二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第1戦 カタールGP 予選
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 06 06.02 イタリアGP
ROUND 07 06.16 カタルニアGP
ROUND 08 06.30 オランダGP
ROUND 09 07.07 ドイツGP
ROUND 10 08.04 チェコGP
ROUND 11 08.11 オーストリアGP
ROUND 12 08.25 イギリスGP
ROUND 13 09.15 サンマリノGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年3月9日
MotoGP 第1戦 カタールGP 予選
場所:カタール ロサイル・インターナショナルサーキット

開幕戦カタールGPはリンス、ミル共に4列目スタート
• アレックス・リンスは2コーナーで2度の転倒。ペースアップに苦戦
• ジョアン・ミルはMotoGPクラスのデビューレースを11番グリッドからスタート
• チームスズキエクスターは決勝にさらなる期待を託しつつ、オープニングレースに向けての準備を整える
ロサイル・インターナショナルサーキットでの開幕戦2日目の挑戦は路面コンディションの変化により、アレックス・リンス、ジョアン・ミルに予想以上の厳しい試練を与えることとなった。しかし両ライダー共、初日の堅実なパフォーマンスによりQPは揃ってダイレクトにQ2へ。1000分の1を争う大接戦、さらに夜になって路面コンディションが悪化するため、ダイレクトQ2行きは大きなアドバンテージとなった。Q2終了後の最終ポジションはリンス10番手、ミルが11番手で、明日の決勝は揃って4列目スタートとなる。

アレックス・リンスはFP3、FP4共に、初日に抱えていたタイヤのグリップに関する問題を解決するべく課題に集中するも、両セッション共2コーナーで転倒。リンス以外にも数人のライダーがフロントの切れ込みにより、同様の転倒を喫した。リンスは転倒により本来のリズムをキープできず、タイムアップに苦戦し、Q2を10番手で終える。

MotoGPクラス初レースとなるジョアン・ミルは、周回を重ねながら確かな方向性を掴むことに集中し、着々とタイムアップ。難しいコンディションとなったQ2でも揺らぐことなくペースを維持し、デビューレースを11番グリッド、チームメイト同様の4列目からスタートする。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「予選結果はもっと上位を期待していましたが、今日は非常に難しいコンディションだったので仕方がないでしょう。10番手からスタートするアレックスはレース序盤が厳しいと思いますが、レースペースは安定していますし、フィーリングも良いようなので、決勝では期待に応えてくれるだろうと期待しています。ジョアンは初のMotoGPクラスでダイレクトにQ2に行き、最終予選結果も11番手という素晴らしい活躍を見せてくれました。デビューレースをとても楽しみにしています。」

アレックス・リンス
「FP3とFP4で2回転倒してしまったために、Q2で頭を切り替えてうまくプッシュすることができなかった。それに加えて路面のコンディションが悪く、思うようなパフォーマンスができなかったよ。でも、単独で走っていてもタイムを上げることができるし、中古タイヤでも安定して速いタイムで走れるから、明日は楽しいレースができると信じているんだ。とにかく明日の決勝に集中するのみだよ。」

ジョアン・ミル
「FP4のフィーリングでは、予選でもっとタイムを上げられると思っていたんだけど、予選ではフィーリングが変わってしまって同じようにプッシュできず、思うようにタイムアップできなかった。でもMotoGPクラス最初の予選だから、このスタートポジションはそんなに悪くないと思っているよ。ペースは安定しているから、決勝ではトップライダー達からできるだけたくさんのことを学びつつ、ベストを尽くすよ。」

MotoGP 第1戦 カタールGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
112M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGP1'53.546-
24A・ドビツィオーゾMission Winnow Ducati1'53.7440.198
393M・マルケスRepsol Honda Team1'53.7450.199
443J・ミラーAlma Pramac Racing1'53.8090.263
520F・クアルタラロPetronas Yamaha SRT1'53.9460.400
635C・クラッチローLCR Honda CASTROL1'54.0950.549
79D・ペトルッチMission Winnow Ducati1'54.2000.654
821F・モルビデッリPetronas Yamaha SRT1'54.2360.690
930中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU1'54.2390.693
1042アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR1'54.2570.711
1136ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTAR1'54.3900.844
1241A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini1'54.9171.371
1363F・バグナイアAlma Pramac Racing1'54.472(Q1)
1446V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGP1'54.537(Q1)
1599J・ロレンソRepsol Honda Team1'54.563(Q1)
1644P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing1'54.740(Q1)
1788M・オリベイラRed Bull KTM Tech 31'55.122(Q1)
1853T・ラバットReale Avintia Racing1'55.428(Q1)
1929A・イアンノーネAprilia Racing Team Gresini1'55.464(Q1)
2017K・アブラハムReale Avintia Racing1'55.642(Q1)
215J・ザルコRed Bull KTM Factory Racing1'55.797(Q1)
2255H・シャーリンRed Bull KTM Tech 31'55.937(Q1)
2338B・スミスAprilia Factory Racing1'56.036(Q1)