熱田孝高は、両ヒート共積極的なレース運びを見せ両ヒートで3位表彰台を獲得。開幕戦から安定したリザルトを残している熱田は、ポイントランキング暫定トップに浮上。表彰台まであと一歩の走りを見せた小島は総合5位。手の負傷で苦戦を強いられたIA2の竹中純矢は総合10位完走を果たした。

埼玉県のほぼ中央。荒川の河川敷に設けられた会場のウエストポイント オフロードヴィレッジは、場所柄ほぼフラットで、コンビネーションジャンプが連続するトリッキーなレイアウトのコース。大会期間中は、直前まで降り続いた雨の影響でマディスタートとなったが、好天に恵まれた土曜日に一気にコンディションが回復。日曜日は曇り空となったが、日差しが遮られたことでホコリが立つこともなく、ほぼベストの状態でレースが行われた。

ROUND2 ROUND2
ROUND2 ROUND2

IA1クラス第1ヒート、好スタートを決めた熱田はオープニングラップに先行する小方 誠(ホンダ)をパスしトップに浮上。熱田のリードで開始されたレースは、熱田、小方、小島、新井宏彰(カワサキ)の順で1周目のコントロールラインをクリア。熱田が4台のトップグループを率いて前半が推移する。中盤、小島が小方をパスし2番手に浮上。スズキの1-2走行はレース後半の14周目まで続いたが、再び小方、新井の追撃を受けた小島は2台の先行を許し4番手に後退。一方、終盤まで後続のアタックを退けてトップをキープしていた熱田だったが、ラスト2周、トップの座を奪われ3番手に後退。再度反撃を試みるも追撃を及ばず3位でフィニッシュ。小島は熱田に続く4位でフィニッシュした。

  IA1クラス第2ヒート、熱田は4番手、小島は6番手とまずまずの位置でオープニングラップをクリア。2周目、熱田は三原拓也(カワサキ)をパスし3番手に浮上。熱田は、成田 亮(ホンダ)と小方のトップ争いをフォローしチャンスを伺う。迎えた5周目、一気に攻勢に出た熱田は成田、小方を立て続けに抜き去りトップに浮上。なんとか後続を突き放そうとした熱田だったが、逆に背後からラインを見られて終盤苦戦を強いられる。持ち前の勝負強さを見せた熱田だったが、ラスト2周、ついにトップの座を奪われ3番手に後退。ラスト全力を振り絞って攻め続けた熱田は、しっかりとこのポジションを守って第1ヒートに続き表彰台登壇を果たした。小島は序盤3番手まで順位を上げるも、後半バトルの中でやや慎重になり過ぎ6位でフィニッシュした。この結果熱田は、小方と同ポイントながら暫定ランキングトップに浮上した。

ROUND2
IA2クラス第1ヒート、予選のスタート直後に追突されて転倒。結果不利なグリッドからのスタートを強いられた竹中は、なんとかスタートで前に出ようとするも、オープニングラップの混戦の中でミスを犯し、最後尾からの追い上げを強いられる。ひたすら我慢の展開となった竹中だが、周回毎に着実に順位を挽回し、レース中盤ようやくポイント圏内に戻した竹中は、後半更に7台をパスして13位でフィニッシュした。

IA2クラス第2ヒート、オープニングラップを17番手でクリアした竹中は、このヒートもひたすら確実に周回を重ねることに集中。混戦の中で、回りのライダーにミスや転倒のアクシデントが起きる中、レース中盤11番手まで挽回して見せた竹中は、後半も確実にラップを刻むと終盤更に二つ順位を上げ、苦闘の末9位でシングルフィニッシュを果たした。

ROUND2 ROUND2

熱田孝高(IA1) 第1ヒート3位/第2ヒート3位 総合4位

「マシンも体調も良くてレースをリードしていただけに、最後に逆転されたのはすごく悔しいが、積極的な攻めのレースが出来た結果だし、前の二人も速かった。得意でもないこのコースをきっちりとまとめて、ポイントランキングで首位に立てたのだから、まぁ良しとする。シーズンは長いしまだまだこれから。次は得意なコースだし、好調を維持してタイトル獲得に向けてしっかりと戦っていく。」

小島庸平(IA1) 第1ヒート4位/第2ヒート6位、総合5位

「トップ争いに加わっていながら、表彰台に手が届かなかったのはもちろん悔しい。ただ、大きく落としたわけではないし、ランキングトップに立ったチームメイトとも差は僅か。後半ペースを上げられなかったことも含め課題はあるが、目標はあくまでタイトル獲得に置いているので、リスクを避けての今回のリザルトは、内容的に決して悪くないと思っている。最後に笑うことを目標に、確実に積み重ねていくだけ。もちろんシーズン全体を通じての手応えは、しっかりと感じている。」

竹中純矢(IA2) 第1ヒート13位/第2ヒート9位、総合10位

「開幕戦の九州は、マディコンディションでもそれなりに頑張れたが、ここはとにかくジャンプが多く、しかも連続での衝撃が半端じゃなくて、乗り込み不足で体力も落ちているし、痛みを堪えて完走するのがやっとの状態だった。予選で追突されて転倒を喫し、アウトのグリッドしか選べなかったのも痛かった。次の広島まではしばらく間が開くので、少しでも調整して、巻き返しを図りたい。」

渡辺 明 監督

「竹中は、乗り込みも出来てなくて、それでもなんとかハードなライディングを強いられるこのコースで最低のポイントは獲得出来たのだから、まぁ仕方ないですよね。熱田と小島は、共にトップ争いを繰り広げて、最後は勝てなかったが、こういうレースが出来ることがなにより重要で、調子がいいことの証明でもあるし、悪くない。タイトル争いも接近戦で面白くなっている。ここはある意味特殊なコースだから、今回の走りが出来たことは、これからの戦いを考えても、いいんじゃないですか。」

IA1
レース1 レース2
1新井 宏彰(K.R.T.)32:11.085
2小方 誠(Team HRC)+00:04.156
3熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:10.400
4小島 庸平(Team SUZUKI)+00:15.842
5田中 教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)+00:20.505
1新井 宏彰(K.R.T.)31:44.426
2三原 拓也(K.R.T.)+00:04.426
3熱田 孝高(Team SUZUKI)+00:06.281
4小方 誠(Team HRC)+00:07.391
6小島 庸平(Team SUZUKI)+00:17.992

POINT RANKING
1熱田 孝高(Team SUZUKI)78pt
2小方 誠(Team HRC)78pt
3新井 宏彰(K.R.T.)75pt
4成田 亮(Team HRC)75pt
5小島 庸平(Team SUZUKI)73pt

IA1
レース1 レース2
1岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)32:39.257
2富田 俊樹(Team HRC)+00:03.799
3田中 雅己(TEAM ナカキホンダ)+00:17.275
4能塚 智寛(グリーンクラブ&パーク神戸RT)+00:32.980
13竹中 純矢(Team SUZUKI)+01:28.939
1富田 俊樹(Team HRC)31:43.139
2能塚 智寛(グリーンクラブ&パーク神戸RT)+00:16.651
3岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)+00:26.489
4古賀 太基(N.R.T)+00:50.638
9竹中 純矢(Team SUZUKI)+01:24.589

POINT RANKING
1富田 俊樹(Team HRC)92pt
2岡野 聖(フライングドルフィン サイセイ)78pt
3田中 雅己(TEAM ナカキホンダ)71pt
4能塚 智寛(グリーンクラブ&パーク神戸RT)66pt
5竹中 純矢(Team SUZUKI)65pt