二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第3戦 アメリカズGP 予選
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 04 05.05 スペインGP
ROUND 05 05.19 フランスGP
ROUND 06 06.02 イタリアGP
ROUND 07 06.16 カタルニアGP
ROUND 08 06.30 オランダGP
ROUND 09 07.07 ドイツGP
ROUND 10 08.04 チェコGP
ROUND 11 08.11 オーストリアGP
ROUND 12 08.25 イギリスGP
ROUND 13 09.15 サンマリノGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年4月13日
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 予選
場所:アメリカ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

雷雨により午前のセッションがキャンセル。混乱のアメリカズGP予選はリンス7番手、ミル14番手
• アレックス・リンスは安定した好ペースを維持
• ジョアン・ミルは順調に前進を続け、明日の決勝に照準を合わせる
• 雷雨の発生により、午前のFP3セッションは全てキャンセルに
サーキット・オブ・ジ・アメリカズで迎えたMotoGP第3戦アメリカズGPの2日目は、朝から雷雨に見舞われ、午前に予定されていた各クラスの全てのセッションがキャンセルに。しかし午後になって天候は一気に回復し、MotoGPクラスは午後のセッションを予定通り決行。FP4から走行が再開された。チームスズキエクスターのアレックス・リンスとジョアン・ミルは、共にこの予選前のフリー走行で最終セッティングの確認とタイヤ選択を行い、リンス5番手、ミル12番手でセッションを終了。

Q1では太陽が照り出し、路面が乾き出してラップ毎にコンディションが変化する難しいコンディションの中、Q2行きのチャンスを得るためのトップ2を賭けた激しいタイム争いが展開。ミルもラップ毎にタイムを更新し、セッション終了間際までトップ2につけていたが、ラストラップのアタックでタイムアップできず、4番手に順位を落としてチェッカー。僅差でQ2行きのチャンスを逃す。

Q2ではアレックス・リンスが明日の決勝でのフロントロー争いを賭けて激しいタイム争いをするも、午前の雨が急速に乾き始めた路面のコンディションで順位が著しく変動し、セッション終盤にベストタイムを記録して7番手に。明日の決勝でリンスがどんな追い上げレースをするかに期待が掛かる。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「午前の走行がキャンセルとなったために予定していたプログラムを遂行することはできませんでしたが、アレックスは予選で7番手につけ、決勝に向けてのポジションとしてはまずまずだと思います。ジョアンはQ1で快調な走りを見せたものの、僅差でQ2行きを逃してしまいました。しかし彼は走る毎にマシンへの理解を深め、セッションを重ねる毎に大きく成長しているので、明日の決勝でのパフォーマンスに期待したいと思います。」

アレックス・リンス
「レースペースは悪くないから、3列目スタートでも巻き返しのチャンスは十分にあると思っているよ。この週末大きく進化した部分もあるし、とにかく全開でプッシュを続けるのみさ。決勝がどんな展開になるかは明日のコンディション次第で、今は何とも言えないけど、僕はいつも通り100%の力を出し切って走るよ。明日のレースを終えたら次戦からはヨーロッパラウンドになり、戦いがますます厳しくなるだろうから、できるだけ多くのポイントを稼いでヨーロッパラウンドに備えたいね。」

ジョアン・ミル
「フィーリングもかなり良いし、ペースも悪くないと思う。予選ではほんのちょっとの差でQ2行きを逃してしまって悔しい思いをしたけど、トップからのタイム差がそんなに開いているわけじゃないから、決勝ではできるだけ多くのライダーをオーバーテイクして追い上げレースをするよ。とにかく今は毎レースが勉強だから、明日もまた周りのライダー達の走りを学びながら、少しでも上位でゴールできるように全力を尽くすよ。」

MotoGP 第3戦 アメリカズGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
193M・マルケスRepsol Honda Team2'03.787-
246V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGP2'04.0600.273
335C・クラッチローLCR Honda CASTROL2'04.1470.360
443J・ミラーPramac Racing2'04.4160.629
544P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing2'04.4720.685
612M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGP2'04.4890.702
742アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR2'04.5340.747
89D・ペトルッチMission Winnow Ducati2'04.6960.909
920F・クアルタラロPetronas Yamaha SRT2'04.9411.154
1021F・モルビデッリPetronas Yamaha SRT2'05.2781.491
1199J・ロレンソRepsol Honda Team2'05.3831.596
1263F・バグナイアPramac Racing2'05.8872.100
134A・ドビツィオーゾMission Winnow Ducati2'05.907(Q1)
1436ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTAR2'06.147(Q1)
1530中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU2'06.324(Q1)
1641A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini2'06.464(Q1)
1729A・イアンノーネAprilia Racing Team Gresini2'06.527(Q1)
1888M・オリベイラRed Bull KTM Tech 32'06.543(Q1)
195J・ザルコRed Bull KTM Factory Racing2'06.824(Q1)
2017K・アブラハムReale Avintia Racing2'07.129(Q1)
2155H・シャーリンRed Bull KTM Tech 32'07.308(Q1)
2253T・ラバットReale Avintia Racing2'07.417(Q1)